東南アジアの中でも「熱気」と「活気」に溢れるベトナム

今回は、東南アジアの中でも「熱気」と「活気」に溢れるベトナムについて見ていきます。※本連載は、株式会社エスパシオコンサルタント代表取締役・有馬壽志氏の著書、『ベトナム不動産投資』(あっぷる出版社)の中から一部を抜粋し、ベトナムの不動産投資で成功するためのノウハウを紹介します。

「バイクの洪水」に愕然…

ベトナムに行った人それぞれに、ベトナムに対しての感想をお持ちでしょうが、ここでは私個人の感想を紹介させていただきます。

 

2010年7月、私は初めて、ベトナムの地に降り立ちました。初めてベトナムを訪れた時の、「なんだこれは!」の衝撃的な光景は、今も忘れることができません。

 

ホーチミン市のタンソンニャット国際空港に降り立った時、共産国という緊張感の中でイミグレーションと手荷物のレントゲン検査を終え、緊張した面持ちを抱えながら空港の外に出たのです。

 

そして、その衝撃は、一歩空港の外に出た途端、熱風とともに襲いかかってきたのです。それは、大勢のベトナム人の好奇に満ちた目が私を襲ってきたことです。

 

この熱気、人びとのこの活気は何だ!

バイクの洪水は何だ!

車とバイクのジェットコースター状態は何だ!

人びとの若さは何だ!

 

とにかくホテルに着くまでに、今までの経験ではありえなかった熱気が、喧騒が完全に私の心を虜にしました。これが日常的な空港での光景なのです。夜の10時をすぎているというのに、子ども連れの大人も大勢います。これがベトナムなんだ。

街の至るところに、人びとのざわめきや熱気を感じる国

それからは、取りつかれたように毎月ホーチミン市に通うようになり、カフェレストランをタイバンルンに開業し、駐在員事務所も作り、ついに投資ライセンスを取得して、ベトナムで不動産とコンサルタント会社を設立するまでになりました。

 

何回かの出入国を繰り返すことでわかったのですが、ベトナム人にとっては外国に行くということは特別なことだそうです。見送りも迎えも家族総出で行うものなのです。この光景は、ベトナムとのファーストコンタクトとして強烈な体験でした。ほかの東南アジアのどの国に行っても、これほど熱気に満ちた空港の光景を、私は知りません。

 

そして、この光景は、なにも空港だけに限ったことではありません。空港からタクシーに乗り、ホテルに続く道路でも、至るところバイクの列であふれ、人びとのざわめき、熱気を感じるのです。

 

タンソンニャット国際空港は1日中出迎えの人であふれている
タンソンニャット国際空港は1日中出迎えの人であふれている

本連載は、2015年6月20日刊行の書籍『ベトナム不動産投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

株式会社エスパシオコンサルタント 代表取締役

香川県生まれ。株式会社日立ビルシステムを経て、1981年リクルート入社。
人材総合サービス部門の広告事業部に10年間在籍し、採用・教育の企業サポートで約1000社を担当。
1991年12月、企業の成長をお手伝いする経営コンサルタントとして株式会社エスパシオコンサルタントを設立。
2000年より環境分野に進出し、特に流通小売業の生活環境をテーマに商業環境コンサルタントとして活躍している。担当した大型店舗は全国2650店を超える。
2011年よりベトナムに進出し、カフェレストラン経営を経て、不動産会社エスパシオベトナムを設立。
著書に『ベトナム不動産投資』(2015年 あっぷる出版)、『営業ストレス脱出マニュアル』(2010年 アーク出版)がある。

著者紹介

連載ベトナム不動産投資の基礎知識

ベトナム不動産投資

ベトナム不動産投資

有馬 壽志

あっぷる出版

将来を見越している日本人が、国内における資産の蓄積に不安を感じはじめ、海外での資産蓄積に動き出しています。日本政府も、これ以上日本のお金が海外に流出するのを防ぐため、本腰で対策に乗り出しました。逆に考えると、そ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧