日本が「デフレ」から抜け出す方法とは?

前回は、日本が「デフレ」から抜け出せない理由を説明しましたが、今回は、どのようにしてデフレを解消すれば良いのかを見ていきましょう。

お金を大量に印刷し、市場に流せば問題解決!?

前回の続きです。モノに対する需要が少なく、お金に対する需要が多いのは、十分なお金が供給されていないからです。需要に対してお金の供給量が少ないために、みんながお金を使いたがらず、デフレが起きているのです。

 

では、どうすればいいのか。答えは簡単です。日本銀行がお金を大量に印刷して、どんどん市場に供給すればいいのです。そして、それを行おうとしているのが安倍政権であり、「安倍(アベ)政権の経済学(エコノミクス)」であるアベノミクスなのです。

 

しかし、はたしてお金(マネー)を供給(サプライ)するだけで、デフレが解消し、物価が上昇するのでしょうか。

 

元財務省官僚で、現在は嘉悦大学教授の高橋洋一氏は、各国の通貨供給量の伸び率と物価上昇率とには、明らかに相関関係があると説明しています。統計を見ると、各国の中で日本のマネーサプライの伸びだけが極端に低く、物価上昇率も低いのです。つまり、通貨供給量が不足していることが、日本のデフレの原因の一つだと考えられます。

 

通貨供給量と物価上昇率に相関関係があることは、世界の経済学者の間では半ば常識にもなっています。

 

実際に、アメリカは2008年のリーマン・ショックでデフレになりかけましたが、中央銀行であるFRB(Federal Reserve Board‥連邦準備制度理事会)が積極的な金融緩和を行って通貨を大量に供給したことで、インフレ目標である2%を一時的に回復し、現在もそれに近い数値を維持しています。

 

2012年の時点で、先進国の中でインフレ目標を持たない国は日本だけでしたが、安倍政権のおかげでようやくインフレ目標2%が設定され、まともな金融政策が行われるようになったことは日本にとって大変喜ばしいことです。

「人口増加率」と「インフレ率」に相関関係はない

ちなみに、日本では「デフレの原因は人口減少にある」との誤謬が広まっているようですが、人口増加率とインフレ率との間に、相関関係はありません。

 

その他、グローバル化やアジア諸国の台頭をデフレの原因とする論もありますが、いずれも部分的な説明にしかなりません。なにしろ日本は世界で唯一の長期デフレ国です。この現象を説明するためには日本特有の事情がなければなりませんが、グローバル化もアジア諸国の台頭も日本だけに影響を与えているわけではありません。

 

そして、日本特有の事情として第一に考えられるのは、通貨供給量(マネーサプライ)の少なさなのです。

本連載は、2014年7月29日刊行の書籍『インフレ時代の投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「債券投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載貯金が減り続ける!? 到来する「インフレ時代」とは

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 代表取締役社長

学習院大学経済学部卒業後、1985年に野村證券投資信託委託入社。日本株式運用、総合企画、秘書室勤務を経て野村アセット・マネジメント・シンガポール、野村ブラックロックで幅広い資産運用ビジネスを経験。その後、メリルリンチ・インベストメント・マネジャーズのディレクターを経て、2002年5月に投資信託本部長としてAIG 投信投資顧問(現 パインブリッジ・インベストメンツ)入社、その後、常務執行役員投資信託本部長を経て、2011年6月から現職。日本証券アナリスト協会検定会員。

著者紹介

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 執行役員 グ ローバル・マルチアセット運用部長

慶應義塾大学商学部卒業後、1987 年に三井生命保険入社。1993年より同社英国投資顧問現地法人に勤務し、ロンドン・シティからグローバルな株式・債券投資を行う。その後、スカンディア生命保険、三井住友海上シティインシュアランス生命保険を経て、2004年にAIG 投信投資顧問入社。その後、執行役員 運用本部長兼グローバル・バランス運用部長を経て、2013 年1 月より現職。日本証券アナリスト協会検定会員およびCFA 協会認定証券アナリスト。

著者紹介

インフレ時代の投資入門

インフレ時代の投資入門

杉浦 和也・前野 達志

幻冬舎メディアコンサルティング

仮に今、あなたに1000万円の預金があるとしましょう。安倍内閣が掲げるインフレ目標2%が今後毎年達成された場合、その預金の価値は毎年2%、つまり20万円ずつ目減りしていくことになります。預金の金利はもちろんつきますが、現…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧