香港における投資商品の「クーリング・オフ」制度とは?

今回は、リーマン・ショックを契機に強化されてきた香港の投資家保護の制度のうち、「クーリング・オフ」制度について見ていきます。

非上場債券の一部もクーリング・オフの対象

前回・前々回は、香港の銀行の一部がリーマンショックでデフォルトを起こした「ミニボンド」と呼ばれる商品を数多くの個人投資家に販売をし、損失を与えたことを教訓にして、香港金融管理局(HKMA)と金融界が実行した投資家保護の強化策について見てきました。


これらの対策は2009年の初頭に正式に発表されましたが、その後も香港の金融業界はHKMAおよび証券先物取引委員会(SFC)と協調して、適合性原則に基づいて透明性が高く、かつ競争力のあるウェルスマネジメント・プライベートバンキングサービスを提供するための努力を続けてきました。本稿ではそうした中で導入された「クーリング・オフ」制度について見ていきます。


香港の一般顧客向け投資商品に関わるクーリング・オフ制度(Pre-Investment Cooling-off Period – PICOP)は、高齢者や仕組商品になじみのない顧客に対する投資家保護をより厚くすることを目的にしています。PICOPの主なポイントは以下の通りです。

 

<対象となる商品>
2011年にPICOPが導入された当初は、非上場のデリバティブ商品(仕組債、仕組預金等の仕組商品も含む)を対象としてスタートしましたが、その後以下のような特徴をもった非上場の債券もPICOPの対象に追加されました。


i) 満期日が延長される可能性のある債券
ii) 他の証券と交換することのできる債券
iii) 転換条件付きの債券
iv) 劣後債等

65歳という年齢がひとつの基準に

<対象となる顧客>
プロ投資家(Professional Investor)の基準(注)をクリアする顧客を除いた、一般の顧客の内、年齢と投資経験において以下のような条件に合致する顧客。


i) 65歳以上の顧客は原則PICOPの対象。ただし、購入をしようとしている商品の金額が顧客の金融資産総額の20%を超えず、かつ当該商品を以前に購入したことのある場合には、顧客からの申し入れがあれば、クーリングオフを免除することができる。
ii) 65歳未満の顧客は原則PICOPの対象外だが、購入をしようとしている商品の金額が顧客の金融資産総額の20%を超え、かつ当該商品の購入がはじめての場合にはPICOPの対象となる。

 

上記の基準に照らして対象となる取引に該当した場合には、販売する金融機関は顧客の投資適合性を確認した上で、対象商品を顧客に紹介した後、最低2日間のクーリングオフ期間を与えることが義務付けられています。従って、当該取引の具体的な価格等の取引条件が確定し、受注、そして注文執行を行うのは、クーリングオフ期間を過ぎてからとなります。

 

なお、香港では上記のPICOPの対象となる取引以外でも、65歳以上の顧客が投資商品の購入を検討する際に、金融機関による販売の場に、家族や知人を同席させる、または当該金融機関の非営業部門のスタッフを同席させることを要求する権利を認める、などにより、高齢者や投資経験の浅い顧客等を保護する工夫がなされています。

 

(注) 個人投資家の場合、投資運用資産の総額が800万香港ドル(1億2000万円強)を超えることを取引金融機関に証明することによりプロ投資家としての取り扱いを受けることが可能です。

本稿は、個人的な見解を述べたもので、NWBとしての公式見解ではない点、ご留意ください。

「香港」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外口座」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載知っておきたい「香港」金融サービス最新事情

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/日本ウェルス銀行) COO/CMO

Citigroup日本及び米国において証券・カストディ部門で様々な要職を歴任し、2001年からCitibankニューヨークにてプライベートバンク部門日本デスクのヘッドに就任。2004年、HSBCに移り、HSBC東京にてプライベートバンキング本部長就任。2009年よりHSBC香港でマネージングダイレクターとなり、プライベートバンク部門日本デスクヘッドに就任。30年以上に及ぶグローバルな金融機関での経験を経て、2013年11月より香港においてNippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(ニッポン・ウェルス・リミテッド・リストリクティド・ライセンス・バンク/日本ウェルス銀行)のCAOに就き、NWBのオペレーション全般のプロセスやプラットフォームの整備・開発に従事。2015年7月よりCMOに就き、2017年3月よりCOO兼任。上智大学卒。

WEBサイト https://jp.www.nipponwealth.com/

著者紹介

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年10月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年10月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年10月24日(火)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年10月24日(火)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月11日(土)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月11日(土)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

~【福岡会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月12日(日)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

※一部、予定項目を変更いたしました(2017/8/2)。

会場 アクロス福岡 6F 606会議室
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月12日(日)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 アクロス福岡 6F 606会議室
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【神戸会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

~【神戸会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月26日(日)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

※一部、予定項目を変更いたしました(2017/8/2)。

会場 三宮コンベンションセンター Room504
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【神戸会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月26日(日)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 三宮コンベンションセンター Room504

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧