その他 健康
連載こころとからだを整えるカンタン呼吸法【第16回】

疲れやストレスの緩和に効果的な「丹田呼吸法」とは?

呼吸法複式呼吸丹田

疲れやストレスの緩和に効果的な「丹田呼吸法」とは?

前回は、「正しい腹式呼吸」ができているかを自分で確認する方法について説明しました。今回は、疲れやストレスの緩和に効果的な「丹田呼吸法」のやり方などについて見ていきます。

「隙間」が点在している人間のからだ

呼吸は「瞑想」とも深く関係をしています。ここでは瞑想と関わりの深い「丹田呼吸」について、特に見ていきましょう。丹田とは一般的に「へその下5㎝に位置するもの」とされています。しかしながら丹田の場所を触ろうとしたり、正しく見つけようとする必要はありません。それよりも「丹田という重要な箇所が、お腹にある」「丹田のことをときどき思い出そう」と意識をすることが大切です。

 

なぜ丹田が大切なのでしょうか。たとえば中国医学では昔から丹田に非常に注目をしてきました。丹田という言葉のもともとの意味は「丹薬(不老不死の薬)を栽培する田畑」ということになります。とはいっても、丹田に何かがあるわけではありません。むしろ、丹田とは「何もない」部位、つまり「隙間」のひとつなのです。

 

そもそも、人間のからだには「隙間」が点在しています。「人間のからだをよく見ると、隙間だらけである」という見方もあるほどです。もちろん体内に、さまざまな臓器がつまっていることは事実です。しかしながら、肺と心臓の間、肋膜と肺の間、横隔膜と肝臓の間、肝臓と胃袋の間などに隙間は存在しています。これらの空間には空気も流れ込んでいません。

 

たとえば外科手術などで開腹をすると、隙間に空気が入ることになります。中国医学では、この隙間を重要視してきました。そして隙間には「気」があると考え、重要な「生命場」としてとらえてきました。丹田という隙間も、生命場のひとつとして、古来、中国人によって大切なものとして考えられてきたのです。

 

また、生命場はストレスと深く関わっており、「ストレスが強いと自然治癒力が低下し、生命力の場が乱れる」とされています。その乱れを正すための手段として有効なのが呼吸なのです。丹田呼吸の行い方を具体的にご紹介します。

 

【丹田呼吸の行い方】
①あぐらか正座の姿勢で座り、肩の力を抜き、背筋を軽く伸ばします。

②鼻呼吸をし、自然な呼吸でこころを落ち着かせましょう。

③腹式呼吸を意識して行います。鼻から息を吐くときにお腹をへこませ、吸うときにお
腹を膨らませます。

④丹田(おへその下5㎝)に両手を軽く置きます。

⑤息を吐きながらお腹をへこませるとき、両手を当てた丹田に意識を向け、丹田を腰側
へ引っ込むようにします。

⑥息を吐き切ったら、力を抜いて息を吸います。

⑥⑤~⑥をゆっくり繰り返してください。

電車の中や仕事中にも取り入れられる「丹田呼吸」

時間は5分以上行うと効果的です。毎日少しずつでも継続して行えるようになればベターです。丹田呼吸を行うことで、潜在意識(無意識)に徐々に働きかけることもできます。潜在意識に働きかけることで、今まで見逃していたことに気づいたり、物事の見え方や考え方などが変化するなどの長所があります。さらに上級者になると、α波が出るようになるともいわれます。

 

できれば、いつもの呼吸を丹田呼吸に切り替えられれば理想的です。からだがポカポカと温かくなり充実感と生命力を感じられるようになります。「私は生きている」という実感も得られるようになります。暮らしの中で積極的に練習をし、取り入れてほしいと思います。

 

たとえば電車の中などは、丹田呼吸法の絶好の場です。また、デスクワークなどの仕事をしている間も、仕事と両立できることですから、試してみてください。疲労感も少なくなり、人生が変わってきます。「肩こりを感じれば、丹田呼吸」「疲れたら、丹田呼吸」というように、何か症状があれば、丹田呼吸を行うようにしましょう。

 

また、悲しさや苦しさ、不安や不満、恨みや絶望感などの気持ちになったときにも、丹田呼吸を行ってみてください。呼吸で「疲れを感じる」ということはなかなかありませんが、「疲れるほど丹田呼吸を繰り返す」という方法もあります。気づいたときには悲しさやつらさから抜け出せていることでしょう。

 

丹田呼吸はスポーツと同じです。練習とともにだんだん上達してきます。最初の頃は「うまく丹田呼吸ができているのかどうかわからない」という人もいますが、できているかどうかは簡単に判断できます。からだが温かくなったらきいています。温かくなったらうまくいっている、温かくならなかったら丹田呼吸になっていないと判断してください。

 

丹田呼吸を正しく行うと、からだが温かくなるとともに、気持ちよくなるため、不眠対策としても非常に優れた方法です。数日、数週間、数カ月と続ければ、その効果の大きいことに驚かれることでしょう。

本連載は、2016年2月28日刊行の書籍『1日3分で医者いらず こころとからだを整える「呼吸法」』から抜粋したものです。記載内容は予防医学の観点からの見解、研究の報告であり、治療法などの効能効果や安全性を保証するものではございません。

丸山 浩然

医療法人東海 理事長

医療法人東海理事長。医療法人コジマ会ジャパン藤脳クリニック脳神経外科医師。医学博士。愛知県名古屋市出身。1986年藤田保健衛生大学医学部卒。脳神経外科を専門とし、全般、特に脊髄から末梢神経まで詳しく精通している。介護老人保健施設の運営を通じ、近年は脳卒中予防の観点から糖尿病や高血圧症等、生活習慣病も扱っている。また、東洋的な思想を取り入れ、気功や瞑想などを様々な病気の治療に活用、産業医としてさまざまな疾患に対する気功の効果を独自に研究している。

著者紹介

連載こころとからだを整えるカンタン呼吸法

1日3分で医者いらずこころとからだを整える「呼吸法」

1日3分で医者いらずこころとからだを整える「呼吸法」

丸山 浩然

幻冬舎メディアコンサルティング

頭痛、肩こり、不眠、イライラなどの不定愁訴は、ホルモンバランスの乱れや環境ストレス、精神的ストレスなどにより、自律神経のバランスが崩ることで発症するといわれています。その解決のカギともいえるのが、理論に基づいた…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest