その他 エトセトラ
連載預金封鎖――日本人が知っておくべき最悪のシナリオ【第6回】

赤字国債の多量発行と、国内消化率の高さにみる日本の問題点

預金封鎖財政赤字国債

赤字国債の多量発行と、国内消化率の高さにみる日本の問題点

今回は、赤字国債を多量に発行し、国内でそれを消化している現状から伺える日本の問題を見ていきます。※本連載では、元通産省官僚で現在は国際弁護士として活躍する石角完爾氏の著書、『預金封鎖』(きこ書房)の中から一部を抜粋し、著者が想定した「最悪のシナリオ」を通じ、日本の危機的状況を考察します。

9割以上が国内で消化される日本国債

政府に騙されやすい国民の割合が低い国は、先進国ではオーストラリアである。オーストラリア国民の国債保有率は16%にすぎない。75%は外国人が持っている。

 

政府に騙されないことにかけては、フランス人もイタリア人も負けてない。フランス国債の60%は外国人が持っており、イタリア国債は、50%は外国人が持っている。

 

ところが日本国債の外国人保有率は8・4%にすぎず、アメリカ政府が日本国債を保有する割合は、その8・4%のうちほとんどないといっていい。

 

日本政府はアメリカに脅されて大量のアメリカ国債を買い、今度はその日本政府が一番騙されやすい日本国民を騙して、大量の国債を国民に買わせているという構図。つまり、一番ババを引くのは日本国民。

インフレ率・金利・発行総量で決まる米国債の価格

アメリカが外国政府に命じて買わせているので、アメリカ国債は、約35%は外国人が買っている。その35%のうち、日本国が5分の1を持っている。

 

アメリカ国債の価格は、3つの要素で決まってくる。インフレ(物価上昇)、金利、そして今までの国債発行総量である。

 

まず、インフレについて見てみよう。国債の償還金額は固定され、利付き国債の利率も固定されているため、インフレが起きたり、金利が上がったりした場合には、国債は全く魅力のない投資対象となる。

 

国債も金利を上げないと、見向きもされない。

 

もちろん、あまりにも大量に国債が出回っていると、返済に不安が生じるので誰にも買われない。買われないということは、つまり価格が下がるということであり、発行金利が上がるということである。

 

アメリカ国債の利回り、すなわちアメリカ国債を買った場合に買い手が受け取る利益率は、アメリカの民間人が銀行から借りるローンの金利に連動している。一般にアメリカ国債の長期金利という場合、30年もののアメリカ国債の利回りが指標になる。

 

アメリカ政府は、国民にもっとお金を使わせ税収を上げるためにローンの金利を下げる必要があり、そのためには国債の利回りを下げなければならなかった。

「国債=安全」と国民に向けて喧伝

日米の政府が使っている手口を紹介しよう。

 

国債の利回りが低いのに大量の国債を発行する。そして、それを売りさばくのに日本政府は、2つの方法を使う。詐術と強迫である。

 

詐術とは、「国債以上に安全な資産はない」と国民を欺くことである。「国が保障しているから安全だ」と国民の頭を洗脳する。世界で国債がデフォルト(債務不履行)したニュースは、「あの国だからデフォルトした」と自国の国債の安全性の宣伝に使う。

 

強迫とは、間接脅迫方法を使い、国は銀行や生命保険会社、日本年金機構、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険に命じて国債を買わせるのである。

 

国の命令に一番従うのはその国の中央銀行だから、中央銀行に命じて大量に国債を買わせるのである。日銀が大量の国債を買っているのは、そのためだ。

 

【図表 日銀の国債保有残高】

 

 

アメリカの中央銀行も日銀に負けていない。2007年はわずかに750億ドル(1ドル=120円換算で9兆円)だったものが、2013年時点で1兆7000億ドル(204兆円)のアメリカ国債を保有する。

 

かくして、詐術と強迫に弱い国民が多い国ほど国債の国内消化率が高くなるという現象が起こる。世界の先進国では日本がその筆頭だ。

 

もし詐術と強迫を使わないとどうなるだろう。国は利回りの低い国債は売れないから国債の利回りが上がる。ローンの金利も上がるので住宅ローンの金利も上がる。アメリカの消費者はローンを組みにくくなる。その結果、以前より消費にお金を使わなくなり、国は税収を上げられなくなる。

 

グリーンスパンのFRB議長在任期間中に、アメリカは世界最大の債権国から世界最大の債務国へと転落した。その最大の原因は、アメリカ国債の大量の発行である。1966年、グリーンスパンはいみじくも次のように述べている。

 

「赤字国債を発行するということは、国家が国民からその富を収奪するのと同じである」

本連載は、2015年10月21日刊行の書籍『預金封鎖』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

石角 完爾

千代田国際経営法律事務所 代表弁護士

京都大学在学中に国家公務員上級試験、司法試験に合格。同大学を主席で卒業後、通商産業省(現・経済産業省)を経て弁護士に。ハーバード大学ロースクール修士号取得、ペンシルバニア大学証券法修士課程終了。1978 年ハーバード大学法学校博士課程合格。ニューヨーク、ウォールストリートの法律事務所シャーマン・アンド・スターリングを経て、現在、東京の千代田国際経営法律事務所所長、代表弁護士。ベルリンのレイドン・イシズミ法律事務所代表。国際弁護士としてアメリカ、ヨーロッパを中心にM&Aのサポートなどで数多くの実績がある。
2007 年、難関の試験を経てユダヤ教に改宗し、ユダヤ人となる。
米国認定教育コンサルタント。ヨーロッパ在住。
著書に『ユダヤ式WHY思考法』(日本能率協会マネジメントセンター)、『ファイナル・カウントダウン』(KADOKAWA)、『日本人の知らないユダヤ人』(小学館)、『ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集』(集英社)などがある。

【著者エージェント】
アップルシード・エージェンシー
http://www.appleseed.co.jp/

著者紹介

連載預金封鎖――日本人が知っておくべき最悪のシナリオ

預金封鎖

預金封鎖

石角 完爾

きこ書房

政府負債額(GDP比)ギリシャ172%、日本246%――日本人が知っておくべき最悪のシナリオ! 各国の預金封鎖の歴史から、私たちは何を学ぶべきか? 本書の狙いの一つは、現在の経済システムの被害者を1人でも救うためにノアの箱舟を…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest