経験・年齢不問、資格も不要!? 「不動産屋の仕事」の実情

不動産業界には一般人に知られていない「儲かる仕組み」が存在します。本連載では、不動産投資を行う際に知っておきたい、不動産屋のウラ話を見ていきます。

不動産屋の仕事の3本柱は「賃貸」「売買」「管理」

まず、不動産屋の仕事とは何でしょうか。大手の不動産会社などは自社で土地を買い上げて建築し、販売するため開発、分譲、流通などもありますが、普通の不動産屋ではそこまではできません。

 

では普通の不動産屋は何をするのかといえば、他人の物を貸す(賃貸)、他人の物を売る(売買)、そして他人の物を管理してお金をもらう(管理)という仕事です。これは不動産屋の仕事の3本柱です。それに付随した仕事はあれども、つきつめれば、ある意味ではこれだけともいえます。

 

この不動産屋の3本柱はすべて仕入れがなく、他人の物で商売をしているのです。大家さんに気に入ってもらえれば、学歴も、経験も、元手もいりません。年齢すら関係ありません。こんなにいい商売があってもいいのでしょうか? それとも、なにか裏があるのでしょうか……?

 

経験・年齢不問の不動産屋ですが、サブリース、代理、一括借上げ、家賃保証、中間省略など、高度なテクニックが目白押しです。そのカラクリを知れば、さぞかしびっくりすることでしょう。

 

とはいえ、すべて他人の物での商売で、仕入れは必要ありません。言葉は悪いですがたとえれば、他人のふんどしで相撲をとり、ご祝儀を総取りするようなものです。

「資格」がなくても活躍できる不動産屋という仕事

また、さきほども経験・年齢不問と書きましたが、不動産屋は何歳になってもできます。筆者の会社にも現役バリバリ72歳の社員が在籍していますし、近くの不動産屋さんをみても、70代、80代の社員や社長がたくさん活躍しています。

 

さらに、経験や宅地建物取引士(宅建士)の資格がなくとも第一線で働き、売上げを上げている人がたくさんいるのです。

 

たとえば、船は操縦士の資格がある人が乗船していれば誰が操縦してもOKです。同じように、不動産屋も5人に1人の資格者がいれば、他の4人は資格がなくともバンバン仕事ができるのです。有資格者だから売上げ成績がよいとは限りませんし、不動産屋の社長でも資格のない人はたくさんいます。逆に資格があっても、仕事がまったくわからない人もいるのが現実です。

 

このように自分で資格を取らなくても不動産屋はできますが、こうしたことは一般にはあまり知られていません。本連載では、こうした不動産屋の知られざる内情を、こっそりご紹介していきたいと思います。

本連載は、2016年10月21日刊行の書籍『誰も知らない不動産屋のウラ話』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載投資家として知っておきたい「不動産屋のウラ話」

株式会社未来投資不動産 代表取締役社長 

1959年新潟県生まれ。元国鉄職員。国鉄在籍中、20歳で喫茶、ジョンレノンを経営するも失敗し、27歳で破産、国鉄も退職、そして離婚。自殺を考えたが、子供の寝顔を見て一念発起、三国峠を通りバイクで10時間かけ新宿歌舞伎町へ。あらゆる仕事をし、株で儲けたお金でタイ料理シェラトンを買収。しかし、エイズ問題でタイ人が激減し閉店。また、携帯電話販売の会社を設立し、6店舗拡大も失敗。2度目の破産を経験。絶望の中、株式会社マンボー森下不動産の洗礼を受け独立。
「あなたの現在、未来を応援します」をモットーに賃貸、売買、管理まで、何でも引き受け盛栄中。現在、スタッフにも恵まれ、2店舗運営。さらなる高みを目指し奮闘中。

著者紹介

誰も知らない不動産屋のウラ話

誰も知らない不動産屋のウラ話

川嶋 謙一

幻冬舎メディアコンサルティング

“ディープタウン新宿"の不動産会社社長が業界のアブナイ裏話を一挙公開! 「学歴ナシ」「若さナシ」「経験ナシ」「金ナシ」でも儲かる仕組み、意外な慣習とは―― 2回の自己破産を経験し、ありとあらゆる職業を渡り歩いてき…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧