ベトナム不動産を購入する際の「手順」と「注意点」とは?

今回は、ベトナム不動産を購入する際の手順と、その注意点を紹介します。※本連載は、I‐GLOCALグループ代表・蕪木優典氏と、弁護士・工藤拓人氏、實原享之氏、グェン・チュン・チャン氏による共著書籍、『これからのベトナムビジネス』(東方通信社)の中から一部を抜粋し、ベトナムの不動産市場の現状と最新のトレンドを紹介します。

ベトナム不動産の購入には「仲介会社」を通す必要がある

賃貸について説明する前に、物件の購入方法をまとめておきたい。まず購入時には物件探し、デポジット契約、売買契約、日本からベトナムへの送金、物件引き渡し、内装工事、権利証(ピンクブック)引き渡し、という流れになる。

 

購入自体は仲介会社を通さないといけない場合が多い。たとえばビンホームズあたりだと、各フロアを仲介会社がおさえていてそれを購入するという形になる。仮にそうでなかったとしても、売り手側の仲介会社を通さないといけない。

 

買い手側についてはニーズ次第だが、日系の仲介会社を挟むか、売り手に仲介がいるから物件だけしぼってもらって、そこにいくということであれば通訳だけつければいい。

 

デポジット契約が多いのも特徴だ。まずデポジット金を入れて、デポジット契約を結べば物件を押さえることができる。

 

あとは期限通りに支払いを進めていくだけだが、その途中で売買契約を結ぶ必要がある。その際には権利関係や平米数、保障条項などを絶対に確認しておくようにしたい。

 

売買契約の価格としては、物件自体の価格に加えて法律上、メンテナンス費が2%かかるほか、さらに付加価値税、すなわち消費税と似たような扱いとなるVATが10%つく。だいたいの送金スケジュールは、できあがっている物件であれば引き渡し時に95%、ピンクブック引き渡しのときに残り5%といった感じだ。

 

プレビルドの場合は、できあがるまでに2〜3カ月おきに5〜10%払っていくスケジュールになる。引き渡し時までに半額払い終わっており、引き渡し時に残りの45%を払い、ピンクブック引き渡し時に5%支払うという流れが一般的だ。

安い物件の場合、「内装設備が何もない」ことも

物件引き渡しは当然現物をその場で確認することが鉄則だが、とくに確認してほしいのは売買契約の内容のひとつでもあるが、どこまで設備がついてくるかということだ。

 

キッチン、バス、トイレに加えて壁紙までついてくる場合もあれば、そもそも何もない、空調はもちろんキッチンもない状態の価格で売買している場合もあるので注意してもらいたい。とりわけ安い物件の場合、内装が何もないから安いということもあるので要注意だ。

 

ちなみに内装工事については日系の業者がいくらでも現地に出ているし、不動産会社経由でローカル企業に依頼してもいいので、そう苦労することはないだろう。

蕪木 優典

I-GLOCAL(アイ・グローカル)グループ 代表

1972年生まれ。1994年慶応義塾大学経済学部卒業。1996年朝日監査法人(現あずさ監査法人)に入所。2000年アンダーセンベトナム(現KPMGベトナム)に出向し、以来、ベトナムでのビジネスに携わる。同年、日本人で初めてベトナム公認会計士試験に合格し、ベトナム公認会計士登録。2003年ベトナム初の日系資本会計事務所(現I‐GLOCALグループ)創業。2010年、カンボジア初の日系資本会計事務所創業。2011年カンボジア会計士協会に会計士登録。日本、ベトナム、カンボジアを行き来しながら「ワクワク経営」を実践中。

著者紹介

工藤 拓人

弁護士法人キャスト ホーチミン支店代表

1985年生まれ。弁護士法人キャストホーチミン支店代表。日本国弁護士(大阪弁護士会所属)、ベトナム登録外国弁護士。2008年東北大学法学部卒業。2010年神戸大学法科大学院卒業。2011年に弁護士登録し、弁護士法人キャストに参画以来、主に一般企業法務及び日系企業の中国・ベトナム事業の法務サポートを行う。2014年よりベトナムに赴任し、ベトナムにおける日系企業の設立・運営に関して契約書作成検討・労務・税関などの法務に広く携わる。

著者紹介

實原 享之

株式会社I-GLOCAL 代表取締役

公認会計士(米国/ベトナム/カンボジア)。神奈川県横須賀市出身。ベトナム・ホーチミン市在住。2007年神戸大学建設学科卒業。事業会社で営業と経理を経験後、2009年にI‐GLOCALに入社。2010年に日本人としては4人目、外国人として最年少でベトナム公認会計士試験合格。2012年よりベトナム現地法人であるI‐GLOCAL CO.,LTD.の社長に就任。2016年より現職。ベトナムに常駐し、ベトナム・カンボジアへの日系企業の進出とその後の経営管理全般を支援している。

著者紹介

チャン・グェン・チュン

株式会社I-GLOCAL 副社長

1980年生まれ。2000年ホーチミン市工科大学を中退し日本に留学。大阪大学大学院を卒業後、日本の大手ITベンダーを経て、2008年ベトナムに帰国。2009年I‐GLOCAL入社後、主に日系企業のベトナム進出をサポート。現在はI‐GLOCAL経営陣の一員として経営に携わりつつ、多数の日系企業のマネジメントも支援中。

著者紹介

連載ヒートアップする「ベトナム不動産市場」の現状

これからのベトナムビジネス

これからのベトナムビジネス

蕪木 優典・工藤 拓人・實原 享之・チャン・グェン・チュン

東方通信社

ベトナムはドイモイ政策、世界貿易機関(WTO)への加盟を経て、着実に経済成長を遂げ、今後はTPPへの加盟でますます成長するといわれています。現にピーターソン国際経済研究所の調査では、ベトナムの主要輸出品である衣料品の…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest