運営Airbnbの宿泊料は「地域の最安値」からスタート

本連載は、Airbnb総合研究会代表、阿部ヨシカズ氏の著書、『Q&Aですぐわかる!Airbnbで始める初めての民泊』(扶桑社)の中から一部を抜粋し、Airbnbビジネスを始める際に知っておきたい「宿泊料」に関する知識をQ&A形式で紹介します。

まずは競合物件の「最安値」を調査する

Q.宿泊料は何を基準に設定すればいいの?

 

ゲストが物件を選ぶ際に、宿泊料は重要な判断材料となります。もちろん、どんなゲストにとっても、料金は安いほど魅力的。宿泊料が安ければゲストの満足度も得やすくなります。また、例えばホストを始めたばかりの段階でゲストに対してちょっとした不手際があったとしても、宿泊料が安ければレビューも好意的になりやすい傾向があります。

 

では、「安い宿泊料」とは、一体いくらくらいなのでしょうか? これを知るために、まずは、自分の物件がある地域にどのようなリスティングがあるかリサーチしてみましょう。競合物件がどの程度の宿泊料を設定しているか調べることで、同エリア内の適正価格を把握することが重要になってきます。

 

また、このときにチェックしたいのが、競合物件の最安値です。ある程度ホストとしての実績を積むまでは、この最安値を参考に宿泊料を設定することをおすすめします。

値上げは運営が軌道に乗ってから検討

長期で予約を獲得していくためにも、ホストになったら、まずはゲストから5つ星の評価を獲ることを目指しましょう。最初は最安値からスタートし、その後、目標の評価に到達し、物件の稼働率が70%を上回ったら、清掃料金や週末料金をアップするなどして様子をみましょう。もちろん、週末や繁忙期など、シーズンによって宿泊料金の価格設定を変更してもOKです。

 

価格を変更しても予約が安定していたら、物件の人気にあわせて基本料金を上げていくなど、徐々に段階を踏んでいくのもポイントです。

 

いずれにせよ物件のコストパフォーマンスのよさが、高評価のカギとなってきます。自分が設定する価格に対し、どのような設備・サービスがあればゲストが満足してくれるのか見極めながら、ホスト・ゲスト両者にとっての「適正価格」を見出していきましょう。

 

A.初めのうちは、同じ地域の物件を検索し、その中の最安値を参考に設定する。

本連載は、2016年5月30日刊行の書籍『Q&Aですぐわかる!Airbnbで始める初めての民泊』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

Airbnb総合研究会代表 

日本で最初の民泊の書籍『Airbnb入門ガイド』の著者。 同書はAmazonのカテゴリーランキングで1位を獲得し、2冊目の著書『Q&Aでわかる!初めての民泊』を5月に出版。累計1万部を超える販売部数を誇る。交流タイプ・シェアタイプ・貸切タイプ全てで貸出しており、民泊に関するセミナーを多く開催している。
2016年よりオンラインサロンを開設し、個別なコンサルティングを行っている。

■Airbnb総合研究会
http://airbnb-info.com
■YoshiとManamiの民泊サロン
https://synapse.am/contents/monthly/airbnb_salon

<著作>
『副業ビジネスとしても将来有望! インターネット民泊仲介サービスAirbnb入門ガイド』(ソシム)
『Q&Aですぐわかる! Airbnbで始める初めての民泊』(扶桑社)

Airbnb完全マスター 1Day講座(DVD Package)
http://japanlifedesign.com/airbnb-learning-DVD/

著者紹介

連載Airbnbビジネスで成功するための「宿泊料」の決め方

Q&Aですぐわかる! Airbnbで始める初めての民泊

Q&Aですぐわかる! Airbnbで始める初めての民泊

阿部 ヨシカズ

扶桑社

この一冊を読めば誰でも、話題の「民泊」を始められる! 外国人観光客の増加を受け、急速に注目を浴びる民泊。 自らもAirbnbのホストとして活躍する著者が、自身の経験をもとに 「騒音・ゴミ問題を防ぐには?」 「英語力はどの…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧