不動産 国内不動産 資産形成
連載株、FX、投資信託…無謀な投資で失敗しないための留意点【第10回】

サラリーマンには「分散投資の実践」が難しい理由

分散投資

サラリーマンには「分散投資の実践」が難しい理由

前回は、投資対象として「金」をどう考えるかについて取り上げました。今回は、サラリーマンにとって「分散投資の実践」が難しい理由を見ていきます。

リスクの軽減に有効な分散投資だが・・・

値動きの異なる複数商品を扱う重要性価格変動がある商品では、利益が得られるときもあれば、損失を被るときもあります。そのブレをできるだけ排除して、安定的なリターンを狙うには分散投資が有効です。

 

分散投資の考え方は「ひとつのかごに卵を盛るな!」ということです。たくさんの卵を同じかごに入れておくと、そのかごを落としてしまったときに卵がすべて割れてしまいます。複数のかごに卵を分けておけば、他のかごに入れた卵は割れずに済みます。これが分散投資の効果です。

 

実際に分散投資を行う際には、値動きのまったく異なるものに分散することが大事です。たとえば、株式投資でA銘柄とB銘柄に分散しても、あまり効果は得られません。すべての資金をA銘柄だけに投資した場合と比較すれば、一定の分散効果は期待できますが、株式市場全体が下がるときには、A銘柄もB銘柄も同時に下がってしまう可能性があります。

 

そこで株式と債券など、値動きのまったく異なるものに分散投資をしておけば、価格の変動を抑える効果が期待できます。株式市場が下落して損失が出ても、債券市場が上昇して利益が得られるので、損失をある程度、相殺することができるのです。

 

ただ、金融危機が起こったときなどには、分散投資の効果が得られないこともあります。2008年のリーマンショックの際には、株式も債券もすべての資産が同時に値下がりしました。分散投資も万能ではないことは理解しておかなければいけません。

投資地域、タイミングを分散した投資には時間が必要

また、分散投資を効果的に行うためには、投資対象だけでなく、投資地域や時間の分散をすることも重要です。国内外、先進国と新興国など、投資をする国や地域を分けたり、一度に投資をするのではなく、タイミングを分散して投資をすることです。

 

すべての資金を一度に投資してしまうと、ちょうど価格が高いときに買ってしまうかもしれません。そこで10回に分けて購入すれば、高いときもあれば安いときもあるので、購入価格を平均化できるのです。

 

このように分散投資は実践の仕方によっては、大きな効果を発揮する方法といえますが、日ごろ忙しいサラリーマンには、投資のために多くの時間を割くのは簡単ではありません。人生に必要な資金を確保するために資産運用は必須ですが、そのために本業が脅かされるようでは本末転倒です。実際に効果的な分散投資を実践しようとすると、自分でいろいろ勉強しなければなりません。忙しいサラリーマンほど実践するのは難しいのです。

 

【図表】分散投資の効果

知識・経験の乏しい素人は、投資詐欺に特に注意

株式投資などでは詐欺にだまされる人も後を絶ちません。先日も60~80代の男女3人が未公開株の購入を持ち掛けられ、約1億6000万円をだまし取られる詐欺がありました。株式市場に上場する前の未公開株は、上場する際に大きく値上がりする銘柄もあるため、「今投資をすれば大儲けできる可能性がある」などと勧誘し、お金をだまし取ったのです。

 

3人で1億6000万円ということは、単純に計算すると、1人当たり5000万円を超えてしまいます。もしかすると、蓄えていた老後資金をほとんど奪われてしまったかもしれません。それまで経験のないものや知識のないものに投資をしようとすると、このようなリスクも生じやすいのです。

本連載は、2016年5月20日刊行の書籍『30歳から定年までで2億円つくるほったらかし資産運用術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。本書に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本書の内容は著者の個人的な見解を解説したものであり、著者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本書の情報を利用した結果による損害、損失についても、幻冬舎グループ、著者並びに本書制作関係者は一切の責任を負いません。投資のご判断はご自身の責任でお願いいたします。

宮園 泰人

NITOH株式会社 代表取締役

NITOH株式会社代表取締役。プロスポーツ選手として活躍後、個人投資家としてFXで大失敗したことをきっかけに23歳で起業。さまざまな投資を研究し、不動産投資こそ、着実に資産を増やすことのできる唯一無二の方法だと確信。現在は多くのサラリーマン・公務員に向け、安心・安定の副収入を確保するためのサポートをしている。
WEB サイト http://www.nitoh.co.jp/

著者紹介

連載株、FX、投資信託…無謀な投資で失敗しないための留意点

30歳から定年までで2億円つくるほったらかし資産運用術

30歳から定年までで2億円つくるほったらかし資産運用術

宮園 泰人

幻冬舎メディアコンサルティング

年収減少、増税、年金不安・・・サラリーマンの老後はどん底貧乏間違いなし!!「下流老人」「老後破産」・・・サラリーマンの多くが、老後の生活に不安を抱えています。定年後の安定した生活には最低1億円、ゆとりのある生活…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest