リスク低減を目的とした「分散投資」がおすすめできない理由

前回は、株式投資で預金を失わないためのポイントを紹介しました。今回は、リスク低減を目的とした「分散投資」がおすすめできない理由について見ていきます。

「これ」と思った投資対象を深く勉強したほうが安全!?

「投資をするなら、複数の投資対象に分散投資することでリスクに対応できる」と聞いたことがある人は多いでしょう。

 

分散投資とは、たとえば株式、先物取引、不動産に分けて投資をすることです。つまり、仮に株が下がっても先物で儲かれば資産を減らさずに済む、という考え方です。

 

しかし、私はこの考え方に反対です。投資対象を広げるということは、それだけ勉強をしなければならないからです。

 

よく投資信託はプロが運用しているから安心だと言う人もいますが、そもそもお金の運用とは自分の人生に関わる大切なことで、運用するからには自分自身がプロになる必要があります。ですから、あれこれ勉強するのではなく「これだ」と思った投資対象を深く勉強するほうがはるかに効率的で安全なのです。

 

どんな投資をしようとも、勉強しようという意識が絶対に必要ということです。

ライバルが少ない不動産投資が「富女子」への最短距離

以上、いろいろな投資について述べてきましたが、人気の高いFXや株式投資に比べたら、競争相手が少ない不動産投資はずっと利益を得やすいのです。

 

勝っている株式投資家は、ほぼプロだけです。しかし、勝っている素人の不動産投資家は少なからずいます。初めて投資をする人は、FXや株式投資で儲けて、その利益を不動産投資に、などとは決して思わないことです。

 

投資をするなら、まずは不動産投資に集中しましょう。人生は時間が限られています。早く・確実に儲けたいなら、ライバルが少ない不動産投資が最短距離です。投資の競争社会には決して巻き込まれないことです。

本連載は、2015年3月24日刊行の書籍『富女子宣言 20代女子が5年で1000万円貯める方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載5年で1000万円貯金――「富女子」になるための貯蓄術

株式会社ワイズアカデミー 代表取締役社長

金融、投資コンサルタント。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。株式会社ワイズアカデミー代表取締役社長。大学卒業後、日本生命に入社。若くして部長職に就任し、さまざまな投資を経験。独立後、20代女性を中心にした「投資会」を立ち上げ、現在も「20代女性が5年で1000万円を貯める」をテーマに講演会を開催し、その他、クレジット会社、不動産会社、エステ、レストランなど多角的に事業を展開している。

著者紹介

富女子宣言

富女子宣言

永田 雄三

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて女性は結婚をして専業主婦になれば、「貧困」と呼べる状況に陥ることはまずありませんでした。 しかし、時代は変わりました。男性に頼らずに自分でお金を貯め、運用し、資産を築くための知識・ノウハウが、いま女性に求…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧