不動産 国内不動産 資産形成
連載不動産投資で長期安定収益を得る「13のテクニック」【第18回】

「実効賃料」をもとに家賃を戦略的に下げていく方法

賃貸マンション家賃実効賃料

「実効賃料」をもとに家賃を戦略的に下げていく方法

前回は、小さな設備投資で物件価値と競争力を高める方法を紹介しました。今回は、「実効賃料」をもとに、家賃を戦略的に下げていく方法を見ていきます。

適正家賃の判断に有効な「実効賃料」

素早く適正家賃に修正することで、稼働率を最大化して空室損失を減らし、EGI(実効総収入)を上昇させる手法もあります。家賃を戦略的に値下げすることで空室率を下げ、収益をアップできるという考え方です。

 

その場合にオーナーの頭を悩ませるのは、「家賃を下げる方法がベストなのか」「いくら下げるべきなのか」「いつ下げればいいのか」といったことでしょう。こうした疑問は数値で見ることで客観的に判断し、具体的な行動に移ることができます。たとえば、次の二択ではどうでしょう。

 

「すぐ家賃を下げて早く入居を決めたほうが得策なのか」

「家賃を下げずに粘って入居を決めたほうが得策なのか」

 

この場合、「実効賃料」で検証すれば判断が容易になります。実効賃料とは、空室損失や賃料差異を差し引いて実際に回収した家賃収入を指します。

 

下記図表のキャッシュフローツリーのEGIにほぼ該当すると理解していただけるといいでしょう(雑収入や未回収損は考慮していません)。

 

[図表]キャッシュフローツリー

 

この実効賃料をベースに、同じ条件で経営手法の異なる三パターンを比較してみます。

 

<とくに対策をしなかった場合>

 

家賃:10万円

平均入居期間:3年空室期間:6か月(次の入居者が決まるまでの期間)

実効賃料:10万円×36か月÷(36か月+6か月)≒8万6000円

 

入居者募集に6か月を要していますが、粘った甲斐あって、家賃を下げることなく10万円で成約できたことに満足するかもしれません。しかし、6か月分の空室損失を加味した実効賃料は8万6000円となり、1万4000円の値下げをして貸したのと同じ状況といえます。

 

<テナント・リテンションと空室対策を実施した場合>

 

家賃:10万円

平均入居期間:5年

空室期間:2か月

実効賃料:10万円×60か月÷(60か月+2か月)≒9万7000円

 

退去の抑制対策によって平均入居期間が5年に延び、空室対策によって空室期間が2か月に短縮しました。こうして入居者回転率が下がり、さらに空室期間も短くなれば、成約時の家賃が同じ10万円のままであっても、前者と比べて実効賃料は1万1000円もプラスになります。

 

仮に空室期間6か月のままで、平均入居期間が5年に延びた場合の実効賃料は、≒9万1000円で5000円のプラス(テナント・リテンションのみ実施の場合)となります。平均入居期間3年のままで、空室期間が2か月に短縮した場合の実効賃料は≒9万5000円で9000円のプラス(空室対策のみ実施の場合)です。

 

こうしてみると、それぞれ改善効果が現れています。

 

<家賃を値下げした場合>

 

家賃:9万5000円

平均入居期間:3年

空室期間:1か月

実効賃料:9万5000円×36か月÷(36か月+1か月)≒9万2000円

 

この場合は家賃を値下げしているので、感覚的に損をしているように思います。しかし実際には、とくに対策をしなかった場合よりも実効賃料が6000円も増えています。何もせずに空室期間をダラダラと引き延ばすよりも、家賃をさっと下げて(適正家賃に修正して)、入居を1日でも早く決めるほうが得策だということです。

空室期間が「長く続いた後」に家賃を下げるのはNG

家賃が下がるということは物件価値が低下していることの裏返しですから、再投資によって物件価値と競争力をもう一度引き上げるのが望ましい空室対策です。しかし再投資の資金が不足している場合、こうして家賃を適正価格に戦略的に修正することで、損失を最小限に食い止めることも可能なのです。

 

いずれにせよ、空室期間が長く続いたあとに家賃の値下げを実施すると二重苦に陥るため、一番やってはいけない経営判断です。

 

同じマンションでも数値分析を行って最善策を講じれば、結果は必ず変わってきます。頭の中で悩むのではなく、数値分析で効果を客観的に把握しながら、どうすればEGIを最も拡大できるのかを考えた対策を講じるといいでしょう。

本連載は、2015年12月10日刊行の書籍『入居希望者が殺到する驚異の0円賃貸スキーム』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

池田 建学

株式会社ツインライフ 専務取締役

1977年大阪市生まれ。12年間、大手デベロッパー・ハウスメーカーの最前線で商業ビルの開発や分譲マンションオーナーの経営コンサルティングに従事。後、そのノウハウを賃貸マンション管理業界に持ち込み「0円賃貸スキーム」を開発する。それまでに磨き上げてきたプロパティマネジメントと融合させ、独自の賃貸物件管理手法を構築。所有と経営を分離化する経営代行管理システムで、賃貸物件の収益力を改善。収益力の低い物件を持つ悩めるオーナーたちから相談を受け、多くの不動産物件の収益改善を実現しながら「0円賃貸」を使った集客力の高い新たなスキームを業界に打ち出している。自身も賃貸物件を複数所有しており、「キャッシュフローを最大化する」満室経営を実践している。

著者紹介

連載不動産投資で長期安定収益を得る「13のテクニック」

入居希望者が殺到する驚異の0円賃貸スキーム

入居希望者が殺到する驚異の0円賃貸スキーム

池田 建学

幻冬舎メディアコンサルティング

大家が抱える最も悩ましいリスクは空室だが、これまで賃貸不動産で客付けをしようと思えば、「家賃を下げる」「リノベーションなどをして付加価値をつける」「広告料を仲介会社に多く払う」方法しかありませんでした。 にもか…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest