「医院を継ぐ子」に代償分割の費用を渡す際の注意点

前回は、「医院を継ぐ子」以外への遺産配分方法について解説しました。今回は、「医院を継ぐ子」に代償分割の費用を渡す際の注意点を見ていきます。

「代償金の支払い」は後継者の子の負担となりやすい

テクニック11 代償分割のための原資を確保する

遺産分割の偏りをなくすために行われる代償分割は、相続税がかかる・かからないにかかわらず、どの相続にも必要になってきます。

 

代償金を払う側(ここでは後継者の子)には、非常に重い負担がかかります。そもそも出資持分などの売却できない資産を相続したために代償分割をするわけですから、その原資をどのように用意するかは大問題です。

 

被相続人は生前贈与で後継者の子に十分なキャッシュを渡しておいたり、生命保険に入っておいたりして確実に後継者にキャッシュが渡るようにしてあげなくてはいけません。

 

どうしても後継者にお金がない場合は、金融機関からの借入や、分割払いで支払っていくことになるでしょう。

代償金をもらう側は、支払う側の経済的負担に理解を

代償金をもらう側のほうには、一方的に要求するのではなく、支払う側の重い経済的負担を理解してあげてほしいと思います。そうでないと、換金できない財産を継いで納税に四苦八苦したうえ、経営の苦労まで背負って、さらに代償分割までしなければならず、後継者の子があまりにも不憫です。

 

ちなみに、遺産分割協議書のなかで「代償として」支払う旨を明記しておかないと、代償金の支払いが贈与と見なされ、贈与税を課税されることがあるので十分に注意が必要です。

本連載は、2016年5月27日刊行の書籍『相続破産を防ぐ医師一家の生前対策』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

1級ファイナンシャルプランニング技能士、AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー) 相続診断士

1990年、みずほ銀行(旧第一勧業銀行)に入行し、融資業務・ファイナンシャルプランニング業務に従事。2004年、アリコジャパンへ生命保険コンサルタントとして入社。営業成績は常に全国10位以内を維持し、全国1位も経験した。

優れた生命保険コンサルタントの証しであるMDRT会員に認定され、2007年・2008年にはMDRTアリコ会執行部役員に就任。

2009年にフィナンシャル・デザイン株式会社を起業、独立した。当初は富裕層の相続や保険の見直しをメイン業務とし、現在は医療法人の事業承継・相続も扱う。ファイナンシャルプランナーとして資産の全体設計から問題点を抽出、的確な解決策を提案し、税理士や会計士との「橋渡し」をすることで、顧客の資産保全に尽力している。

著者紹介

連載開業医の相続破産を回避する13のテクニック

相続破産を防ぐ 医師一家の生前対策

相続破産を防ぐ 医師一家の生前対策

井元 章二

幻冬舎メディアコンサルティング

【医師一家の相続は、破産・病院消滅の危険と隣り合わせ 今すぐ準備を始めないと手遅れになる! 】 換金できない出資持分にかかる莫大な相続税 個人所有と医療法人所有が入り乱れる複雑な資産構成 医師の子と非医師の子への遺…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧