「富女子」になれる人、なれない人――決定的な違いとは?

前回は、銀行がお金を貸すときに「重視するポイント」を紹介しました。今回は、「富女子」になれる人、なれない人の決定的な違いについて見ていきます。

「好きな仕事=稼げる仕事」ではないことを理解する

前回の続きです。もう一つ転職で大切なのは、稼げる仕事を選ぶことです。20代の多くの女性にありがちなのは、「好きなことを仕事にしたい」「やりがいのある仕事を見つけたい」という視点で仕事を選んでしまうことです。

 

これに反対するつもりはありませんが、富女子への道が遠くなってしまいます。好きな仕事をしているからといって稼げるわけではないのです。逆に、稼げる仕事をしていると、やりがいを感じたり、好きになったりするものです。

 

つまり、「稼げる仕事をする→評価される→満足する→仕事を好きになる」という思考が富女子になるためには必要なのです。多くの女性は発想が逆になっています。

 

お金を稼げる仕事として、リストを作りましたので、もし、これから仕事を選ぼうとか、転職を目指そうという方は参考にしてください。

 

【図 給料の高い職種】

「山の裾野をぐるぐる回っている」と将来が見えない!?

なぜ、一生懸命やっているのに富女子になれないか何となく「一生懸命仕事をしている人」に考えてほしいことがあります。それは、自分がやっている仕事の先に、未来が見えているかどうか、ということです。

 

よく「一生懸命働けば、お金持ちになれる」「努力は報われる」と言いますが、本当でしょうか。ただ一生懸命に働いていれば、いずれは富女子になれるのでしょうか。残念ながら答えはNOです。

 

そもそも今の日本では、一生懸命に働いていない人、努力をしていない人を見つけることのほうが難しいと思います。大企業の社長だって、コンビニエンスストアの店員さんだって、繁華街の片隅でギターを弾いている人だって、みんなまじめに働いています。

 

では、お金持ちになっている人と、そうではない人と何が違うのでしょうか。その違いとは、「努力の方向性を見極められているかどうか」ということです。

 

多くの人が間違えているのは、本来富士山に登頂するのなら、一生懸命上を目指して登らないといけないのに、なぜか裾野をぐるぐると回っている、ということです。

 

今、自分がやっている方向の先に何が見えるか―ぜひ一度立ち止まって検証してみてください。もし先(将来)が見えないとすれば、すでに頂上に辿りついている人にアドバイスをもらいましょう。一緒に走っている人に聞いても、なかなか良い知恵は出てこないものです。

本連載は、2015年3月24日刊行の書籍『富女子宣言 20代女子が5年で1000万円貯める方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載5年で1000万円貯金――「富女子」になるための貯蓄術

株式会社ワイズアカデミー 代表取締役社長

金融、投資コンサルタント。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。株式会社ワイズアカデミー代表取締役社長。大学卒業後、日本生命に入社。若くして部長職に就任し、さまざまな投資を経験。独立後、20代女性を中心にした「投資会」を立ち上げ、現在も「20代女性が5年で1000万円を貯める」をテーマに講演会を開催し、その他、クレジット会社、不動産会社、エステ、レストランなど多角的に事業を展開している。

著者紹介

富女子宣言

富女子宣言

永田 雄三

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて女性は結婚をして専業主婦になれば、「貧困」と呼べる状況に陥ることはまずありませんでした。 しかし、時代は変わりました。男性に頼らずに自分でお金を貯め、運用し、資産を築くための知識・ノウハウが、いま女性に求…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧