資産運用 株式投資 資産形成
連載資金を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法【第29回】

運用資産が100万円を超えたら始めたい――「中国株」の魅力

中国株国際分散投資

運用資産が100万円を超えたら始めたい――「中国株」の魅力

前回は、今後の伸びが予想される「次世代自動車」と「自動運転」関連の注目銘柄について取り上げました。今回は、「中国株」の魅力について見ていきます。

少額で投資できる銘柄も多い中国株

銘柄を乗り換えながら利益を積み上げていき、資産の合計が100万円を超えてきたら、中国株への投資を検討してみるとよいでしょう。

 

たとえば資産総額の10%以内、たとえば100万円なら10万円以内、500万円なら50万円以内を中国株に振り分けます。あくまでメインは日本株投資ですが、「スパイス」として中国株への投資も加えるというイメージでしょうか。

 

目的は、投資の可能性を広げることにあります。中国株の中には、数万円以下と少額で投資できる銘柄がたくさんあります。一方で、少額で買えるような銘柄が何倍、何十倍と大化けするケースも少なくありません。

 

スマホ向けアプリを手がけるネットドラゴンは保有期間1年3カ月で約4倍に、インターネットサービス大手のテンセントは保有期間6年7カ月で約40倍に株価が上昇しました(その後の上昇局面まで保有していれば、株価はなんと140倍以上になりました)。もし10万円を投資していれば、ネットドラゴンは40万円に、テンセントならなんと400万円に資産が増えるわけです。

 

ポートフォリオの中に、「当たればデカイ」中国株を少しでも組み入れておくことで、日本株以上に大きく資産が増えて、次のステージに早くコマを進めていける可能性が生まれるのです。

 

このように書くと、「資金30万円から投資を始めるときに、最初から中国株を買えばよいのではないか」と思う人もいるかもしれません。しかし、資産100万円までは着実に増やしていかなければいけない時期です。資金の少ない段階では、中国株で大化けを狙うよりも、日本株でしっかり増やしていくことを優先させてください。

日本株安、円安のリスクヘッジとしても有効

ところで、資産の一部を中国株に振り分けることは、「国際分散投資」という意味でも有効だと考えます。すべての資産を日本株に集中させると、日本株全体が下がったときには値下がりリスクが非常に高くなります。投資先の国を分散させることで、そうしたリスクをある程度抑えることが可能になります。資産が多くなればなるほど、国際分散投資という考え方は持っておいたほうがよいでしょう。

 

さらに、中国株は究極の「円安メリット株」とも言えます。中国株に投資することで、円安傾向になればなるほど、為替差益も期待できます。日本で買いやすい海外の株式には、ほかにも米国株があります。国際分散投資の意味では、米国株に投資するのもひとつの手と言えるでしょう。ただ、私が運営する投資顧問サービスで扱っていないため、本連載では取り上げていません。

 

中国の場合は、世界で最も人口が多く、減速傾向とは言え他の国と比較して高い経済成長率を維持し続けています。そのため、爆発的な成長を遂げる企業も少なくなく、前述のような大化け株に出合う可能性が高いことがメリットです。

 

なお、細かいことですが、日本と香港(香港市場)の時差は1時間ですから、米国株を取引きするときのように昼夜逆転で相場に向かう必要もありません。最後に注意点を一つ。すでに述べたとおり、中国経済は減速傾向にあり、また2015年の中国株はバブル的な上昇→大暴落といった不安定な値動きになりました。

 

今後も、中国株が好調のときもあればそうではない場合もあるでしょう。そこで、中国市場がどうも不調だというときは中国株のウェイトを落とし、逆に日本に比べて中国の経済のほうが好調だというときにはウェイトを少し上げるといったように、状況に合わせた対応を取るようにしてください。経済も株価も生き物ですから、「10%以内」という数字にとらわれ過ぎず、柔軟に対応していって欲しいと思います。

本連載は、2016年2月1日刊行の書籍『資金30万円を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。本書のケーススタディと本文で取り上げた銘柄の売買タイミングは、すべて「ライジングブル投資顧問」で提供している売買サポートの一例です。売買タイミングは、各コースで異なります。投資はご自分の判断で行ってください。本書を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および幻冬舎グループはその責を負いません。

藤村 哲也

ライジングブル投資顧問株式会社 代表

1965年生まれ。横浜市立大学経営学科卒業。1990年太平洋証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)入社、証券営業を経て1996年より投資情報部で証券アナリストとして勤務。合併により2000年よりUFJつばさ証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)に勤務し、最終役職はUFJつばさ証券部長代理。独立後、2003年6月にライジングブル投資顧問株式会社を設立。中国株、日本株情報サイトを運営し、会員向けに株による財産形成を総合的にサポートしている。Yahoo! ファイナンス 投資の達人、All About株式ガイド。

著者紹介

連載資金を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法

資金30万円を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法

資金30万円を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法

藤村 哲也

幻冬舎メディアコンサルティング

給料がなかなか上がらない、預貯金をコツコツ貯めてもほとんど増えない――。資産運用の難しい時代です。株式投資は、実は資産を安定的に大きく増やせる“堅実”な運用術です。安定運用のコツはただひとつ。上手に銘柄を「乗り…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest