不動産 海外不動産 国際資産分散
連載ハワイ不動産投資の新スタンダード「ホテルレジデンス」の魅力【第3回】

ホノルルの代表的なホテルレジデンス「トランプ」の概要

トランプTrump International Hotelハワイ不動産

ホノルルの代表的なホテルレジデンス「トランプ」の概要

今回からは、本連載の主テーマとなる「ホテルレジデンス」について、具体的な事例を見ていきます。まずは、ホノルルの代表的なホテルレジデンスである「Trump International Hotel Waikiki Beachwalk」(トランプ・ワイキキ)です。

2006年の発売時には全462室が1日で完売

Trump International Hotel Waikiki Beachwalk(以下、Trump International Hotel)は、ホノルルの代表的なホテルレジデンスです。今回は、その概要、そしてオーナーになったときの利用方法などを見ていきます。

 

[PR]2017年1月14日(土)開催@幻冬舎
無料セミナー『ハワイ不動産投資「ホテルレジデンス」の魅力』

 

<概要>
2009年11月、ホノルル・ワイキキエリアでは約25年ぶりに新しいホテルとして誕生したTrump International Hotelですが、今ではハワイのホテルレジデンスの代表格となりました。このホテルが他と異なっていたのは、ラグジュアリーホテルでありながら、資産性の高い不動産であるという一面を兼ね備えているところで、2006年11月に販売された際には、全462室が1日で売れたという記録を持っています。

 

スタジオ(ワンルーム)から3ベッドルームまでの部屋があり、階数は38階建てです。ビーチまで徒歩5分という距離、また質の高いホテルサービスを提供している等の理由から、2015年にはフォーブズ・トラベルガイドにてホノルル唯一の5つ星ホテルの認定を受け、ホテルとしてワイキキ内でトップクラスの人気を博しています。アメニティとしては、プール、ジム(24時間利用可能)、SPA、会議室、またレストラン等が用意されています。

完全に個人の別荘として使用することも可能

<オーナーとしての利用方法>
前述のとおり、462室全てはフルオーナーシップの不動産として販売されており、オーナーとなった場合は大きく分けて2通りの利用方法があります。

 

①別荘としての利用
ホテルの1室として稼働させず、完全に個人の別荘として所有するスタイルです。前回述べたとおり、ここでホテルレジデンスが単なる住戸と異なるのは、希望に応じて全てのホテルサービスが享受できる点です(別途料金が発生します)。

 

日本に在住しているオーナーの視点で見ると、戸建てやコンドミニアムの場合には、庭、水周りや室内等のメンテナンスを定期的に行う必要がありますが、ホテルレジデンスの場合には日本から依頼することでホテルが万全の体勢でサポートしてくれますので、長期間空けて再度利用する際も安心です。自身の部屋となりますので、好きな家具を入れて、セカンドホームとして楽しむことができます。


②ホテルとしてレンタルする場合の利用
公式に用意されたレンタルプログラムに加入して利用するスタイルです。レンタルプログラムに参加した場合には、部屋の稼働実績に応じて毎月宿泊料収入を得ることができるようになります。

 

もちろん、事前に予約を入れることで、所有する部屋の利用も可能です。また、この際には所有している部屋を利用になりますので宿泊料はかかりません。上記の別荘利用のケースと同じように、希望の際に清掃等のサービスをリクエストすることで、ホテルサービスを受けることができます(別途料金が発生します)。

 

[PR]2017年1月14日(土)開催@幻冬舎
無料セミナー『ハワイ不動産投資「ホテルレジデンス」の魅力』

 

Trump International Hotelは、過去6年間でワイキキを代表するホテルになりましたが、開発時から、日本人オーナーの満足度向上を目指し、スタジオタイプから全てのお部屋にバスタブを入れる等、日本人向けの設備が備わっていることも見逃せない特徴です。


次回は、このTrump International Hotelにはどんな部屋があるのか、より具体的に見ていきます。

井上 雄策

株式会社Seven Signatures International アシスタントマネージャー

株式会社Seven Signatures International(セブン・シグネチャーズ・インターナショナル)は、Trump International Waikiki Beach Walk、The Ritz Carlton Residence Waikiki 等の日本正規販売代理店であり、ハワイのホテルレジデンス・高級コンドミニアムの販売に特化。東京・ハワイにそれぞれオフィスを構え、Trump25階には購入顧客専用のラウンジを設けている。顧客専用ラウンジでは、常駐のコンシェルジュがレストランやSPA、レンタカー等の予約手配を行い、よりハワイでの滞在が充実するよう各種サポートを行っている。
WEB サイト http://www.sevensignatures.com/

著者紹介

連載ハワイ不動産投資の新スタンダード「ホテルレジデンス」の魅力

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

ハワイ不動産投資の新スタンダード「ホテルレジデンス」の魅力

~自己使用に加え賃料収入を極大化する「ハイブリッド型」所有形態のメリットと、 ワイキキ周辺の最新開発プロジェクトの動向

講師 田村仁氏
日時 2017年01月14日(土)
内容

・ハワイ不動産の種類とそれぞれの特徴とは?

・「ホテルレジデンス」という所有形態が注目される理由

・最新のハワイ不動産市況

・ハワイ不動産の価値がなかなか下がらない理由

・タックスメリットから見るハワイ不動産の魅力とは?

・ワードビレッジ等を含むハワイの最新物件情報も公開

【コラム】ハワイ不動産投資の新標準「ホテルレジデンス」とは?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest