注目エリア「オースティン」「プレイノ」の最新事情

州都オースティンにあるテキサス州会議事堂


ひとくちにテキサスといっても、その広さは日本の2倍近くあり、地域や都市ごとに特徴が大きく異なります。今回は、不動産投資先という観点から見た場合、特に魅力的な2つのエリアをご紹介します。

シリコンヒルズでも知られる州都「オースティン」

テキサス州における不動産投資先として魅力的なエリアはいくつもありますが、今回はオースティンとプレイノについて見ていきます。

 

<オースティン>

1839年のテキサス共和国時代から変わらずテキサスの州都として存在しているオースティンは、街の中心をコロラド川が流れる緑豊かな都市です。約90万人の人口はテキサス第4位の規模ですが、2010年から14年までの増加率は15%以上で、人口50万人以上の都市の中では最高の成長をみせています。


オースティンに本社を置く企業ではオーガニック食品小売のホールフーズマーケットなどが挙げられ、それ以外にも様々な分野の企業があります。特に最近の経済成長に寄与しているのがIT関連分野で、アップルやフェイスブック、デルやIBMといった多くの企業が拠点を置き、“シリコンヒルズ“と呼ばれています。

    
オースティンの現在の物件中間価格は約2万8000ドルで、前年同時期より約12%の上昇です。全米でも屈指の規模を誇るテキサス大学のメインキャンパスがあるため、ファミリーや大学生が住むようなアパート物件も数ミリオン程度のものからあります。そういった集合住宅で手頃なものを見つけるのは容易ではないですが、収益物件としては面白いと思います。

北米トヨタの歴史的な移転で最注目の「プレイノ」

<プレイノ>
ダラス北部に位置する都市です。ダラス・フォートワース大都市圏から車で北へ30分ほどの距離にある郊外都市プレイノは、他の都市に比べて新興住宅地といったイメージがあり、物件の築年数も比較的若いものが多くあります。人口は約28万人でヒューストン、サンアントニオ、ダラスなどに比べて小規模ですが、世帯年収の中間値が8万ドル以上で非常に裕福な都市といえます。

 

プレイノの世帯年収の高さには明確な理由が大きく2つあります。一つは大企業の本社が非常に多いということです。有名なところですとパソコン等のHPやデパート大手のJCペニー、飲料大手のドクターペッパーやピザハット、クレジットカードや銀行サービスのキャピタルワンなどが挙げられます。

 

弊社メインオフィスのあるカリフォルニア州トーランスからの移転が決まっている北米トヨタは、2017年の稼働に向けてJCペニーやHP本社の近くに新本社オフィスを建設中です。今年に入って損害保険大手のリバティ・ミューチュアルもボストンからの本社移転を決定し、プレイノにおける本社勤務、管理職レベルの人口は年々増えています。

 

もう一つの理由は教育レベルの高さです。プレイノの学区は総じて教育レベルが高く、高校までの教育体制が充実しているため、各企業に勤める人々がプレイノに移住して子供を育てるのに十分な理由となりえます。

 

プレイノの住宅は一戸建てやタウンハウスが多く、中間価格は約2万5000ドルとなっています。中でもお勧めは20万ドル程度のタウンハウス(一部の壁を隣と共有しているような戸建て)です。移住してくるカップルや家族はまずタウンハウスに住む傾向があり、そこで2、3年住んで周りの環境や事情に慣れてきたら理想の一戸建てに引っ越すという流れがあるようです。タウンハウスはそのエリアの庭の手入れなどは共益費で賄われるため、入居者が外回りの手入れをする手間がかかりません。非常に便利で住みやすい環境であるため空室リスクはとても低く、売りに出せば買い手もすぐ見つかるような状態です。

 

以上、二つの注目都市をご紹介しました。次回も引き続き、さらに興味深い都市をご紹介したいと思います。

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国際資産分散」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載米国「テキサス不動産」の魅力

リーバンズ コーポレーション 東京オフィス アカウントエグゼクティブ

茨城県出身。2007年渡米。2011年 ナショナルアメリカン大学卒。
2012年秋に帰国後リーバンズに所属し、主に米国不動産をはじめとした米ドルでの資産運用をサポート。2016年からテキサス州駐在予定。
リーバンズコーポレーションは2002年の設立以来、地元ロサンゼルスの日系社会で不動産業、保険業、証券業の実務を提供。2009年の日本進出以来、ロス、ハワイ・東京を拠点に富裕層の節税対策や資産分散に関するコンサルティングを展開。会員制の「棕櫚(しゅろ)プレミアムサービス」を運営し、日本人投資家や米国進出を目指す企業へ米国の最新不動産情報や米ドルでの資産運用に関する情報を提供している。
WEBサイト http://www.reavans.com/

著者紹介

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

大本命 テキサス不動産投資

~成長性/流動性/透明性/通貨力/タックスメリットから見るアメリカ不動産の優位性

講師 ニック 市丸氏
日時 2017年09月20日(水)
内容

・透明かつ信頼性の高い米国不動産取引の仕組み

・インカムゲイン、キャピタルゲインがともに狙える米国不動産

・米国不動産投資で得られるタックスメリットとは?

・米国の中でもテキサスがなぜ狙い目なのか?

・1000万円以下の物件を中心に最新情報を公開

・米国不動産の未来を変える「シェールガス革命」

※本セミナーは、8月23日(水)にも開催いたします。(幻冬舎本社)

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【名古屋会場】大本命 テキサス不動産投資

~成長性/流動性/透明性/通貨力/タックスメリットから見るアメリカ不動産の優位性

講師 ニック 市丸氏
日時 2017年10月15日(日)
内容

・透明かつ信頼性の高い米国不動産取引の仕組み

・インカムゲイン、キャピタルゲインがともに狙える米国不動産

・米国不動産投資で得られるタックスメリットとは?

・米国の中でもテキサスがなぜ狙い目なのか?

・1000万円以下の物件を中心に最新情報を公開

・米国不動産の未来を変える「シェールガス革命」

会場 イオンコンパス 名古屋駅前会議室 Room A
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】大本命 テキサス不動産投資

~成長性/流動性/透明性/通貨力/タックスメリットから見るアメリカ不動産の優位性

講師 ニック 市丸氏
日時 2017年11月12日(日)
内容

・透明かつ信頼性の高い米国不動産取引の仕組み

・インカムゲイン、キャピタルゲインがともに狙える米国不動産

・米国不動産投資で得られるタックスメリットとは?

・米国の中でもテキサスがなぜ狙い目なのか?

・1000万円以下の物件を中心に最新情報を公開

・米国不動産の未来を変える「シェールガス革命」 

会場 アクロス福岡 6F 606会議室
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【神戸会場】大本命 テキサス不動産投資

~成長性/流動性/透明性/通貨力/タックスメリットから見るアメリカ不動産の優位性

講師 ニック 市丸氏
日時 2017年11月26日(日)
内容

・透明かつ信頼性の高い米国不動産取引の仕組み

・インカムゲイン、キャピタルゲインがともに狙える米国不動産

・米国不動産投資で得られるタックスメリットとは?

・米国の中でもテキサスがなぜ狙い目なのか?

・1000万円以下の物件を中心に最新情報を公開

・米国不動産の未来を変える「シェールガス革命」 

会場 三宮コンベンションセンター Room504

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧