内縁の妻を襲った「戸籍上の妻」との相続トラブル事例

前回は、伊東さん家族を襲った「愛人」による相続トラブルを紹介しました。今回は、内縁の妻を襲った「戸籍上の妻」との相続トラブル事例を見ていきます。

40年間連れ添った「夫」には戸籍上の配偶者と子が・・・

本連載の第1回と第2回で、ケース①「死後の準備をしてなかったために、相続トラブルが起きてしまった事例」を紹介しました。今回は、ケース②「死後の準備をしていたにもかかわらず、相続トラブルが起きてしまった事例」について見ていきます。

 

こちらも、筆者が実際に経験した話です。

 

筆者は、知人からの紹介で節子さん(仮名)のお宅に伺いました。節子さんは、3週間前に内縁の夫である澄夫さん(仮名)を亡くされ、その相続について相談したいと、知人を通して筆者に連絡がありました。

 

筆者がお宅に伺ってみると、普通のご夫婦のお宅で玄関先の表札にも澄夫さんの名字が掲げてありました。節子さんも日常では、澄夫の名字を通称として使っているそうです。

 

節子さんがこの自宅で澄夫さんとの生活を始めて、なんともう40年。ご近所の誰から見ても、節子さんと澄夫さんは「普通の夫婦」に映ったでしょう。しかし、澄夫さんには戸籍上の配偶者と、その配偶者との子供が2人います。

 

さて、内縁の夫である澄夫さんの相続はどうなってしまうのでしょうか。

戸籍上の妻や実子との話し合いを前提とした遺言書!?

なぜ澄夫さんは、戸籍上の配偶者と離婚しなかったのか・・・。筆者は、この素朴な疑問を節子さんに投げかけました。するとこんな答えが返ってきました。

 

「40年前、主人(澄夫さん)は離婚するつもりだったんです。だけど相手の方が一切応じてくれなくて・・・それで結局、離婚に至らなかったんです。」

 

なるほど・・・それでは今回の相続も一筋縄ではいかないかもしれない。そんな思いが筆者の頭によぎりつつも、話は本題に進みました。

 

澄夫さんは生前、自身の死後にトラブルにならないように弁護士に相談し、遺言書を準備していました。その遺言書には、以下のように記載されていました。

 

「すべての財産の2分の1を節子に、4分の1を戸籍上の妻A子に、8分の1ずつを子供2名にそれぞれ相続させる。具体的な遺産の分け方は、4名で協議することとする。」

 

正直、前途多難な遺言だと思わざるをえませんでした。法律では節子さんに遺産の2分の1が確保されていることは確かです。しかしそれを実現するには、戸籍上の妻や子供たちと話し合わないといけないのです。内縁関係にある節子さんにとって、それはあまりに酷なことでしょう・・・。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載愛人がいる場合の相続トラブルと事前の対策

相続手続支援センター川崎駅前 代表
税理士法人アローズ 代表税理士 

1980年愛知県生まれ。一橋大学商学部卒業後、会計事務所に従事。
2011年相続税専門の税理士として、税理士事務所を開業。その後、税務にとどまらず、相続にかかわる手続全般をサポートするため、2013年相続手続支援センター川崎駅前の代表に就任。100種類以上に及ぶ相続手続きのうち、ご依頼者さまごとに、どの手続が必要かを整理し、必要な相続手続きを丸ごと・適確にサポートしている。
税理士としては、2013年に川崎市・名古屋市を拠点に税理士法人アローズを設立。川崎オフィスでは、相続税を専門に年間約50件の相続税申告を行っている。

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧