その他 健康 エトセトラ
連載「ハゲから生還した著者」が明かす 育毛ビジネスの真実【第1回】

目的は現状維持!? 「初めての育毛サロン」で受けた衝撃

新連載育毛AGA

目的は現状維持!? 「初めての育毛サロン」で受けた衝撃

20代にして頭髪が薄くなり、うつ病も患ってしまった「私」ことテッちゃん。人生の巻き返しを図るために初めて育毛サロンに飛び込んでみたのですが・・・。本連載は、2016年9月12日刊行の書籍『ハゲからの生還』から一部を抜粋して、育毛ビジネスの裏側をお伝えします。

店員の一言に呆然・・・「え、増えないの?」

20代の後半にしてハゲの襲来に打ちのめされ、うつ状態に拍車がかかった私。とはいえ、そのままあきらめたわけではありませんでした。

 

なんとか難局を打開するべく、初めに足を向けたのは、有名な育毛サロンでした。

 

いろいろなコースがありましたが、勧められるまま受けてみたのは、頭皮のマッサージ。

薬を塗りながら、頭皮をマッサージし、髪の毛を増やしていくというものです。私は、(どんなすごい薬なんだろう?)とワクワクしました。

 

ところが、サロンの人は、「髪の毛は増えません。維持するんですよ」と言い放ったのです。

 

普通、「え、増えないの?」とびっくりしますよね。

 

私も耳を疑って聞き返してみたら、「薄くなったら、いいカツラもありますから。でも、このまま薄くなっていくより、今のままのほうがいいですよね」。

そんな感じのことを言われました。

 

はっきり「サロンは無意味だ」と言ってもらえたのですから、今にして思えばありがたかったと考えるべきでしょう。

 

その後、自力でなんとか髪を生やそうと決心したのは、育毛初体験のときに「サロンってこんなもんなのか」とわかったためかもしれないからです。

 

1回お試しはしたものの、そこのコース料金は何十万、何百万とかかるので、「これはちょっと無理だ~」とあきらめました。

 

ですが、もし「絶対に増えますよ」と言われていたら、私はその何百万円かを工面していたかもしれません。

 

結局サロンに通うことは断念し、シャンプーと育毛剤を買って帰ってきました。

 

その効果かどうかはともかく、その後、しばらく抜け毛が気にならない感じになって、「薄いながらもほっと一息」の時期が続きました。

お試しサービス施術中に、客の「与信」をこっそり調査

いったん減り始めた髪の毛も、薄くなるペースは一直線ではないようです。

人によってサイクルは異なるようですが、私の場合、半年ぐらいの周期で、「最近、調子いいかな。減ってないな」と思うときと、「あれっ、ヤバいかも!」と思うときを繰り返しました。

 

その最初の「あれっ」で初めて育毛サロンに行ったのですが、しばらく経つと、また大きな「あれっ」の波がきました。

ちょうど30歳ぐらいのときでした。

 

ここで抜けるペースが速まったらまずいと思って、今度は別の育毛サロンに行ってみました。

 

アンケートを記入して待っていると、まず「お試し」ということで、7~8000円でシャンプーとマッサージの施術をしてもらえます。

 

そのお試しの施術、1時間ぐらいかけてやってくれるのですが、実はその間に、アンケート用紙に書いた私の住所、氏名、勤務先などを使って、クレジット会社に与信をかけられていたんですね。

 

与信が通るとわかったら、施術後に今度は育毛コースのプレゼンです。この営業が、やたらガンガンきました。

 

「あなたの頭皮をシャンプーしたら、これだけ髪が抜けましたよ」と、抜けた毛を見せてきます。

「これだけ抜けるって大変なことですよね。このままいったらツルッパゲになりますよ」

もう(どひゃー)です。

 

そういう育毛サロンのスタッフは、基本的に女性です。

その女性スタッフが、ハゲて気が弱った男に対して「いったいどうするんですか?」「こんな決断もできないんですか?」と、カサにかかって詰め寄ってきます。

 

そこまで責められると、育毛サロンというよりは、間違って変わった趣味の風俗店に入っちゃったのかと錯覚しそうです。

 

しかも、そうやって勧められるコースの料金が、半年で150万円とか200万円とか書いてあるのです。「これは、とてもじゃないけど払えない……」と思って、やはりほうほうの体で退散してきました。

杉山 哲矢

株式会社エスロッソ 代表取締役社長 株式会社新日本情報システム 代表取締役社長

1971年7月生まれ。静岡県出身。大学中退後、サラリーマンとして働くなかで薄毛に悩み、独学で研究を重ねた結果、劇的な育毛に成功する。その後、2006年に独立。自身の体験をもとにした育毛事業を立ち上げ、圧倒的な効果を発揮する商品・サービスを次々と展開。「自分の経験を役立てて、同じ悩みを抱えた人たちを救いたい」という強い想いのもと、年間30000名以上の薄毛に悩む人々を救っている。

著者紹介

連載「ハゲから生還した著者」が明かす 育毛ビジネスの真実

ハゲからの生還

ハゲからの生還

杉山 哲矢

幻冬舎メディアコンサルティング

「ハゲ」・・・それは男性にとって、非常にデリケートかつ切実な悩みでしょう。 本書では、かつてハゲに苦しめられ、様々な努力の末に「超フサフサ」を取り戻した著者が、自ら体を張って検証した「本当に効果のある薄毛治療」…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest