政府と日銀が「デフレ」を解消できない理由

前回は、日本がデフレから抜け出す方法について考察しました。今回は、政府と日銀が「デフレ」を解消できない理由を考えてみます。

通貨供給量を増やしてデフレを回避する国は多いが…

本当に通貨供給量(マネーサプライ)を増やすことによって、インフレを起こすことができるのでしょうか。そして、緩やかなインフレによって景気を拡大することができるのでしょうか。

 

できる、というのが現在の世界の経済学の主流です。実際に多くの国がインフレ目標を設定し、マネーサプライを増加させることでデフレを回避しています。

 

このように、緩やかなインフレによって景気を回復させようとすることをリフレといいます。リフレとはリフレーション(再膨張)の略語です。インフレ(通貨膨張)とデフレ(通貨収縮)が循環することを前提として、デフレの時期に再び経済および通貨を膨張させようとすることをリフレと呼びます。

 

リフレを主張する経済学者の代表格は、2008年にノーベル経済学賞を受賞したアメリカのポール・クルーグマン氏です。また、アメリカの中央銀行制度を司るFRBの議長を2014年まで務めた経済学者ベン・バーナンキ氏もリフレ政策を支持し、実際にマネーサプライを大幅に増やすことでアメリカの景気を回復させました。

 

そこで、ようやく日本でも同じようにインフレ目標を設定して、リフレを目指すことにしたのが、ご存じの通り安倍政権です。そのために日本の中央銀行である日本銀行(日銀)の総裁に任命されたのが黒田東彦氏です。同時にリフレ派経済学者の代表である岩田規久男氏が副総裁に任命されました。

紙幣を刷ることはできても、自由に使えるわけではない

では、政府と日銀は、どのようにしてマネーサプライを増やそうとしているのでしょうか。

 

かつて、FRB議長に就任する前に、ベン・バーナンキ氏は、冗談で「不況から脱出したければ、ヘリコプターから紙幣をばらまけばよい」と発言して、ヘリコプター・ベンの異名をとったそうです。事の真偽は不明ですが、「日本銀行はマネーサプライを増やすためにケチャップでも何でも買えばいい」と助言したといわれています。

 

中央銀行は紙幣を発行する権限を持っているのだから、いくらでも紙幣を印刷して世の中に流通させればよいとの趣旨ですが、それで本当に大丈夫でしょうか。

 

実際、各国の中央銀行は、その気になればいくらでも紙幣を印刷することができるのですが、そんなことをすればその通貨の信用がなくなってしまい、リフレどころか歯止めの利かないハイパーインフレになってしまいそうです。

 

実は、そのような危機が起きないように通貨の発行量を管理するのが中央銀行の役割なのです。中央銀行とは、決して政府のお財布ではありません。中央銀行がいくらでも紙幣を刷れるからといって、政府が無尽蔵にお金を使えるわけではないのです。

 

通常、政府には税金という収入がありますが、それだけでは足りないという場合は、国債を発行してお金を調達します。国債とは政府の借用書のことです。「きちんと金利をつけて返すから、誰か貸してください」と頭を下げて、お金を借りるわけです。

 

このとき、政府にお金を貸してくれるのが投資家です。投資とは、お金の必要な人にお金を融通することです。投資家がいなければ、民間会社はもちろん、政府や自治体などの公共機関だって困ってしまうでしょう。

 

ちなみに、日本の場合、国債の引き受け手としてシェアの多くを占めているのは、銀行や生保など国内の民間金融機関と年金基金などの機関投資家です。個人向け国債も発行されていますがその割合は少なく、また海外の投資家による保有率も10%以下となっています。

 

この話は次回に続きます。

本連載は、2014年7月29日刊行の書籍『インフレ時代の投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「債券投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載貯金が減り続ける!? 到来する「インフレ時代」とは

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 代表取締役社長

学習院大学経済学部卒業後、1985年に野村證券投資信託委託入社。日本株式運用、総合企画、秘書室勤務を経て野村アセット・マネジメント・シンガポール、野村ブラックロックで幅広い資産運用ビジネスを経験。その後、メリルリンチ・インベストメント・マネジャーズのディレクターを経て、2002年5月に投資信託本部長としてAIG 投信投資顧問(現 パインブリッジ・インベストメンツ)入社、その後、常務執行役員投資信託本部長を経て、2011年6月から現職。日本証券アナリスト協会検定会員。

著者紹介

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 執行役員 グ ローバル・マルチアセット運用部長

慶應義塾大学商学部卒業後、1987 年に三井生命保険入社。1993年より同社英国投資顧問現地法人に勤務し、ロンドン・シティからグローバルな株式・債券投資を行う。その後、スカンディア生命保険、三井住友海上シティインシュアランス生命保険を経て、2004年にAIG 投信投資顧問入社。その後、執行役員 運用本部長兼グローバル・バランス運用部長を経て、2013 年1 月より現職。日本証券アナリスト協会検定会員およびCFA 協会認定証券アナリスト。

著者紹介

インフレ時代の投資入門

インフレ時代の投資入門

杉浦 和也・前野 達志

幻冬舎メディアコンサルティング

仮に今、あなたに1000万円の預金があるとしましょう。安倍内閣が掲げるインフレ目標2%が今後毎年達成された場合、その預金の価値は毎年2%、つまり20万円ずつ目減りしていくことになります。預金の金利はもちろんつきますが、現…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧