デイトレードで儲けられない人の具体的な特徴

前回は、デイトレードで「儲けられない投資家」の特徴を説明しました。今回は、デイトレードで儲けられない原因をより詳しく見ていきましょう。

デイトレードは「時間との勝負」

デイトレードを始めたもののうまく儲けられず、結局諦めてしまった、という人がいます。私から見ると、デイトレードで儲けられない人の理由は主に二つです。

 

一つ目の理由は、考える時間が長すぎること。すでに繰り返し述べている通り、デイトレードではぐずぐずと考えていてはいけません。上がっているものを買って勢いのあるうちに利益を確定するという、シンプルなタイムトレードが身上です。

 

しかし、儲けられない人は、まずあれこれと理屈を考えます。そのため、売買の判断が遅くなってしまうのです。

 

一体何を考えているのかというと、上がっているときにはもっと利益を欲張ることを、下落しているときは損を確定したくないという自分の気持ちを、理屈で固めているわけです。そんな言い訳を考えている間に利益確定、損切りのタイミングが遅れてしまうのです。

 

上がって欲張り、下げる前に逃げられない――これでは、まず儲かるデイトレーダーにはなれません。何度でも言いますが、短期トレードは時間勝負、即断即決が肝要です。

「損切り」の徹底ができない人は多い

そして、儲けられない二つ目の理由は、一つ目の理由とも関わってきますが、一言で言うと「損切りができない」、これに尽きます。

 

筆者が運営するサイトで、株取引でトータルでは損をしているという人に、「損している理由は何だと思いますか?」という簡単なアンケートを実施したことがあります。その結果は、次の通りです。

 

●1位 買値から下げた株をそのまま放置したため 71.6%

●2位 自分に合わない投資を修正できないまま続けたため 20.4%

●3位 上がらない株を選択してそのままにしたため 8%

 

約72%の人が、買値から下がっても放置していたため、つまり含み損を抱えたままにしたことが、トータルで損をしている理由だと考えています。回答したのは、投資経験も投資の知識もある人たちです。そんな人たちにとっても損切りは難しく、損切りができなければデイトレードでも中長期トレードでも儲けることはできなくなってしまうのです。

 

次回は、この「損切り」についてもっと詳しく考えていきたいと思います。損切りは、儲ける投資には必須の行動です。これから投資を始める人はもちろんですが、すでに投資経験があり損切りが苦手という人は、必ず次回以降も読んでください。

本連載は、2015年3月17日刊行の書籍『知識ゼロ、資金ゼロから億万長者になれる株入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。投資はご自分の判断で行ってください。本書を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および幻冬舎グループはその責を負いません。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載株式の「デイトレード」で儲ける方法

株式情報サイト「キッチンカブ―」 代表
NSN株式会社 代表取締役社長 

1954年生まれ。証券会社、「産業と経済」編集人を経て、2000年より現職。デイトレードを中心に、株式投資に役立つ情報をインターネット上で毎日配信している。

著者紹介

知識ゼロ、資金ゼロから 億万長者になれる株入門

知識ゼロ、資金ゼロから 億万長者になれる株入門

鈴木 正剛

幻冬舎メディアコンサルティング

日本ではアベノミクスやオリンピック開催により、今後3年以上は株高トレンドが続くと見られています。この好機に、いよいよ株を買ってみたい、過去に失敗したけれど再チャレンジしてみたいと考える人が多い一方で、株は複雑で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧