ノベル版『女騎士、経理になる。』~第1章その⑮

幻冬舎コミックス運営のWEBマンガ雑誌「デンシバーズ」と幻冬舎ゴールドオンラインによる特別コラボ企画。デンシバーズの好評連載『女騎士、経理になる。』の原作小説で、2016年6月24日に発売された単行本『女騎士、経理になる。①鋳造された自由』のプロローグと第1章、第2章、第3章を無料公開します。今回は第1章「フライド・コカトリス」その⑮です。

▼肉屋


  シーン……

 

女騎士「そんな、バカな」ハァ……ハァ……
女騎士「なぜだ……なぜ誰もいないんだ?」

 

女騎士「机や棚は空っぽだし……どこにも人影がない……」
女騎士「なんてことだ……嘘だろ……」


  へなへな……ぺたん……

 

女騎士「くそっ! あいつめ!」
女騎士「全力を尽くすと言っていたではないか!」

 

女騎士「ハハッ……私もバカだな」

 

女騎士「あのBSを見たときに、分かっていたではないか。もとより経営再建などムリだったのだ」

 

女騎士「銀行家さんに謝ろう……」
女騎士「そして、この町を去ろう……」

 

女騎士「30万Gなど、私は一生かかっても──」

 

???「──あら、帰ってたの?」

 

黒エルフ「手紙の一通でもよこしてくれたらよかったのに」
兄妹「「おかえりなさい!」」

 

女騎士「……お前たち、何をしてるんだ?」

 

黒エルフ「今月は働きづめだったもの。今日は臨時休業にしたの」

女騎士「臨時休業」

 

黒エルフ「そんなことより、このジェラート食べる? 甘すぎなくて美味しいわよ?」
女騎士「……」

 

妹「そうだ! お兄ちゃん、あれを渡さなきゃ!」
兄「うん! 女騎士さん、受け取ってよ」

 

女騎士「この革袋は……」
兄「5千Gだよ。銀行家さんに返してほしい」

 

女騎士「いいのか、これを受け取っても? 買掛金を支払うお金は残っているのか!?」
妹「安心してください。買掛金を支払っても2千Gくらい残る予定です」

 

兄「こんなにお金を残して月末を越えられるのは初めてだよ」
女騎士「なんてことだ……」

 

黒エルフ「ちょっとしたお祝いも兼ねて、3人でジェラートを食べていたの」
女騎士「……」

 

黒エルフ「大丈夫? 顔色が悪いけど……」
女騎士「……」ガシッ

 

黒エルフ「って、何よ! 急に抱きついてきて」
女騎士「う゛ぅ゛~! よ゛がっだの゛だぁ~~~!」

 

黒エルフ「はぁ!? なに泣いてんのよ!」
女騎士「う゛ぅ゛~!」

 

黒エルフ「きゃあ! 鼻水!? き、汚いわね! 離れなさいよ!」
通行人(ざわ……ざわ……)

 

黒エルフ「ほら、人が集まってきちゃったじゃない!」
女騎士「~~~!」ギュウ

 

黒エルフ「もうっ! さっさと離れてよ!」
女騎士「~~~!」ギュギュウ

 

黒エルフ「離れろぉ~~~!!」

 

▼夜

 

女騎士「待たせたな。肉屋の5千Gだ」
銀行家「おおっ! みごと回収に成功したのですね」

 

幼メイド「お仕事ご苦労さまなのです~」
女騎士「いや、私は何も……」

 

幼メイド「ほらね、だんなさま! おねえちゃんを雇って正解だったのですよ~!」
銀行家「ええ、本当に」

 

幼メイド「おねえちゃんが帝都に行っているあいだ、町ではウワサになっていたのです。あの肉屋さんが繁盛しているって。いったい、どうやってけーえーさいけんしたの? お話を聞かせてほしいのです~」

 

銀行家「お話は明日になさい。そろそろベッドに入る時間ですよ」
幼メイド「ぷぅ~」

 

銀行家「しかし、正直なところ私も驚きました。番頭の話では『あの肉屋はもう後がない』と聞いていたのです。……いったいどんな魔法を使ったのです?」

 

女騎士「魔法など使っていない」
銀行家「ほう」

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エンタメ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載特別コラボ特別企画――『デンシバーズ』発の異色人気ノベルを無料公開!

女騎士、経理になる。 ①鋳造された自由

女騎士、経理になる。 ①鋳造された自由

原作:Rootport,イラスト:こちも

幻冬舎コミックス

特殊スキル「簿記」を武器に世界を救え! twitter累計550万view! 話題沸騰の異世界会計英雄譚、原作小説登場!!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧