税金 節税
連載儲け上手社長になるための「会社の数字」の読み方【最終回】

経営者にとっての大きな負担・・・「経営者保証」を外す方法

経営者保証

経営者にとっての大きな負担・・・「経営者保証」を外す方法

前回は、子どもが会社を「継ぐ気がない」場合の対策を紹介しました。今回は、経営者にとって大きな負担となる、「経営者保証」を外す方法を見ていきます。

「経営者保証」を外せば、心理的負担もなくなる

〝儲け上手社長〞となれば、お金のゆとりができ、心には安心感が生まれることでしょう。その安心感を、金融機関に「経営者保証」を外してもらって、さらに高めることを検討してみてはいかがでしょうか。

 

今現在、銀行や信用金庫などから融資を受けている経営者の多くは、会社の債務について連帯保証(経営者保証)を行っているはずです。会社に万が一のことがあれば個人財産を全て失うことになりかねないのですから、この経営者保証に対して強い心理的負担を感じており、「できれば外したい」と願っている人は少なくないでしょう。

 

そのような経営者にぜひ活用してもらいたいのが、平成26年2月から運用が開始されている「経営者保証に関するガイドライン」です。

 

この「ガイドライン」は経営者保証の負担軽減を目的として策定されたもので、一定の条件を満たした中小企業については経営者保証を解除することが金融機関に求められています。

 

つまり、ガイドラインに定められている条件に合えば、経営者保証を外せる可能性があるのです。実際、ガイドラインに従って経営者保証が解除されたケースも少なからず現れています。

経営者保証を外すために必要な条件とは?

では、経営者保証を外すためには、どのような条件が必要となるのでしょうか。まず「ガイドライン」は、以下の(1)から(4)を満たす保証契約に適用されます。

 

(1)主債務者が中小企業であること。

 

(2)保証人が個人であり、主債務者である中小企業の経営者等であること。

 

(3)主債務者である中小企業と保証人であるその経営者等が、弁済に誠実で、債権者の請求に応じて負債の状況を含む財産状況等を適切に開示していること。

 

(4)主債務者と保証人が反社会勢力でなく、そのおそれもないこと。

 

これらの4つの条件が満たされており、なおかつ①法人と経営者の関係の明確な区分・分離、②財務基盤の強化、③経営の透明性が確保されている場合には、金融機関は保証の解除を検討しなければなりません。

 

①から③の詳細については、ガイドラインで以下のような形で示されています。

 

①法人と経営者の関係の明確な区分・分離

 

融資を受けたい企業は、役員報酬・賞与・配当、オーナーへの貸付など、法人と経営者の間の資金のやり取りを、「社会通念上適切な範囲」を超えないようにする体制を整備し、適切な運用を図る。そうした体制の整備・運用状況について、公認会計士・税理士などの外部専門家による検証を行い、その結果を債権者に適切に開示することが望ましい。

 

②財務基盤の強化

 

融資を受けたい企業は、財務状況や業績の改善を通じた返済能力の向上に取り組み、信用力を強化する。

 

③経営の透明性

 

融資を受けたい企業は、自社の財務状況を正確に把握し、金融機関などからの情報開示要請に応じて、資産負債の状況や事業計画、業績見通し及びその進捗状況などの情報を正確かつ丁寧に説明することで、経営の透明性を確保する。

 

情報を開示した後に、事業計画・業績見通し等に変動が起きた場合は、自発的に金融機関に報告するなど、適時適切な情報開示に努める。情報開示は、公認会計士・税理士など外部専門家による検証結果と合わせた開示が望ましい。

本連載は、2015年11月12日刊行の書籍『「儲かる」社長がやっている30のこと』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

小川 正人

ステップアップ税理士法人 代表社員

ステップアップ税理士法人代表社員・税理士・行政書士。
1960年東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、税理士事務所を遍歴し、89年に税理士登録。95年、神奈川県厚木市にて独立開業する。2013年4月に経営革新等支援機関に認定される。日々の経理・会計、税務申告、顧問業務のみならず、経営診断・財務診断、経営計画の作成支援などを行い、財務に強い会社作りを支援。また、税務や会計にとどまらず、3C(カウンセリング、コーチング、コンサルティング)のノウハウを用いて、お客様が幸せに成功するためのお手伝いをしている。神奈川県中小企業家同友会では10年以上セミナーを実施し、述べ1000名を超える経営者に元氣を届けている。

著者紹介

連載儲け上手社長になるための「会社の数字」の読み方

「儲かる」社長がやっている30のこと

「儲かる」社長がやっている30のこと

小川 正人

幻冬舎メディアコンサルティング

改善の兆しが見えてきたといわれる日本経済ですが、その恩恵を受けているのはほとんどが大企業であり、多くの中小企業はむしろ窮地に立たされているのが現状です。円安による原材料費などの高騰、人件費上昇や電気料金の値上げ…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest