税金 節税
連載スゴい「節税」【第12回】

減価償却の「定率法」とは?

減価償却定率法

減価償却の「定率法」とは?

前回は減価償却の計算方法には、「定額法」と「定率法」の2種類があること、そして「定額法」の概要を説明しました。今回は「定率法」について見ていきましょう。

毎年一定割合で減価償却費が減る「定率法」

減価償却のもうひとつの計算方法が「定率法」です。

 

定額法は毎年同じ金額を減価償却費としますが、定率法は減価償却費が毎年一定の割合で減っていきます。定額法でも定率法でも、結果的には取得金額の全額を、耐用年数の期間内で償却費にすることになりますが、定額法は「毎年2万ずつ」だったけど、定率法だと「最初の年には4万円、翌年は3万円、翌々年は2万円・・・・・」と減っていくのです。これは、取得したものによって違います。
 
たとえば、取得時からどんどん価値が落ちていきやすいと考えられるものなどに適用すると有利になります。耐用年数が終わりに近づいてくると、定額法に切り替わり、あまり減らなくなるのですが、最初の数年はどんどん償却費ができるわけです。

初年度に大きな金額を償却したい場合は定率法

1998年以降に取得した建物、無形固定資産は「定額法」を使うという規定がありますが、ほかのものについては、どちらで償却するかは会社が決めればいいことになっています。
 
売上が伸びているのであれば、早めに経費として償却し、その分、利益を抑えることができますから、通常は定率法を採用します。しかし創業間もないときとか、利益を出すことを優先する場合には、毎年同額ずつを償却する定額法でもかまいません。
 
一般的には、購入した初年度に、なるべく大きな金額をまとめて償却して、経費にしてしまいたいと思うでしょうから、そういう場合は「定率法」にしたほうがいいと思います。

次回は、会社も社員も得する出張手当の使い方についてご紹介します。

本連載は、2012年12月19日刊行の書籍『スゴい「節税」』から抜粋したものです。その後の税制改正は反映されておりませんので、ご留意ください。

GTAC

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

連載スゴい「節税」

スゴい「節税」

スゴい「節税」

編著 GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

増税、デフレ、円高不況・・・。中小企業が日本の厳しい経済環境を乗り切るには、いかに売上を伸ばすかということ以上に、今ある利益をいかに残すかに注目することが必要でした。その解決策は節税にアリ。「日々の交際費でコツ…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest