その他 健康
連載こころとからだを整えるカンタン呼吸法【第8回】

重心の置き方がポイントになる「正しい立ち方」

呼吸法背骨猫背

重心の置き方がポイントになる「正しい立ち方」

前回は、正しい姿勢のために必要な「肩甲骨を外に開く」意識について解説しました。今回は、重心の置き方がポイントになる「正しい立ち方」について見ていきます。

「重心の傾き」が姿勢・歩行に悪影響を及ぼす!?

ここでは正しい姿勢、中でも「正しい立ち方」について考えていきます。「立つ」という姿勢で大切なことは「安定性」と「疲れにくさ」の2点です。逆にいうと、正しく立っていれば、どこにも負荷はかからず、安定さと疲れにくさの両方が得られるはずです。正しく立つために、大切なポイントは次の通りです。

 

① 「首固定」をする。
② 「肩甲骨を外に開く」ことを心がける。
③ 前に出ているあごを引き、丸まった胸椎を整える(猫背やストレートネックの改善に
つながる)。
④ 重心をかかとと母趾球(ぼしきゅう)に置くことを意識する。

 

特に④について、詳しくお話ししてみましょう。立つときに重心をどこに置くかというのは、非常に大きな問題です。本来は、重心が内くるぶしの下(足裏のかかと寄り)にくることが理想です。けれども近年、重心がつま先へと傾いている人が増えています。重心がつま先に移ると、「ハムストリングス」(太ももの裏にある筋肉)や内転筋など、足の裏側や内側の筋肉が使われにくくなります。

 

すると、姿勢は悪化し、歩行にも悪い影響が及ぶことになります。重心がつま先に傾く理由にはさまざまなことが考えられます。まず、背骨のカーブが大きくなっていることが挙げられます。また猫背の場合も、重心がつま先になりがちです。猫背であごが前に出ると、頭が前へつき出ることになり、重心がつま先へと傾いてしまうのです。

 

腰を反りすぎている場合も同様です。お腹が前につき出る姿勢になり、重心がつま先へと傾くことになります。普段は「重心」について考えることはなかなかないかもしれませんが、「つま先」ではなく、なるべく「内側」を意識してください。

 

難しい場合は、まずは両足の向きを真正面にすることから心がけるようにしましょう。がに股や内股になっていると、足と仙骨は連動しているため、仙骨の角度が変わってしまいます。さらに、膝も不自然な向きになるため、軟骨がすり減り、悪くなってしまいます。足先の方向を整えるだけでも、仙骨の位置を正すことができるのです。

 

さらに、「気功」の思想では「立ち方」を重要視しています。気功にはさまざまな流派や、鍛錬の種類があります。中でもよく知られている気功のひとつに「站椿功(たんとうこう)」という気功があります。これは、「ひたすら立つ」という気功の種類です。「正
しく立つ」というだけで鍛錬になるのですから、「立つ」ことがいかに大事な姿勢であるか、おわかりいただけることでしょう。

 

[図表1] 正しい立ち方

正しく立つための「站椿功」の基本動作

「站椿功」の「站」とは「立つ」、「椿」とは「杭」を表しています。つまり「地面に打ち込まれた杭のように立ち続ける鍛錬」という意味になります。武術関係では「立禅」とも呼ばれ、基本の修行方法とされています。「站椿功」の基本的な行い方は、次の通りです。

 

【「站椿功」の行い方】
① 肩幅を基準にして、自然に楽な歩幅で立つ。膝と腰をゆるめ、背骨を伸ばす。膝をゆ
るめたとき、お尻を後ろにつき出す姿勢(出っ尻)にならないよう気をつける。「高い
椅子に腰かけること」をイメージしながら、腰を少し落とします。

 

② 大きな気のボールを両手で抱きかかえるように連想します。(見えないゴム風船や大きな木を抱くような気持ちで)。あごを引いて、頭は空から引っ張られるようイメージする(「自分は、ハンガーにかけたられた洋服だ」と想像します)。 

         

③腕や肩の力を抜く。気のボールに手をのせるよう、また脇の下に卵を挟むようイメージする。手首や指の間もゆるめます。
※ 最初は膝が震えたり、姿勢を長く保つのが難しいですが慣れると、下半身が安定します。

 

④ 収功を行います。(気功が終わったとき、日常の意識に戻るために行う動作のこと)。手の動きとともに、気のボールがだんだん小さくなるようにイメージし、最後は両手を重ねて丹田(下腹部)におさめます。

 

初心者は、まず「5分間立つ」ことを目標にして、少しずつ時間を長くしていきましょう(30分間立つことができるようになると、相当な鍛錬になります)。立ち終わると、爽快感があり、気力がみなぎります。ただし、無理に立ち続けることはやめましょう。気分が悪くなったりしたら、すぐに中止してください。

 

「站椿功」の行い方については詳しく述べましたが、基本をひとことでいうと「頭のてっぺんを天から糸でつられたようにして(これで中心軸ができます)、腰幅で膝をゆるめて立つ」ということです。もちろん、この立ち方をすぐにマスターしようとあせることはありません。

 

長年の学校教育の中で「気をつけ」の姿勢になじみ親しんできた人にとっては、難しく感じられても当然でしょう。少しずつでよいので、正しい立ち方を身につけていきましょう。

 

[図表2] 站椿功(たんとうこう)の方法

本連載は、2016年2月28日刊行の書籍『1日3分で医者いらず こころとからだを整える「呼吸法」』から抜粋したものです。記載内容は予防医学等の観点からの見解、研究の報告であり、治療法などの効能効果や安全性を保証するものではございません。

丸山 浩然

医療法人東海 理事長

医療法人東海理事長。医療法人コジマ会ジャパン藤脳クリニック脳神経外科医師。医学博士。愛知県名古屋市出身。1986年藤田保健衛生大学医学部卒。脳神経外科を専門とし、全般、特に脊髄から末梢神経まで詳しく精通している。介護老人保健施設の運営を通じ、近年は脳卒中予防の観点から糖尿病や高血圧症等、生活習慣病も扱っている。また、東洋的な思想を取り入れ、気功や瞑想などを様々な病気の治療に活用、産業医としてさまざまな疾患に対する気功の効果を独自に研究している。

著者紹介

連載こころとからだを整えるカンタン呼吸法

1日3分で医者いらずこころとからだを整える「呼吸法」

1日3分で医者いらずこころとからだを整える「呼吸法」

丸山 浩然

幻冬舎メディアコンサルティング

頭痛、肩こり、不眠、イライラなどの不定愁訴は、ホルモンバランスの乱れや環境ストレス、精神的ストレスなどにより、自律神経のバランスが崩ることで発症するといわれています。その解決のカギともいえるのが、理論に基づいた…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest