その他 健康
連載こころとからだを整えるカンタン呼吸法【第6回】

いわゆる「首固定」から得られる健康上のメリットとは?

呼吸法背骨猫背

いわゆる「首固定」から得られる健康上のメリットとは?

前回は、からだによい影響を与える「正しい背筋の伸ばし方」について解説しました。今回は、「首固定」が体におよぼすさまざまなメリットについて見ていきます。

全体の軸が安定する「正しいあごの引き方」とは?

姿勢を正すために、ここでは首について見ていきます。首というのは、からだの中でも負担がかかりやすい部位のひとつです。細い部位ではありますが、重たい頭を支えてくれています。

 

また首にはさまざまな筋肉が集中していて、重要な働きを担っています。首に集まっている筋肉の名前を挙げてみましょう。有名なものとしては、「僧帽筋」(筋肉の上層)、「頭板状筋」「肩甲挙筋」「菱形筋」(下層の筋肉)、「胸鎖乳突筋」「中斜角筋」などがあります。

 

難しい名称はさておき、首にこれだけ多くの筋肉が集まっているということは、重く見ておくべきです。なぜならこれらの筋肉は、肩や腕にまでつながっているからです。つまり、首に無駄な緊張や負担がかかっていると、つながっている筋肉にまで悪影響が及び、肩や腕にまで負担がかかっていくことになるのです。

 

首の使い方については「あごを引きなさい」ということが、昔からよくいわれてきました。けれども実際のところ、「あごを正しく引く」という動きは誤解をされやすいようです。正しいあごの引き方を、解剖学的な視点から説明します。

 

【正しいあごの引き方】
① 真っすぐ正面を見て頭全体を後ろに引きます。
② 胸椎の中ほど、つまり背中の一番後ろに張り出しているあたりを、胸側にへこませます。
③ ②の動きのあとは、両肩が上がりやすいので、下に下ろすようにイメージしましょう。

 

【正しくないあごの引き方の例】
・うなずくような、あごの引き方。
・首を前に倒して、あごの先を喉に押し付けているような引き方。
(視界が狭まり、喉もつまる)

 

このように、あごを正しく引けた状態を、「首固定」と呼ぶ専門家がいます。これは、厳密にいうと「首の後ろを固定する」という意味です。首固定ができているということは、からだ全体の軸がしっかりとできているわけですから、姿勢に揺るぎない安定感が出てきます。

大きな筋肉を使って呼吸をするために・・・

自動車を運転する人にとって、わかりやすいたとえを挙げてみましょう。運転中に急ブレーキをかけたとき、多くの人が後頭部を座席に押し付け、両腕を突っ張ってハンドルを押すことでしょう。そのときの姿勢が「首固定」です。それがもっとも安全な姿勢であると、からだは本能的にわかっているのです。

 

このような首固定の姿勢が普段から身についていると、首の可動域(動かせる範囲)に変化が出てきます。変化といっても「可動域が広くなる」のではありません。「可動域が狭くなる」のです。「可動域が狭くなる」というと「よくない変化」と感じる人がいるかもしれません。ところが、首の可動域については狭いほうがよいのです。

 

「可動域が狭くなる」(首を回せる範囲が狭くなる)ということは、代わりに首の強度が強くなることを意味します。首固定を行うと、頭が正しい位置に移動する点も大きなメリットです。頭は重い部位です。これを首から背骨が受け止めているわけですが、首固定によって頭の位置が正しく整えられると、頸部の筋肉への負担は軽くなります。

 

さらには、首からの影響を受けやすい肩や腕の筋肉の緊張も、解けていくことになります。また首固定を行うと、呼吸時に使う筋肉の部位がよいほうへと変わります。首を前に出した悪い姿勢の場合、からだの前面にある胸とお腹の筋肉が優先して使われることになります。けれども首固定ができたよい姿勢の場合、からだの後ろ面にある背中の筋肉が優先して使われるようになるのです。

 

人体を輪切りにしてみると、一般的に背中の筋肉は腹部の筋肉の約3倍の量になっています。科学的には「少ない筋肉を使って呼吸をするより、大きな筋肉を使って呼吸をするほうが効率がよい」という原則が解明されています。また、大きい筋肉を使うほうが消費カロリーも多くなり、ダイエット効果も高まります。

 

さらに、首固定ができていると、上半身に軸ができます。ためしに、正座をした状態から立ち上がるとき、首固定を意識して行うと、立ち上がる動作が楽に、スムースになります。首と肩の力がよい具合に抜けているため、スッと立ち上がれるのです。

 

ぜひ、実際に比べてみてください。首固定の効果がわかるはずです。

本連載は、2016年2月28日刊行の書籍『1日3分で医者いらず こころとからだを整える「呼吸法」』から抜粋したものです。記載内容は予防医学の観点からの見解、研究の報告であり、治療法などの効能効果や安全性を保証するものではございません。

丸山 浩然

医療法人東海 理事長

医療法人東海理事長。医療法人コジマ会ジャパン藤脳クリニック脳神経外科医師。医学博士。愛知県名古屋市出身。1986年藤田保健衛生大学医学部卒。脳神経外科を専門とし、全般、特に脊髄から末梢神経まで詳しく精通している。介護老人保健施設の運営を通じ、近年は脳卒中予防の観点から糖尿病や高血圧症等、生活習慣病も扱っている。また、東洋的な思想を取り入れ、気功や瞑想などを様々な病気の治療に活用、産業医としてさまざまな疾患に対する気功の効果を独自に研究している。

著者紹介

連載こころとからだを整えるカンタン呼吸法

1日3分で医者いらずこころとからだを整える「呼吸法」

1日3分で医者いらずこころとからだを整える「呼吸法」

丸山 浩然

幻冬舎メディアコンサルティング

頭痛、肩こり、不眠、イライラなどの不定愁訴は、ホルモンバランスの乱れや環境ストレス、精神的ストレスなどにより、自律神経のバランスが崩ることで発症するといわれています。その解決のカギともいえるのが、理論に基づいた…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest