富女子になるために身につけたい「銀行融資を受ける」技術

前回は、リスク低減を目的とした「分散投資」の留意点を紹介しました。今回は、富女子になるために身につけたい「銀行融資を受ける」技術について見ていきます。

いい不動産を買った人には、銀行は喜んでお金を貸す

不動産投資をする場合、ほとんどの人が銀行などから融資を受けることになると思います。融資を受けたことがない人は、怖いという先入観があるかもしれません。また、大金を借りることに罪悪感のようなものを感じる人もいるでしょう。

 

しかし、これまで解説してきたように、お金を借りることは、悪いことでもなんでもありません。「金は天下の回りもの」という言葉もあります。借りたお金は金利をつけて返せばいいのです。

 

そのためにはもちろん、安定して賃貸収入が入ってくる不動産を持っている必要があります。それはいわば、お金を借りる技術です。銀行も商売なので、いい不動産を買った人には喜んで貸してくれます。

 

1000万円を貯蓄するのは大変ですが、借りれば一瞬で手に入ります。お金を借りてまで投資をやりたくないという人もいますが、それではいつまで経っても自分が欲しいものは手に入らないかもしれません。逆に融資さえ受ければ、たいていのものは手に入るのです。

変化を恐れずにチャレンジすることが大切

いま20代のお金のないあなたが30代で富女子になっているということは、自分の中で革命を起こすほどの変化を遂げていくということです。その変化を恐れずにチャレンジしましょう。

 

それは、江戸時代から一気に明治時代になったり、四足歩行から二足歩行に移行したときのような大きな変化となります。しかし、決して悪い変化ではありません。

 

あなたが本当に欲しいものを手に入れるためには、安定の中に留まっているのではなく、ドアを開けて行動を起こすこと。最初は小さな一歩で大丈夫です。

 

まずは、貯金を始めましょう。そこからあなたの人生は変わっていきます。

本連載は、2015年3月24日刊行の書籍『富女子宣言 20代女子が5年で1000万円貯める方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載5年で1000万円貯金――「富女子」になるための貯蓄術

株式会社ワイズアカデミー 代表取締役社長

金融、投資コンサルタント。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。株式会社ワイズアカデミー代表取締役社長。大学卒業後、日本生命に入社。若くして部長職に就任し、さまざまな投資を経験。独立後、20代女性を中心にした「投資会」を立ち上げ、現在も「20代女性が5年で1000万円を貯める」をテーマに講演会を開催し、その他、クレジット会社、不動産会社、エステ、レストランなど多角的に事業を展開している。

著者紹介

富女子宣言

富女子宣言

永田 雄三

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて女性は結婚をして専業主婦になれば、「貧困」と呼べる状況に陥ることはまずありませんでした。 しかし、時代は変わりました。男性に頼らずに自分でお金を貯め、運用し、資産を築くための知識・ノウハウが、いま女性に求…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧