その他 エトセトラ エンタメ
連載インドで円滑にビジネスをするための基礎知識【第4回】

インド企業とのビジネス交渉や契約の際の留意点

インドビジネスMOU

インド企業とのビジネス交渉や契約の際の留意点

今回は、インド企業とのビジネス交渉や契約の際の留意点について説明します。※本連載は、株式会社インド・ビジネス・センター代表取締役社長・島田卓氏の著書『インドとビジネスをするための鉄則55』(アルク)から一部を抜粋し、インドでビジネスをするための様々な基礎知識をご紹介します。

インド現地のルールを理解して行動する

Q.インド企業とビジネスの交渉をしたり、契約を結んだりする際、どんなことに注意すべきですか?

 

A.MOUへのサインにあまり慎重にならない、相づちを打つつもりで「イエス」を連発しない、といったことに注意しましょう。

 

インドは日本と同じくアジアの国ですが、ことビジネスに関しては欧米流と考えてください。日本企業が接触する層にはアメリカ留学経験者も多く、経営者はトップダウン式で素早い意思決定をします。日本のようにボトムアップ式で時間をかけて方向性を定めていく過程には、なじみがありません。日本企業の重役が自らインドに出向いて交渉に臨んでいるにもかかわらず、「本社に戻って相談する」などと口にすると、決定権がある人物なのにどういうことかと先方は理解に苦しみます。

 

日本企業に特に目立つ傾向として、MOU(Memorandum Of Understanding/基本合意書)を交わすのに慎重すぎる姿勢が挙げられます。MOUは双方が了解したという覚書にすぎないので、途中で取りやめにできます。その後の詳細な検討の中で当初の想定通りにいかないと判明すれば、ご破算にすればいいのです。是が非でも続ける義務はないのですが、日本人は一度決めたら最後までやり通さないといけないと考える傾向にあるため、なかなかサインしません。

 

欧米の経済視察団がインドを訪問すると、必ずといっていいほど大型案件のMOUが成立し、インド側は大喜びします。アメリカ企業のCEOなら、10の案件があれば8、9件までサインするでしょう。もちろん、その後、取りやめになる案件も多くあります。たとえ調査費に1億円かけても見通しが悪いと分かれば中止にしますし、そのまま進めて何十億円、何百億円の損失を出すよりは1億円使ってリスクを回避できたと捉えます。

 

一方の日本企業では、いったん決めたことを覆すのは非常に困難です。大企業では本社の何部門もの課長、部長、役員などがハンコを押して稟議に長い期間をかけますが、そのようなやり方にインド側はまったく慣れていないと考えてください。視察団を迎え入れてもMOUが成立しないとインド側は手応えを得られませんし、日本側の決定を忍耐強く待つとも限りません。インドの土俵に上がったら、インドのルールを理解し、それに沿って行動するのが基本です。

 

「進出は容易だが撤退は大変」といわれる中国に対し、インドは進出するのは大変だけれど入ってしまえばそれ以上大変なことはないといわれます。徹底した契約社会で訴訟も多い国であり、トラブルが起きたら司法の判断に委ねることができます。

 

1997年のことですが、スズキが合弁相手のインド政府を相手取り、国際仲裁裁判所に訴えを起こすケースがありました。マルチ・ウドヨグ(現マルチ・スズキ・インディア)の新社長の指名をめぐる紛争で、その後、裁判所の調停で和解が成立しています。これについてインドの人たちは日本企業に反感を抱くどころか、政府の主張は通らないと話していました。

相槌の「イエス」はトラブルの種に!?

関係する監督官庁の担当部署を、できるだけ味方につける策を練ることもお勧めします。何か問題が起きてから対処したのでは、大変な弁護士費用と時間がかかります。

 

初めて進出する中小企業の場合は、導入コストを惜しまず、あらかじめ法務・会計事務所やコンサルタントに相談したほうがいいでしょう。代表例を挙げるなら、日本の本社とインド法人との間の移転価格税制の問題があります。日本の親会社の売上までがインドでの売上と見なされ、莫大な額を課税されるケースが起きています。あらかじめインドの税務当局に「こういう形でいきます」と話を通し、事前協議での合意内容を書面に残しておくことも対策の一つです。

 

英語での交渉については、苦手であっても通訳に任せず、できる限り自分で話をするようにします。こちらの事情、日本的な感覚をあまり理解していない通訳に頼むと、かえって言いたいことが通じず、話が混乱することが多くあります。

 

英語に自信がないなら、最初に「私は英語力が高くないので、ゆっくり、やさしい言葉で話してください」と言うことです。プライドや恥ずかしさからこれを怠ると、分からない部分を残したまま話が進み、後から行き違いが露呈することになります。

 

また、インドの人たちは多弁ですが、相づちを打つつもりで「イエス」「イエス」と言うのはやめましょう。承諾したものと見なされ、トラブルの種です。「あのとき、確かにイエスと言った」「承諾したつもりはない」と水掛け論になります。

 

インドは独立以来、社会主義的経済の閉鎖的な環境に長く置かれ、1991年の経済自由化以降は公営企業の民営化が図られましたが、なかなか成果が上がっていません。インド企業は遅れを取り戻そうと、外資と組んで技術や経営手法の導入、海外販路の開拓などを目指しています。生き残りをかけて良いパートナーを求めているのです。

 

選挙でも左派勢力は後退してきましたが、手厚く保護されてきた労働者がその権利を手放すのは容易ではありません。解雇がほとんどできず、製造業を中心に新たな雇用、意欲向上を阻む状況にあります。労働者の側にも痛みを分かち合ってもらわないことには、総崩れにもなりかねない――。そんな変革期の只中に、インドはあります。

島田 卓

株式会社インド・ビジネス・センター 代表取締役社長

1972年、明治大学商学部を卒業し、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。本店営業部、ロサンジェルス支店、事務管理部、大阪支店などを経て、91年インド・ニューデリー支店次長に着任、約4年間インドに駐在。97年同行を退職、同年4月に株式会社インド・ビジネス・センターを設立し、現職に。東京商工会議所平成27年度中小企業国際展開アドバイザー。著書多数。

著者紹介

連載インドで円滑にビジネスをするための基礎知識

インドとビジネスをするための鉄則55

インドとビジネスをするための鉄則55

島田 卓

アルク

これまでインドとまったく接点がなかったのに、会社から突然インド担当を命じられた! そんなビジネスパーソンが知っておきたい、インド社会の基礎知識、仕事を着実にこなすコツ、マナーやNG行動、インドで生活するための情報な…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest