その他 教育 経営戦略
連載企業の経営・技術戦略の落とし穴〜東大生が実際に学んでいる戦略思考の授業より【第8回】

経営戦略の一手のはずが・・・「海外アウトソーシング」の落とし穴

経営戦略海外アウトソーシング海外移転

経営戦略の一手のはずが・・・「海外アウトソーシング」の落とし穴

今回は、海外アウトソーシング、海外移転の落とし穴について説明します。※本連載は、コンサルタントとして活躍する出口知史氏の著書、『東大生が実際に学んでいる戦略思考の授業』(徳間書店)の中から一部を抜粋し、企業の経営戦略に潜む落とし穴を見ていきます。

情報のやり取りや、品質の維持が難しい「海外移転」

自社の資源を得意領域に集中するため、それ以外の領域においてはアウトソース(その領域を専門として、色々な企業から受託している別の会社へ委託すること)を活用することは、現在の日本企業において必須ともいえる手段になっています。ところが委託先が海外となると、いっきにそのハードルが高くなります。

 

個別の機能のコスト・人件費単価は圧縮できても、情報のやりとり(トランザクションコスト)や品質保証・維持にかかる手間が実際に発生してくると、当初の見込みよりも効果が小さくなってしまうことがあります。

 

さらにはリスクや納期対応などの時間的な信用を考慮した場合には、むしろ損をしているということもあり、元に戻す・撤収する企業もあります。

時間単価の安い労働力ほど、逆に「コスト」がかかる!?

海外アウトソースは言葉で言うのは簡単ですが、例えば自分がデータ分析を担当していたとして、

 

「あなたの仕事をこれからは大連の企業にアウトソースするので、とりあえず先方の中国人スタッフにきちんと教えてください。その後はあなたがその結果をチェックしつつ、それまで自分が分析にかけていた時間は○○の仕事をしてください」

 

と言われたら、「え! 大変だなあ。そもそも無理だよ」と思うのではないのでしょうか。仮に日本人のスタッフが先方にいたとしても、最終的な品質を維持することについては、言葉の問題は関係ありません。

 

会社から見れば時間単価2000円の人がやっていた仕事を、その1.5倍の時間がかかるものの時間単価500円の人がやってくれるのであれば、経費が1時間あたり2000円-750円=1250円軽減される計算になります。1日8時間を20日間行うと考えると160時間分、つまり月額20万円の経費削減になります。

 

仮に残業が多くなって割増分が100円×40時間発生していた(正確な説明は省略しますが、1日のうちに過剰に長時間労働させると、追加で単価を上げたりしなければなりません)としても、19万6000万円です。

 

ところが、出てくる分析結果にミスがないかのチェックに1日2時間割くことになり、2日に1回ミスがあってその修正指示に2時間かかるとしましょう。

 

そうなると当初の試算より月額2000×(20×2+20÷2×2)=12万円がかかることになります。つまりトータルで見たら7万6000円の経費削減と、効果は期待の半分以下になってしまいます。

 

出口 知史

経営コンサルタント

東京大学大学院工学系研究科修了後、経営戦略コンサルティングファームのコーポレイトディレクション、ダイヤモンド社(『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』編集部)、産業再生機構、グラクソ・スミスクライン(経営企画部)、メットライフアリコ生命保険(戦略企画部)および複数の投資ファンドに勤務。2007年より慢性的な営業赤字に陥っていた老舗の健康器具メーカーで常勤取締役を務め、1年で恒常的な黒字体質へと変革させ、その後3年連続で成長させた。同様に2015年より老舗の事務機器メーカーにおいても常勤取締役として早期の利益改善を実現させた。
著書に『「困った人」の説得術』(2011年、日本経済新聞出版社)、『論理思考の「壁」を破る』(2006年、ファーストプレス)など。
定期的に東京大学(工学部)、芝浦工業大学等で企業再生、企業の技術戦略と実態、経営者・企業が意思決定を誤るメカニズム、技術者としてのキャリアなどについて講義。その他、日本経済新聞社主催セミナーにおける講演、企業における若手営業マンや管理職候補者向けの研修など、多数実施。

著者紹介

連載企業の経営・技術戦略の落とし穴〜東大生が実際に学んでいる戦略思考の授業より

東大生が実際に学んでいる戦略思考の授業

東大生が実際に学んでいる戦略思考の授業

出口 知史

徳間書店

現役東大生を対象に著者が行っている経営戦略の講義が待望の書籍化。今年で9年連続となる人気講義には、経営者が判断を誤る背景、成果主義の弊害、新興国進出の損得、アウトソース依存による空洞化危機、危ない経営の見抜き方…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest