不動産 国内不動産
連載公務員にしかできない不動産投資術【最終回】

パートナーとして選びたい「人生設計まで考えてくれる」不動産会社

公務員不動産投資住宅ローン

パートナーとして選びたい「人生設計まで考えてくれる」不動産会社

前回は、パートナーとなる不動産会社を選ぶ際の2つのポイントについて説明しました。今回は、パートナーとして選びたい「人生設計まで考えてくれる」不動産会社について見ていきます。

「一括借り上げ契約」をおすすめできない理由

人生設計の提案としては、このような例もありました。

 

その物件は、前回の例と同じ杉並区にある築17年の中古アパートでした。価格は7300万円。購入検討者は、ほかの不動産会社からこの物件を提案されたものの、どうしても踏ん切りがつかず悩んでいるということで、私たちの会社へ相談に来ました。

 

悩む理由は、現在の管理会社と結んでいる一括借り上げ契約を解約できないからでした。一括借り上げ契約とは、管理会社がオーナーから1棟丸ごと借り上げて、入居者に転貸することです。

 

オーナーにとっては、空室の心配がなくなるというメリットがあります。しかし、私たちの会社では一括借り上げ契約をお薦めしていません。詳しくは後述しますが、どう考えてもオーナー側に不利になる契約内容となるからです。

 

今回の例では、一括借り上げ契約後に売却したら、新しいオーナーにその契約は引き継がれるという内容になっていました。つまり、その物件を購入したら管理会社の選択肢は一つしかないということです。

 

多くの購入希望者は、抵抗を感じるでしょう。一括借り上げ契約を結ぶと、家賃設定の決定権は管理会社が握ることになります。この物件の場合は、数年ごとに家賃が下がっている状況でした。

 

購入検討者は、キャッシュで物件を買う予定でした。ローン返済がないため、多少利回りが低い物件でも問題ないとのこと。それでも当時の家賃での利回りは約6%。検討者としてはぎりぎりのラインでした。しかし、一括借り上げ契約が残っている限り、さらに家賃を下げられ、利回りが悪くなる可能性がある。そこで悩んでしまっていたのです。

「子どもに資産を残したい」購入希望者への提案とは?

私は、まずその購入希望者の投資をはじめる理由をじっくり聞くことからはじめました。利回り6%にこだわる理由を知りたかったのです。すると6%はあくまで相場からはじき出した数字で、本当にこだわっているのは「子どもに資産を残したい」ということだとわかってきました。

 

ご子息の年齢を聞くと23歳の大学4年生とのこと。そこで私はピンと来て提案しました。「一括借り上げ契約が満了になるのは平成36年です。ご子息は32歳になっています。その時点で納得できる利回りでなければ、取り壊してご子息の新居を建てたらいかがですか?」。

 

その物件は、閑静な住宅地にありました。杉並区ではトップクラスの高級住宅地です。しかも斜め向かいには小学校が―。まさに子育てには最高の立地だったのです。子どものためを思っての投資だったのに、今はまだ存在しない孫のことまで考えてくれるとはと、この提案に購入希望者は非常に共感してくれ、すんなりご契約となりました。

 

売り主が一般人の場合、全国ほとんどの不動産会社でその物件の仲介が可能です。もし、気になる物件があるのだけれど、紹介してくれた不動産会社が人生設計までフォローしてくれないということであれば、この例のように信頼できるほかの会社を見つけて相談すればいいでしょう。

本連載は、2016年5月27日刊行の書籍『世界一わかりやすい「公務員」の不動産投資術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

今川 博貴

株式会社TonTon 代表取締役

1985年生まれ。通信関連会社に勤務した後、ファッションブランドを立ち上げ、若くして独立。その後、より深く社会のことを勉強するために広告代理店の営業マンになり、数多くの案件に関わる。その際、不動産投資のおもしろさに魅了され、2013年に不動産の売買などを扱う株式会社TonTonを設立。

著者紹介

連載公務員にしかできない不動産投資術

世界一わかりやすい「公務員」の不動産投資術

世界一わかりやすい「公務員」の不動産投資術

今川 博貴

幻冬舎メディアコンサルティング

世間一般ではリストラや減給のない理想的な職業と思われがちな「公務員」。 だが「分限免職」という形でのクビが存在し、10年前と比べると給与は大幅に減少しているのが現実だ。そんな窮地から彼らを救うのが「不動産投資」で…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest