その他 エトセトラ
連載元気なうちに準備する「自分の死後」の手続き【第5回】

遺言を確実に実行したい――「公正証書遺言」の作成方法

公正証書遺言

遺言を確実に実行したい――「公正証書遺言」の作成方法

今回は、自分が亡き後に、遺言を法的に確実に実行できる「公正証書遺言」の作成方法について解説します。※本連載は、行政書士・尾久陽子氏の著書『定年直前から死んだあとまで。お金の手続きがすべてわかる本』(主婦と生活社)の中から一部を抜粋し、元気なうちに準備しておきたい「自分の死後」の手続きについて解説していきます。

「公正証書遺言」を作成するメリットとは?

「自筆証書遺言」はいつでもどこでも、費用をかけずに自分で作成できるのがメリットですが、記載内容の不備により無効になってしまったり、遺言書の偽造などが疑われ、相続の争いの種をまいてしまうことがあります。また、遺言書そのものが発見されないことも心配です。

 

一方、「公正証書遺言」は費用がかかりますが、公証役場という公的な場で、法律の専門家である公証人によって公文書が作成されるため、後日無効になりにくく、確実に遺言が実現できます。

 

特に相続財産に不動産があったり、相続でもめることが予想されるなど確実性を求めたいときは、積極的に作成することをおすすめします。

遺言書案の作成を「専門家に依頼」することも可能

【公正証書遺言を作成する流れ】

 

①事前予約……公証役場に電話をして、相談日時を予約します。

 

②相談……必要書類を持参して、公証人に遺言書の内容を相談します。

 

③原案の作成……公証人が公正証書遺言の原案を作成します。原案は、郵送、ファックス、メールなど希望の方法で送ってくれます。内容を確認したら、公正証書遺言の作成日時を予約します。手数料がいくらかかるかこの時点で確認しておきましょう。

 

④公正証書遺言の作成……予約日時に証人2人とともに公証役場に出向きます。公証人から改めて遺言内容の確認があり、遺言書を読み合わせします。内容を確認したら、遺言者と証人それぞれが、遺言書の原本に署名・押印します。印鑑登録証明書と実印を忘れずに持参しましょう。

 

病気などで公証役場に出向くことが難しいときは、公証人に自宅や病院まで出張してもらい、遺言を作成することもできます。公正証書遺言の手数料は現金で支払います。料金は、遺言に記載する財産が500万円を超え1000万円以下の場合は1万7000円+遺言加算1万1000円+遺言書の枚数に応じた手数料加算などで、驚くような高額なものではありません。手数料は相続財産額などによって異なるので、公証役場に問い合わせましょう。

 

⑤遺言書の保管……完成した公正証書遺言は、原本・正本・謄本の3部が作成され、原本は公証役場が保管します。万が一、遺言書を紛失した場合も、全国の公証役場で遺言を検索することができ、謄本を再発行してもらうことができます。

 

〈公正証書遺言作成の必要書類〉
●遺言者本人の印鑑登録証明書(発行後3カ月以内のもの)

●本人と相続人の名前が記載されている戸籍謄本

●相続人以外の人に遺贈する場合はその住民票

●不動産登記簿謄本と固定資産評価証明書(遺言の内容に土地・建物がある場合)
 ※不動産登記簿謄本は最寄りの法務局、固定資産評価証明書は都税事務所または市区町村役場の固定資産税課で取得できる。

●相続させたい財産の情報がわかるもの(預金通帳のコピーなど)

●遺言の証人2人の住民票 など

 

公正証書遺言が完成するまでには、公証人との打ち合わせが必要ですが、これを弁護士などの専門家に依頼したうえで、公正証書遺言作成時には証人になってもらうこともできます。

 

なお、「秘密証書遺言」は遺言者が内容を知られたくない場合のものですが、実際にはほとんど使われていないのが現状です。

尾久 陽子

おぎゅう行政書士事務所・おぎゅう居宅介護支援事務所 代表

行政書士。一般社団法人キャリア35代表理事。ファイナンシャル・プランナー。「表現と家族をサポート」をモットーに、遺言や遺産分割協議書の作成だけにとどまらず、本人、家族の思いを実現する生活・キャリアに密着した総合的な支援を行っている。監修者として『トクする相続超入門ガイド』(主婦と生活社)、共著に『くらしの相続Q&A』(新日本法規出版)、『印鑑の基礎知識』(きんざい)、『好きを仕事に!』(ビーケイシー)などがある。

著者紹介

連載元気なうちに準備する「自分の死後」の手続き

定年直前から死んだ後まで。お金の手続きがすべてわかる本

定年直前から死んだ後まで。お金の手続きがすべてわかる本

尾久 陽子

主婦と生活社

定年目前のあなたに贈る、これからのお金の手続きを流れに沿ってまとめた60歳からのマネーガイドブックです。親からの贈与や相続、自分の死後に関することまで、退職後の半生に関わる「お金」の手続きをまとめてご紹介します。…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest