資産運用 株式投資
連載長期保有で堅実リターンが期待できる「優待株」の選び方【第28回】

個人投資家にとって「株式投資」が魅力的な理由

株式投資株主優待機関投資家一般投資家

個人投資家にとって「株式投資」が魅力的な理由

前回は、NISA口座を利用した株取引のメリットと注意点について説明しました。今回は、個人投資家にとって「株式投資」が魅力的な理由を改めて見ていきます。

投資先が多いという「自由度の高さ」も株式投資の特徴

日本国内で扱われる投資商品は株式、投資信託、債券、外国為替証拠金取引(FX)、金、プラチナ、商品先物取引、REIT等と様々です。株式と他の投資商品の大きな違いとして、投資先の判断材料が身近なところにあるか、ないかが挙げられます。

 

FX、先物などは様々な情報を得て投資判断をすることはできますが、最終的には数字の動きを追うことになります。投資信託には株式が組み込まれたタイプもありますが、投資先の個別企業を自分で選ぶことはできません。株式はまず企業があり、商品やサービスを見極めて投資判断をすることができます。売れ行きは良いのか、業績や将来性はあるのか、詳細を確認することができます。

 

たとえば、企業が手掛ける商品がヒットすればニュースとなり、経営する社長の想い、働く社員の逸話、開発エピソードなどを知ることもできます。また、企業業績は消費者の動向から国内外の景気動向まで、様々な要因に大きく左右されます。企業をもとにした株式投資は実体経済と共にあるのです。投資先の数が非常に多いという自由度の高さも株式の特徴です。

 

上場企業は約3800社、その中からA社、B社、C社と比較し、投資先企業を選ぶことができます。単純に株主優待が欲しいから、好きな企業だから、という理由で選ぶことも可能ですし、ファンダメンタル分析(企業の財務諸表や株価との関係性で判断)、テクニカル分析(株価チャートなどを利用して判断)を駆使して選ぶこともできます。

 

つまり、初心者からベテランまで、どのような投資家でも受け入れることができる包容力を持っています。株式投資は企業選びから始まり、様々な分析方法、投資手法など、知れば知るほど奥深いものです。株式投資は身近な存在であり、投資対象の広さ、自由度の高さなど多くの魅力があります。

 

しかし、投資にはリスクも存在します。そのリスクを回避するため、株式に関する知識はしっかり身につけていきましょう。投資未経験者の方が株主優待を目的に、株式投資の一歩を踏み出すことに私は賛成しています。株式投資は多額の資金が必要と思う方もいますが、数万円の投資資金で株主優待を受け取ることができる企業もあります。

 

株主になると、投資先の企業はもちろん、日本株式市場全体の動き、為替、景気の動向、そして海外の市場まで知らず知らずの内にチェックするようになっていきます。そのように株式に関連する多くの情報に対してアンテナを張ることは、投資以外の仕事や家計にも良い効果をもたらすでしょう。

プロに負けない「個人投資家の武器」とは?

投資を始めることで、株式市場をより深く知っていくと、様々な指標や取引の手法があること、多様な市場参加者が取引していることがわかってきます。その参加者は様々で、個人のトレーダーもいれば、機関投資家と呼ばれる集団や海外投資家、ファンド、証券会社も参加しています。

 

投資の世界では、国、日本銀行、銀行、生命保険会社の他、一般の企業でも一定条件(資本金5億円以上であると見込まれる株式会社、特殊法人・独立行政法人等の法人)を満たす方を特定投資家(プロ)、それ以外の方を一般投資家(アマ)と区分しています。プロ、アマと区分がされているにもかかわらず、同じ土俵で闘うというのは投資の世界ならではの事象ではないでしょうか。

 

プロの手法に関して一例を挙げると、機関投資家の場合、複数のアナリスト、分析のスペシャリストを配し、調査研究を行います。もちろんアマでも企業の将来性を判断し、リスクを把握し、値動きを読んだ上で投資をすることが可能です。しかしプロと比較すれば個人投資家が自分ひとりで分析を行うには限界があると感じます。

 

投資をお考えの方の中には「株式投資は覚えることが多い上に、プロを相手にするなんて難しい」と、感じる方もいることでしょう。ところが、株式投資はアマと呼ばれる一般の人に有利となるケースも多くあるのです。行列のできるレストラン、常に品薄になっている商品など、日常、消費者目線で感じることが、そのまま投資のヒントに直結します。

 

パッと見て好調か、売れ行きが良いか、ネットの口コミサイトや友達、家族の話題など、普段自分がその商品を手に取るきっかけになるようなことが企業の売上に直結しているのです。これは日本に居住していない海外投資家にはできないことです。

 

個人投資家に人気の株主優待も同様です。機関投資家にとっては廃棄対象となる可能性がある株主優待でも、個人投資家にとっては魅力があることが大半です。プロと同じ分析をしなくても、消費者目線という大きな武器を用いて株式投資に参加することができる。これは、個人投資家ならではの大きな魅力と言えます。

本連載は、2016年1月27日刊行の書籍『勝てる!「優待株」投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は著者の個人的な見解を解説したものであり、著者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。本連載の内容に関して投資した結果については、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

藤井 明代

カブドットコム証券株式会社 投資情報室投資アナリスト

カブドットコム証券株式会社投資情報室投資アナリスト。 大手ネット証券勤務後、同社グループ内のリテール部門に異動。 証券会社からの異動をきっかけに株取引を開始し、株主優待に魅了される。 2013年10月、カブドットコム証券株式会社に入社。 顧客対応に加えて、顧客向けにWEBサイトやSNS、メディアなどで情報発信を行う。 株主優待、NISAなどの解説を強みとし、テーマ株や新興市場銘柄などを追っている。 現在はネット配信番組やラジオ出演などメディア出演も多数。

著者紹介

連載長期保有で堅実リターンが期待できる「優待株」の選び方

勝てる!「優待株」投資

勝てる!「優待株」投資

藤井 明代

幻冬舎メディアコンサルティング

昨今ブームの株主優待。市場価格と比べてお得な条件で製品・サービスを享受したり、ここだけの限定品を手に入れることができるため、株式投資未経験者や初心者の人気を集めています。そんな優待銘柄が、利益の面でも優れている…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest