アジアのヘッジファンドの特徴とは?

アジア最大級のヘッジファンド運用会社として知られるGOTEX(ゴテックス)のトップインタビュー。第3回目のテーマは「アジアのヘッジファンドの特徴」。聞き手は、日系資本の香港現地銀行として5月に開業したニッポン・ウェルス・バンク(NWB)の中島努CEOである。

「小さな市場規模」が多くの収益機会を生む

中島 アメリカやヨーロッパの投資家は西側諸国のヘッジファンドと比較して、アジアのヘッジファンドをどのように捉えていますか。また、アジアのヘッジファンドにはどのような特徴がありますか。

 

マックス まず一つ目の特徴としては、アジアのヘッジファンドは、全体的に市場が非効率的で、規模も小さく、発展途上にありますので、良いパフォーマンスを生み出しやすい環境に身を置いていると捉えています。規模が小さいということは、ファンド間の競争が少なく、収益機会が多いということを意味します。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京・福岡で開催!

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛&トランプ時代のマーケット展望

 

中島 運用する側からすれば、プロが少ないほうが市場が非効率で裁定機会に恵まれるということですね。

 

マックス 同時に、それゆえのリスクを伴っています。

 

全般的に見れば、アジアのヘッジファンドは、グローバルヘッジファンドよりも良いパフォーマンスを上げています。我々は2000年からアジアのヘッジファンドに投資をしてきましたので、現在で15年になります。興味深いのは、グローバルヘッジファンドは、相対的にパフォーマンスが低い傾向にあり、どれも同じような動きをし、価格変動の相関性が高いです。例えば、アメリカのどのヘッジファンドも、収益率の分散は、大体4~8%のレンジに収まるので、非常に小さいです。

 

一方、アジアのヘッジファンドの収益率の分散は、非常に大きいです。ですから、ゴテックスのような(数あるファンドから良いファンドを選別する専門知識がある)会社には、ベンチマークを上回る運用成果を生み出す機会が広がります。

高度なデューデリが必要となる小規模ファンドへの投資

マックス 二つ目の特徴は、アジアのヘッジファンド市場は発展途上ということもあり、サイズの小さい小回りの利くマネージャーにチャンスがあるということです。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京・福岡で開催!

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛&トランプ時代のマーケット展望

 

一般的にヘッジファンドに限らず、あまりに大きな金額を運用するファンドは、大きなリターンを得ることが難しくなります。そのため、もし収益機会を最大化しようと考えるのであれば、運用規模が2億米ドル(約240億円)といった、より小さなファンドに投資する必要があります。しかし、小規模なファンドに投資することは、高度なデューデリジェンス(適正評価手続き)のスキルと経験が必要です。数多くのヘッジファンドが、生まれては消え、を繰り返してきているのを、我々はずっと見てきました。そういった小さなファンドに投資するリスクを考えて、投資家は経験豊富なゴテックスを訪ねてくるのです。

本稿は、個人的な見解を述べたもので、GOTEXおよびNWBとしての公式見解ではない点、ご留意ください。

ゴテックス・ファンド・マネジメント マネージング・ダイレクター

86億米ドルをグローバルに運用するゴテックス・ファンド・マネジメントの共同創業者であり、取締役を務める傍ら、香港を拠点にゴテックスのアジア部門を統括。1998年にゴテックスに参画する前はニューヨークのベア・スターンズ社で債券デリバティブズ・ヘッジ・ファンド部門に在籍。20年以上に及ぶヘッジファンド投資の他に投資運用業、IT・テクノロジー関連、不動産、飲食業等へのPE投資・バイアウトを手掛けた経験を持つ。バージニア大学卒業。

著者紹介

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB) CEO

東京大学卒。
1980年、日本長期信用銀行(現 新生銀行)に入行。在職中にボストン大学経営大学院留学。米国勤務を経て、金融商品開発部、頭取秘書、商品開発室長を歴任。
1998年、ゴールドマンサックス証券東京支店に入社、金融商品開発業務に長年従事、特に証券化・流動化業務に注力。政府系金融機関の証券化アドバイザーを歴任。
2004年にマネックス証券入社。CEO室長、戦略事業部長等を経て、取締役へ。2008年から中国事業を担当し、香港のBoom証券買収を主導、2011年、Monex International 会長に就任、Boom証券取締役を兼務。2013年6月、マネックスグループ常務執行役員並びにマネックス証券常務執行役員を退任後、Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(ニッポン・ウェルス・リミテッド・リストリクティド・ライセンス・バンク/日本ウェルス)にてCEOを務める。
WEBサイト https://jp.www.nipponwealth.com/

著者紹介

連載アジア最大級のヘッジファンド運用会社トップに聞く「香港ヘッジファンド最新事情」

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年04月08日(土)
内容

・トランプ大統領誕生!2017年のマーケット展望

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年04月16日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 アクロス福岡 6F 608会議室
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年05月13日(土)
内容

・トランプ大統領誕生!2017年のマーケット展望

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧