「しまむら」の成長を支えるパート社員――育成の秘訣とは? 

前回は、しまむらの高収益を支える「仕入型ビジネス」の事例を解説しました。今回も引き続き、しまむらの事例から、パート社員がなぜ優秀なのか、従業員を育てるそのシステムについて見ていきます。

パート率が80%を超える「しまむら」

しまむらの運営の大きな特徴に「パート率の高さ」があります。もともと流通業界は他業界に比べてパート比率が高いですが、しまむらは80%超と突出しています。ただし、これは人件費削減を狙ったものではありません。

 

しまむらの社長いわく「優秀な人材を採用したら、たまたま主婦層のパートが多くなっただけ」と。地方都市の小商圏という立地のために、働き手の募集で集まったのが主婦層だったようです。

 

しまむらのパート社員をさらに優秀にしているのが、待遇面の良さです。しまむらではパート社員にも勤務評定があり、ボーナスや退職金が支給されるなど正社員との待遇格差を極力少なくする配慮がなされています。

 

これは「顧客や株主より従業員を第一の優先順位に置く」という、しまむらの理念に基づいています。パートも正社員も区別なく、それぞれの機能を分担することで、各人の能力が最大限に発揮されるのです。

実態に即した「マニュアル」で日々の業務が改善

パートを戦力として活用するためには、マニュアルでの管理が有効です。マニュアルを徹底することでパート社員への教育が行き届き、質を一定レベル以上に保つことができます。

 

しまむらのマニュアルは毎月更新され、3年経つと内容がまったく違うものになっていることもあります。随時アップデートしていくことで実態に即したマニュアルとなり、日々の業務がより良いものに改善されていくのです。

 

こうして大切に育てられたパート社員の中からは、正規雇用されて店長を任される者も出てきます。しまむらの店長の6割近くはパート出身者です。パートやアルバイトというと「短期雇用」「使い捨て」というイメージがありますが、しまむらではむしろ逆です。

 

「大事な戦力」「組織の構成員」という認識で育ててもらえるがゆえに、パート社員は会社への恩返しをしたくなります。彼らが「この会社のために役立ちたい。自分にもっとできることはないだろうか」と考え、自主的に行動することで、現場はより活性化していきます。

 

「人を育てること=会社を育てること」だということが、しまむらの例を見るとよく分かります。

本連載は、2015年7月30日刊行の書籍『低成長時代を生き抜く中小企業経営9カ条』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「事業再生」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載資金調達力・収益力を倍増させる「戦略会計」とは?

真下公認会計士事務所 所長

真下公認会計士事務所所長。公認会計士。税理士。埼玉県東松山市を基盤に、50年以上にわたって法人および個人の会計・税務業務に従事。現在も顧問先は500を超える。クライアントの永続発展を第一に、会計にとどまらず起業家支援やM&A業務、資産運用、経営革新支援など多岐にわたるノウハウで企業をサポートしている。埼玉県税理士会理事、公認会計士協会埼玉県会会長、日本公認会計士協会常務理事(6年)、日本公認会計士協会租税調査委員会委員長(3年)、日本公認会計士協会経営研究調査会委員長(3年)などを歴任。

著者紹介

低成長時代を生き抜く 中小企業経営9カ条

低成長時代を生き抜く 中小企業経営9カ条

真下 和男

幻冬舎メディアコンサルティング

経済成長や景気回復が報じられ、企業の倒産件数も減少傾向にあると言われるその裏で、休廃業・解散に追いこまれる企業の数が高止まりしている事実が隠されています。休廃業・解散は、経済状況悪化による事業継続困難という意味…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧