不動産 国内不動産
連載自然素材を使った快適な住まいの作り方【第4回】

「都市部の乾燥化」時代に求められる建物の環境改善

自然素材湿度環境

「都市部の乾燥化」時代に求められる建物の環境改善

前回は、マンションの建築に「新建材」が用いられてきた時代背景について説明しました。今回は、「都市部の乾燥化」時代に求められる建物の環境改善について見ていきます。

乾燥は都市化による「保水力」の低下が原因!?

自然素材の調湿性は梅雨時や加湿のしすぎなど、湿度が多い環境下では効果を発揮します。しかし、冬場の乾燥には若干チカラ不足です。今でこそ加湿器がありますし、一昔前は「ストーブにヤカン」で加湿できました。しかし、常に人が操作をしないことには快適な暮らしは実現できないのでしょうか。

 

2012年2月3日付の朝日新聞の記事にこのような内容の記事がありました。気象庁が持っている最も古いデータ、1876年1月の東京都心の平均湿度は78%。1950年代でも50%台後半から70%代が大半をしめるというのです。

 

この記事によると、乾燥してきた背景には都市化による「保水力」の低下があるとしています。緑地が減ったことで雨が降った後に水分をとどめられる土地が少なくなり、土や植物から空気中へ出て行く水分も減ってしまったのです。

 

また新聞では地球温暖化やヒートアイランド現象によって、都市部の気温が当時よりも上がったことも乾燥してきた背景だとしています。現在の東京都心の冬場といえば乾燥が特徴です。2011年12月から2012年1月に、歴代3位の記録となる35日間連続の乾燥注意報が出るとともに、過去最低となる平均湿度36%を記録しています。

 

つまり、明治初期まで東京都心の冬といえども湿度は今よりもずっと高く、「乾燥注意報」が出されるような気候ではなかったのです。私たちの会社で東京全体の湿度を上げることはできませんし、いまさら都市化が進んだ社会をリセットすることは不可能でしょう。

「微気候」を整えることで湿度の高い環境を実現

しかし、エコヴィレッジでは建物周囲の小さなエリアでの湿度環境を改善することに取り組んでいます。例えば、建物の周りには土の部分をたくさん設け高木から中低木、地被類などの様々な植物を植えています。

 

さらに、菜園を設けたり、池を作ったり、屋上を緑化したり、コンクリートで埋めてしまうのではなく、できるだけ自然環境に近づけ、敷地全体の保水力を高めようとしています。

 

このようにして、冬場といえども少しは湿度の高い環境を取り戻せるのではないか。この記事に出合い、思いを新たにするとともに改めて微気候の大切さを確信しました。

 

微気候とは地球規模から見たらほんのわずかな面積での気候のことを言います。緯度や経度に左右される気候を変えることはできませんが、建物周囲の小さな世界で細かく環境を整え、夏も含めた微気候を整えることが住む人に快適さをもたらす。そのことは、比較的早い段階で私たちの会社は実証してきました。

 

実際、自然素材を用いたエコヴィレッジシリーズでは、まだ少し乾燥側によることもありますが、概ね適正範囲内の湿度を保つことができるようになってきています。

本連載は、2014年3月20日刊行の書籍『なぜ新築マンションには自然素材が使われないのか』から抜粋したものです。その後の法制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

鈴木 雄二

株式会社リブラン 代表取締役

1967年、東京生まれ。株式会社大京にて分譲マンション事業用地の仕入を担当。その後、1992年、株式会社リブランへ入社し、2002年、同社代表取締役に就任する。マーケットシェアを奪い合う分譲マンション業界で、同業他社とは同じ土俵で勝負しない経営スタイルを堅持。24時間、音楽漬けを可能とするマンション「ミュージション」の分譲、賃貸事業を行い、新たなマーケットの創造を行う。

著者紹介

連載自然素材を使った快適な住まいの作り方

なぜ新築マンションには自然素材が使われないのか

なぜ新築マンションには自然素材が使われないのか

鈴木 雄二

幻冬舎メディアコンサルティング

注文住宅や、中古住宅のフルリフォームでは、当たり前に使われる、無垢フローリングや、珪藻土塗りの壁などの自然素材。 しかし、新築マンションだけが調湿効果の少ない合板フローリングやビニールクロスなどの新建材で作られ…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest