免疫力を活性化!? 「身体を温める」行為が大事な理由

前回は、1年のうちでもっとも「免疫力が低下」する季節とその理由について説明しました。今回は、免疫力を活性化させる上で「身体を温める」行為が大事な理由について見ていきます。

全身の免疫の約6割を腸内環境が担っている!?

私たちの身体は、体温が高いほど免疫力が活性化します。

 

がんの治療法に「温熱療法」というものがありますが、これはがん細胞が高温に弱いという性質を利用したものです。逆に身体が冷えて体温が下がると、免疫力は低下します。全身の免疫の約6割を腸が担っているのですから、冷えることは腸管免疫を低下させてしまうことにつながります。

 

免疫力を高めるには、「温めること」がまず大事。特に腸のあるお腹を温めることは、腸管免疫力を上げるので、身体全体の免疫力を効率よく高めることにつながります。

 

温めるといえば、もっとも身近な方法は「入浴」です。日本人は熱めのお湯にさっと入って出る、いわゆる〝カラスの行水〟が好きな人も多いようですが、お腹を芯から温めるのなら、39~40℃程度のぬるめのお湯にゆっくり入るのがポイントです。

「温め効果」がよりアップするマッサージのコツ

のぼせてしまう心配がある人は、みぞおちまでお湯を張って浸かる半身浴が良いでしょう。さらに、入浴中やお風呂上がりに、お腹をマッサージすると温め効果がよりアップします。

 

また、腸の動きも良くなるので便秘解消にもつながり、そのことによって腸の中がきれいになるので、免疫力がより高まりやすい環境になります。

 

簡単なマッサージの方法を一つ紹介しましょう。

 

手のひらをお腹に当て、おへそを中心に時計回りに20回程度さするというものです。何回かさすっていると、腸が動き始めて、ゴロゴロとお腹が鳴る人もいるかもしれません。

 

ぎゅうぎゅうと強い力で押すのではなく、手のひらを軽く当てるようにして動かすのがコツです。

本連載は、2016年2月27日刊行の書籍『健康寿命を10年延ばす 免疫力の高め方』から抜粋したものです。記載内容は予防医学の観点からの見解、研究の報告であり、治療法などの効能効果や安全性を保証するものではございません。

医療法人社団明医会小田クリニック 院長

医療法人社団明医進会小田クリニック院長。昭和29年、戦時中に中国に渡った両親のもとに生まれ、父は小児科医、母は薬剤師という環境で育つ。東京の同仁病院副院長を務めた後、平成9年に医療法人社団医進会を設立して理事長に就任。かねてより研究してきた、がんの免疫治療を国内でいち早く臨床に応用するほか、独自に細胞培地を開発しNKM免疫療法を確立した。現在は、がんの超早期発見を掲げ、NKM免疫療法を中心に予防医療を実践。再生医療分野である幹細胞の基礎研究と臨床応用にも取り組んでいる。

著者紹介

連載健康寿命を10年延ばすための「食事と生活習慣」

健康寿命を10年延ばす 免疫力の高め方

健康寿命を10年延ばす 免疫力の高め方

小田 治範

幻冬舎メディアコンサルティング

ストレスや運動不足、タバコに偏食……。免疫力は年とともに下がるだけでなく、日常生活の行動も低下の要因となります。今や日本人の健康は免疫力に左右されていると言っても過言ではありません。本書では、予防医学の観点から…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧