歴史的建造物が消える!? 住宅不足が社会問題化するNZ

深刻な住宅不足に悩むニュージーランドでは、新しいオフィスビルや住宅物件の建築が急ピッチで進んでいます。しかしそれに伴い、古い歴史的建造物がどんどん解体されてしまうという、負の側面も持ち合わせているのです。今回は、そんなニュージーランドで進む建築計画について、具体的に見ていきましょう。

中古物件を購入し、新築に建て替える人が多いNZ

以前の記事で、ニュージーランド、特にオークランドは移民数が多いので、住宅の数が足りていないという話をしました。そこで今回は、オークランド市内住宅事情の現状を紹介したいと思います。

 

 

ニュージーランド不動産では中古物件の販売が盛んですが、最近は牧草地を開拓して、新興住宅地を開発し、土地だけを販売しています。

 

相場感として、市内中心の一等地は、土地だけでも100万NZドル以上する価格帯になってきており、土地家屋の合計が、200万NZドル〜300万NZドルという価格帯にまで上がっています。

 

西方面の効率のよい土地は、450㎡、55万NZドルで購入できますが、建物建築費をプラスすると、やはり100万NZドル越えてしまうという状況です。

 

 

そんな状況の中、ある夫婦が歴史的建物を建て替えて、マイホームとして生まれ変わらせた事例をご紹介したいと思います。

 

歴史的建物は、オークランド市内東に位置するFreemans Bay(フリーマンズベイ)の、眺めのよい場所にあります。1882年建造で、土地は685㎡、床面積142㎡で、4LDKのコテージとなっています。

 

2010年に、夫婦はこの建物を200万NZドルで購入しました。現在は、評価額295万NZドルですので、実際のマーケット価値は300万NZドルを越えるでしょう。

 

そんな中、2012年にこの既存の家を解体し、新築を建てようとしたのですが、当時の市役所は、歴史的建物ゆえ解体に許可を出しませんでした。

 

 

しかし、この夫婦は新築建築を強く希望しており、あきらめず何度も市役所へ認可を申請しています。

 

彼らは、3階建て床面積234㎡の家を新しく建築したいと考えてます。フレンチドアからはプールへと移動でき、その他、ジムや暖炉、ワインセラーなどの設備を儲け、駐車場には車を3台停められるようにしたいなど、夢のある建築計画を立ています。

 

その後なんとか申請が通り、既存の歴史的建物は解体されることとなりました。今は、下記の写真のような姿となっています。

 

またひとつ歴史的建造物が消える・・・この事例も、数ある解体例の一つにすぎないのです。

 

昔ながらのショッピングセンターが高層商業ビルに

ダウンタウンショッピングセンターというビルでは、現在大規模な解体工事が始まっています。

 

 

このショッピングセンターは老舗の店で、フードコートがあり、市内のサラリーマンやOL、それに英語学校に通う学生に人気の店でした。

 

また、大橋巨泉さんのOKギフトショップもあり、入り口には巨泉さんの等身大の写真も飾っています。ニュージーランドにいながら、日本人の店があるのはどこか誇らしく、日本人観光客はもとより、韓国・中国人の観光客にも人気の店でした。

 

解体後は高層商業ビルに生まれ変わらせるべく、2018年~2020年度の完成を目指しています。皆が楽しんで過ごしていたフードコートは近代化した店になり、ファッション店も入り、日本にあるようなお洒落なショッピングセンターへ生まれ変わることでしょう。

 

海の景色も楽しめるオフィスビルですから、働く人達のステータスにもなるでしょう。また、鉄道の駅も拡張され、西路線への移動が便利になると聞いています。

 

 

住宅不足のために、古い家、歴史的建造物件が世の中から消え、新築化、高層化で数を増やす計画が進んでいますが、古いものから新しいものへの移行は、少し複雑な思いで見つめています。ただ、未来都市として成長していくオークランドの街は、これからも目が話せないことは確かです。

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国際資産分散」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載償却メリットでも注目!「ニュージーランド不動産」の最新事情

Goo Property NZ Ltd. 代表取締役社長

1982年、大阪女学院短期大学英語科卒業。カリフォルニア大学デイビス校留学。帰国後、旅行会社のツアーコンダクターに従事。1987年、ニュージーランドツアーの添乗を機に、移住希望を持つ。

1995年1月の阪神・淡路大震災を経験し、1996年に移住を実現。 自己の居住用物件さえあれば、落ち着いて生活ができると感じ、ワンルームマンション購入を実行。その経験を生かし、不動産業界に参入。当時インターネット環境が整いつつある中、日本語ウェブサイトを開設し、留学・観光・不動産投資についてのコンサルティングを始める。

現在、ニュージーランドの大手不動産売買仲介会社であるHarcourts New Lynn(ハーコウツ・ニューリン)支店にてセールスコンサルタントとして活動しながら、日本人のための投資コンサルタント会社Goo Property NZの代表としても活躍中。

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧