堅実な経済成長と人口増加に支えられるNZ不動産の価格上昇

2014年は12地域のすべてで不動産価格が上昇したニュージーランド。不動産売買契約も成立までおよそ1ヶ月という状況です。

2014年は全体で5.4%の不動産価格上昇

ニュージーランドの不動産研究機関、REINZ (Real Estate Institute of New Zealand)によると、ニュージーランド不動産のマーケットは依然強く、2014年の1年間で全体で5.4%上昇し、平均価格45万NZドルを超えました。

 

[PR]6月24日(土)開催 無料セミナー

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

 

ニュージーランドの12地域はすべてが上昇していますが、なかでもカンタベリー/ウェストランドが最も高く16%、次いで経済最大都市オークランドが13%となっており、首都ウェリントンについては3.8%となっています。

 

不動産価格が最も高いのはオークランドで、平均74万9000NZドル。続いてセントラルオタゴレイクが53万5000NZドル、ウェリントンが43万5000NZドルです。

不動産売買成立は平均1ヶ月というスピード

不動産売買成立も非常に早く、オークランドが平均29日、ウェリントン35日、カンタベリーも29日となっており、北部の最も遅い地域でも、最長59日で売買が成立しています。住宅市場が強い背景には、以下の理由があげられます。

 

①堅調な経済成長

2014年の(経済成長率)は3.2%、2013年3%、2012年2.7%と、先進国の中ではトップクラスの伸び率を誇っています。牛乳をはじめとする酪農品に対するアジアの消費者の需要増加を追い風に景気拡大ペースが加速しており、ニュージーランドの乳牛数は660万頭、羊の数は3090万頭と、人口を上回っています。過去1年間で酪農品の価格が約48%上昇したことも同国にプラスとなっています。

 

(出典:世界銀行、2015年3月)
                                 (出典:世界銀行、2015年3月)

②移民政策による人口の増加

ニュージーランド政府は、移民の受け入れによって経済成長率を押し上げてきました。同国の労働者の4人に1人は移民で、ここ数年の労働力の伸びの約6割は移民によるものとなっています。また、ニュージーランド生まれの人々の財政貢献が28億NZドルであるのに対し、移民の財政貢献は33億NZドルにものぼり、納税者としても移民の存在感は大きいことがわかります。足元では過去10年間で最高水準の流入となっています。

 

移民の増加は、労働人口の増加につながるだけでなく、住宅や自動車、教育から医療に至るまで国内のあらゆる分野での需要を支え、経済成長に貢献すると考えられます。 今後についても、ニュージーランド政府によると、2015年にかけて移民の流入は加速すると予想されており、移民局によると、移民の流入は2015年の名目GDPを約1%押し上げるとみられています。

 

今後も、移民流入の拡大は労働者数の増加や内需の拡大に寄与するものと考えられ、ニュージーランド経済を下支えすることが期待されます。

 

先進国の主要都市の中でも割安なNZ不動産

都市の㎡単価(USD)で見た場合、オークランドの㎡単価はロンドンの7分1、ニューヨークの4分の1、東京の2分の1と、先進国中で割安な市場と言えます。また、オークランド都市計画によると、移民政策による人口増加に伴い、年間1万3000戸の新築需要に対し、供給は2万500戸と不足しており、中古住宅価格の上昇に大きく起因しています。

 

[PR]6月24日(土)開催 無料セミナー

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

 

2040年までに、100万人の人口増加を見込んでおり、今後も引き続き不動産価格の上昇は続くと予想されています。

 

Goo Property JP(TERRY’s WAY株式会社) 代表取締役社長

1992年、奈良県天理大学中退。1993年、個人輸入代理店を起業。ITシステム開発会社のジョイントベンチャー設立などを経て、2003年、グルメデリバリーシステム株式会社(現:Terry’s Way株式会社)を創業。自ら開発した富良野メロンパンの移動販売を手掛け、2004年よりフランチャイズ募集を開始(2007年、100加盟店を達成)。現在は、Terry’s Way株式会社 FOOD事業部として展開中。

2009年、富裕層向け国際会計サービス HENRY INVESTMENT SERVICES pte.ltdを元PWC国際会計士と共同設立(本社:シンガポール)。海外金融サービスや投資スキームのコンサルティングサービス、富裕層開発のマーケッターとして、顧問社数は現在200社を超える。2014年より、海外投資サービスの一環として海外不動産投資のリサーチを開始。2015年、ニュージーランド不動産投資コンサルティングサービスを開始し、GOO Property NZ LimitedをNZ不動産エージェントと共同設立。GOO Property ジャパン (Terry’s Way株式会社)と共に不動産投資コンサルティングサービスを行う。
WEBサイト http://gooproperty.com/

著者紹介

連載償却メリットでも注目!「ニュージーランド不動産」の最新事情

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

~現地専門家が伝えるNZ中古不動産市場の最新事情と日本人としての投資法

講師 伊藤哲次氏
日時 2017年06月24日(土)
内容

・ニュージーランド経済と投資環境の最新事情

・NZ中古不動産市場の現状と展望

・NZ不動産取引の仕組みと日本との違い

・購入までのスケジュール、諸費用等について

・築古、建物比率の高い案件を中心に物件情報も公開

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧