日本における「不動産の証券化」の歴史と背景

前回は、企業が私募リートを組成することで得られるメリットを説明しました。今回は、日本における「不動産の証券化」の歴史と背景について見ていきます。

「不良債権処理のニーズ」が法整備を後押し

皆さんは不動産証券化と聞いてどのようなイメージをおもちでしょうか? 不動産証券化の歴史は、実は日本ではまだ浅く、その試みが本格的に行われ始めたのは20世紀の末近くになってからでした。

 

きっかけとなったのは、バブル崩壊後に訪れた日本経済の停滞の大きな要因となっていた不良債権問題でした。金融機関の抱えていた巨額の不良債権を清算し問題の抜本的な解決を図るためには、債権の担保となっていた不動産の処分を進めやすくする環境を整える必要があったのです。

 

そのために導入されたのが「証券化」です。不動産が証券化されればその売却を円滑に行うことが可能となります。このような不良債権処理のニーズを背景に、不動産証券化のためのスキーム(仕組み)作りに必要となる各種の法制度が、以下のような形で整備されていきました。

 

①1995年、不動産特定共同事業法を施行

 

②1998年、特定目的会社による特定資産の流動化に関する法律を制定

 

③2000年、投資信託及び投資法人に関する法律を改正

資産流動化法の改正で「Jリート」が誕生

不動産特定共同事業法とは、「不動産特定事業」すなわち「複数の投資家が出資し、不動産会社などの専門家が不動産事業を行い、その運用収益を投資家に分配する」事業に関するルールを定めたものです。

 

また、特定目的会社による特定資産の流動化に関する法律は、特定目的会社または特定目的信託を用いて資産の流動化を行う制度の確立を図ったもので、2000年には「資産の流動化に関する法律」と名称が変更されました。

 

一般には「資産流動化法」と呼ばれています。投資信託及び投資法人に関する法律は、投資信託と投資法人に関するルールを定めたものであり「投信法」と略称されています。

 

同法の改正により「REIT(以下、リート)」と呼ばれる不動産の投資信託が解禁され、その日本版として2001年に「Jリート」が誕生することとなりました。

本連載は、2016年1月25日刊行の書籍『世界一わかりやすい私募REITの教科書』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

センコー・アセットマネジメント株式会社 代表取締役

1961 年生まれ。東京大学経済学部卒業。1984 年株式会社日本長期信用銀行(現株式会社新生銀行)入行。国内外の金融機関及び物流会社に勤務後、2009 年にセンコー株式会社へ入社し、特命担当課長としてカザフスタンでのプロジェクトに参画。2014 年にセンコー・アセットマネジメント株式会社を立ち上げ、同社代表取締役に就任。センコー株式会社の私募REIT の組成と運用を手がける。

著者紹介

連載安定リターン&リスク分散を狙える「私募リート」の基礎知識

世界一わかりやすい私募REITの教科書

世界一わかりやすい私募REITの教科書

初村 美宏

幻冬舎メディアコンサルティング

取引所に上場せず、オープンエンドで運用される不動産投資ファンド「私募REIT」。1990年代にアメリカで人気となり日本でも2001年から発売が開始、不動産投資市場でも急成長を遂げている人気の投資商品である。主な投資者は機関…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧