生命維持に欠かせない「酸素」が体のサビの原因!?

前回は、老化の加速や病気を招く「体の酸化」について説明しました。今回は、酸化の原因について見ていきます。

炭水化物は酸化によってエネルギーを産生

この地球上のすべての生物は、酸素がなければ生きていけません。私たちは空気中の酸素を取り入れて約60兆個の細胞の一つ一つに血管を通して酸素を送り届け、活力を与えています。そのため、酸素が欠乏(酸欠)すると生命の危機に陥ってしまいます。

 

特にダメージを受けるのが脳です。何らかの原因で脳に酸素が届かなくなると、その時間が長ければ長いほど脳の機能に異常が生じ、死に至ることさえあります。仮に一命をとりとめたとしても、脳に損傷を与えて後遺症が残り、不自由な生活を強いられることにもなりかねません。

 

これほど大事な酸素ではありますが、細胞の中に入ると栄養になる物質を酸化させます。例えば、私たちは食事で摂り入れたご飯やパスタなどの炭水化物を酸化させることで分解し、そのときに発生したエネルギーを利用して生命活動を営んでいます。

細胞が酸化すればがんに変異することも・・・

ところが、酸素は必要な栄養素を酸化させるだけでなく、体内のあらゆる物質までも酸化させてしまうのです。細胞が酸化すれば変異を起こしやすくなり、がん化してしまいます。ですから酸化は、死因の1位であるがんにも影響を与えており、あらゆる病気の原因になっているといえるわけです。

 

しかし、私たちは生きている以上、呼吸を止めることはできません。呼吸を続ける限りは酸素を取り入れることとなり、酸化は避けられない大きな問題でもあるのです。

本連載は、2015年6月10日刊行の書籍『「病気知らず」の体をつくるビール健康法』から抜粋したものです。記載内容は予防医学の観点からの見解、研究の報告であり、治療法などの効能効果や安全性を保証するものではございません。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載健康寿命を脅かす「体の酸化」のメカニズム

特定医療法人大坪会「小石川東京病院」院長 医学博士

1988年日本大学医学部卒業。専門は脊椎外科。医療連携・地域医療を重点的に行い、腰痛や高齢者医療についての講演も多数。平成23年より現職。高いレベルの脊椎手術と納得感のある丁寧な説明が、患者から信頼を得る。得意分野は脊椎手術全般、骨粗しょう症の治療。
海外文献にも豊富な知見をもち、イギリスで進むビールの健康効果に関する研究に注目。予防医学や健康に貢献するとして情報公開を積極的に進める。

著者紹介

「病気知らず」の体をつくる ビール健康法

「病気知らず」の体をつくる ビール健康法

大川 章裕

幻冬舎メディアコンサルティング

【ビールで病気を予防する!?】 ビールが老化や病気の原因となる「体の酸化」を防ぐ効果が高いと聞いたら驚く人は多いでしょう。しかし、ビールは古くから健康維持に用いられた歴史を持っており、近年ではその効果が科学的に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧