親の面倒を見た相続人が「寄与分」を主張する方法

今回は、親の面倒を見た相続人が「寄与分」を主張する方法について解説します。※本連載は、税理士・田中潤氏著『きっと今までになかった相続の権利調整を考える本』(メディアパル)から一部を抜粋し、相続を円滑に進める「権利調整」について、分かりやすく解説します。

子の立場では親から一定の「お墨付き」をもらっておく

被相続人の晩年の介護をした子の貢献度を相続の遺産分割の際に考慮する措置として、寄与分という考え方があります。これは、元々相続人の間でそうしたある特定の子の貢献を皆が認め、その子を優遇した遺産分割がされればそれまでのことですが、そうした配慮がなされなかった場合、その子がこれを不服として法定相続分以上に自分の取り分を主張しようとした場合に根拠となる概念です。

 

つまり、相続人の間でトラブルが起きた時の為の考え方なのですが、裁判所が絡んでくるので過去の貢献を客観的に示すことは難しく決め手に欠けることが多いようです。

 

親が高齢化していく中で、子がその介護をする期間は長期化しています。無償労働の時間が確実に増えていくなか、子がその貢献について親から一定のお墨付きをもらっておくことが確かな方法です。

親のためにお金を使った場合には詳細なメモを残す

原則的手法としては、遺言書に自分の貢献の内容を明記してもらうとともに具体的にその子が引き継ぐ相続財産を明記してもらうことです。

 

もう一点は、生前に親の財産から一定額を贈与してもらうことです。こうした場合、一般的には相続時精算課税制度により2500万円迄の贈与は申告をすれば無税(特別控除額)として扱われるので、早目に親にその手続きを頼むと良いでしょう。

 

親が痴呆になって成年後見人が必要になってしまうと、こうした処理は非常に困難になるので注意したいものです。

 

最後にもう一言。親の面倒をみる時に日常のお金の出し入れも明確にし、親のために自分のお金を使った場合には詳細なメモを残しておいてください。遺産分割協議の際に親に対して立て替えたお金として相続財産から返済してもらうことができますし、具体的に親の為に自分が貢献した事実を証明する裏付けにもなります。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「贈与」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載円滑な相続を実現する「権利調整」の進め方

税理士

様々な公益活動を通じて、保育・医療・介護・宗教・歴史と多角度から相続の本質を俯瞰し、家族が幸せになるための相続を志す。理事・顧問を務める公益法人・社会福祉法人・宗教法人・金融機関などとの連携による相続対策も行なっている。近作として、平成28年8月に被相続人と相続人が思いやりのあるコミュニケーションをするためのツールとして、相続気配りセットを制作。全国で発売中。現在、公益社団法人東日本大震災雇用・教育・健康支援機構及び公益社団法人受動喫煙撲滅機構理事長として、震災からの本当の復興と屋内完全禁煙の実現を目指している。

著者紹介

きっと今までになかった相続の権利調整を考える本

きっと今までになかった相続の権利調整を考える本

田中 潤

メディアパル

生前そして亡くなってからの様々な場面で被相続人・相続人が示す判断、それは家族の幸せと 一族の平和を守る為の活動であり、そこでのコミュニケーションこそ相続の権利調整です。本書では、イラストと漫画で様々な相続案件を…

相続気配りセット

相続気配りセット

一般社団法人 相続よろず相談所

メディアパル

「相続気配りセット」は、いかに大過なく有形・無形の財産を承継してゆくか、ということに重点を置き制作しました。フルカラーのイラストも楽しく、肩ひじ張らずに気軽に必要な項目を書き込めます。財産を遺す人から受取る人へ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧