アジア経済の中心は東京・シンガポールではなく「香港」である

アジア最大級のヘッジファンド運用会社として知られるGOTEX(ゴテックス)。同社がアジア拠点を置くのは香港だが、なぜ香港なのか、そしてアジアのヘッジファンドの特徴などをマネージング・ダイレクターのマックス・ゴットシャルク氏に語っていただいた。聞き手は、日系資本の香港現地銀行として5月に開業したニッポン・ウェルス・バンク(NWB)の中島努CEOである。

香港とシンガポールの最大の違いとは?

中島 私の理解ではヘッジファンド業界において、香港はアジア地域のハブとなっています。プライム・ブローカレッジサービス一つ取っても、東京より香港のほうが規模が大きいことで知られています。東京やシンガポールに先んじて、香港が躍進している理由をどのようにお考えですか。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京/名古屋/福岡/神戸で開催!

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望/他

 

マックス ビジネスの中心地を選ぶ際には、まず、財政、法制度を見なければなりませんよね。香港は、資産運用の拠点として知られているシンガポールと同様、税率が低く、法制度面での透明性の高い地域です。香港とシンガポールの最大の違いは、香港があらゆる面で中国に近いという点です。

 

多くの投資家が、今、中国にアクセスしたがっています。香港、上海、北京、深圳のそれぞれを、独立した地域として捉えたときに、香港は、最も国際色豊かです。というのは、上海や北京、深圳の財政、法制度が今でもまだ中国国内法に支配されており、改革途中であるのに対して、香港には、イギリス統治時代に培われたしっかりとした法的インフラが残っているので、中国にアクセスするのに有利な条件が整っているといえます。

 

また、おそらく2、3年以内に、中国は国内の資本規制を緩めるでしょう。それにより、多くの中国内外の資本が、香港を経由して流れていくものと思われます。まさに、絶好のビジネスチャンスだといえます。

 

グローバル投資家が運用する株式ポートフォリオに中国株が占める割合はせいぜい5%と相対的に少ないですが、資本市場の規模で見たとき、中国は世界で二番目に大きい株式市場を持っています。運用拠点としては徐々に上海も台頭してきていますが、現状は香港の方が総合面で中国本土へ投資する足掛かりが整っていると言えるでしょう。

中国→外国、外国→中国への資本はいずれも香港経由

中島 香港は、中国本土へのゲートウエイということですね。

 

マックス 基本的に、資本の流れは二通りあります。香港を経由して中国へ流れる外国資本と、香港を経由して外国へ流れる中国資本です。ゲートウェイという意味で香港が好んで使われるのには、台湾まで1時間、北京、シンガポール、東京まで3~5時間と地理的な優位性も影響しています。シンガポールは、どちらかと言えばプライベート・バンキングといった業種のイメージが強く、香港は多様なファンドマネージャーが群雄割拠する金融センターというイメージです。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京/名古屋/福岡/神戸で開催!

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望/他

 

中島 たとえるなら、ボストンがシンガポール、ニューヨークが香港ということですね。

 

マックス うまいたとえですね。
 

本稿は、個人的な見解を述べたもので、GOTEXおよびNWBとしての公式見解ではない点、ご留意ください。

「香港」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「ヘッジファンド」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載アジア最大級のヘッジファンド運用会社トップに聞く「香港ヘッジファンド最新事情」

ゴテックス・ファンド・マネジメント マネージング・ダイレクター

86億米ドルをグローバルに運用するゴテックス・ファンド・マネジメントの共同創業者であり、取締役を務める傍ら、香港を拠点にゴテックスのアジア部門を統括。1998年にゴテックスに参画する前はニューヨークのベア・スターンズ社で債券デリバティブズ・ヘッジ・ファンド部門に在籍。20年以上に及ぶヘッジファンド投資の他に投資運用業、IT・テクノロジー関連、不動産、飲食業等へのPE投資・バイアウトを手掛けた経験を持つ。バージニア大学卒業。

著者紹介

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB) CEO

東京大学卒。
1980年、日本長期信用銀行(現 新生銀行)に入行。在職中にボストン大学経営大学院留学。米国勤務を経て、金融商品開発部、頭取秘書、商品開発室長を歴任。
1998年、ゴールドマンサックス証券東京支店に入社、金融商品開発業務に長年従事、特に証券化・流動化業務に注力。政府系金融機関の証券化アドバイザーを歴任。
2004年にマネックス証券入社。CEO室長、戦略事業部長等を経て、取締役へ。2008年から中国事業を担当し、香港のBoom証券買収を主導、2011年、Monex International 会長に就任、Boom証券取締役を兼務。2013年6月、マネックスグループ常務執行役員並びにマネックス証券常務執行役員を退任後、Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(ニッポン・ウェルス・リミテッド・リストリクティド・ライセンス・バンク/日本ウェルス)にてCEOを務める。
WEBサイト https://jp.www.nipponwealth.com/

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧