体や脳を育てる「伝統的な和食」の魅力

学力を支える基盤をつくるのは毎日の食事です。食習慣を見直すことで、学力不振に悩んでいた子が”大逆転”の結果を残すことも可能になるのです。本連載では、学力を支えるために大切な食材や栄養素について紹介します。

日本食は「成長途上の子ども」にこそおすすめ

ごはんに味噌汁、魚や野菜のおかずといった伝統的な和食が、健康にいいということは、知っている人も多いと思います。

 

中高年対象の健康診断の栄養指導でも、低脂肪でさっぱりした日本食がすすめられることが多いですから、日本食は「生活習慣病が気になる大人向けの食事」と思っている人もいるかもしれません。「子どもの舌には合わないようだし、そもそも食べない」と匙さじを投げてしまっている保護者はいませんか。

 

しかし大人だけでなく、成長途上の子どもにこそ、もっと食べてもらいたいのが日本食です。身体面でいえば20歳頃までは丈夫な骨や強い体をつくる基礎づくりの時期です。大事なときにけがや病気をせずに力を発揮できる体をつくるには、良質な栄養を十分に摂っておく必要があります。

いちばん影響力のある“薬”ともいえる食事

ところが最近の子は、中高生にもなるとスタイルや容姿が気になり始め、女子生徒を中心にダイエットを始める子が多くなります。食べる量を極端に減らしたり、一つの食品だけを食べ続ける「○○だけダイエット」など、誤った食事制限もよく見聞きします。

 

筆者が以前、「食と健康財団」の主催する「食と文化フォーラム」のコーディネーターを務めたときのことです。

 

そのときの講師は、エリカ・アンギャルさんというオーストラリアの女性でした。彼女はミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントで、本人もとても美しく、均整のとれたプロポーションの魅力的な女性でした。彼女がミス・ユニバース・ジャパンのファイナリストたちを次々と世に送り出してきたのです。

 

彼女はそのときの講演で、真の美しさの根本は食べ物であると強く訴えていました。

 

「賢く食べて内側からきれいになるのが本当のダイエットなのに、私が関わってきた若い女性たちは、みんな最初は“栄養の砂漠”状態でした。知識不足のまま、必要な栄養を断つダイエットをやっているんですね。とても危険なことです」

 

「近年流行りのダイエット法の多くは、西洋医学のカロリー摂取量に基づいたものです。ですが、西洋医学には食養生という概念がないのです。カロリー計算だけではビタミンやミネラルなど、人間に必要不可欠な栄養素をどう補うかという視点が欠落してしまいます。日本食のすばらしさを受け継いでほしいものです」

 

と警鐘を鳴らしていました。

 

彼女は『世界一の美女になるダイエット』(幻冬舎・2009年)の著者でもありますが、その著書でも「留学で日本に来て、まず思ったのは伝統食の素晴らしさでした。この栄養のバランスは世界一のビューティーフード。最高の化粧品と言っていいと思います」と日本食を称賛しています。

 

彼女の健康についての考え方、彼女はそれをフィロソフィ(哲学)と言っていましたが、それは次のようなものでした。

 

「健康な状態というのは、ただ病気をしていない状態であるというだけではありません。バイタリティやエネルギーに満ちあふれた最適な状態のことです。私たちを取り巻く環境(毎日の食事やライフスタイルなど)のほうが、私たちが親から受け継いだ遺伝子よりも、はるかに影響力があるのです」

 

「食事はいちばん影響力のある“薬”でもあります。健康的でバランスのとれたライフスタイルは極めて重要で、それは毎日の食事から始まります」

 

だから、もし中高生のお子さんがダイエットをしたいと言うなら「日本食を食べるとスリムになるよ。ミス・ユニバースの栄養コンサルタントも日本食を絶賛しているんだよ」と教えてあげてください。そして親子で食生活を切り替えていけばいいのです。

 

また身体面だけでなく学力という面でも、10代の頃の知的な成長は目覚ましいものがあります。

 

私自身も、中学を卒業したのに英語のbe動詞や、下手をするとアルファベットも怪しいという生徒を何人も見てきましたが、そういう子も学ぶ楽しさを知って夢中で学習に取り組むうちに、やがて難解な入試英語問題もすらすらと解答できるようになっていきます。スポンジに水が染み込むような若い人の吸収力には、すばらしいものがあります。

 

こういう時期にしっかり勉強して力を伸ばすには、やはり日本食がおすすめなのです。

本連載は、2015年11月26日刊行の書籍『学力は「食育」でつくられる。』から抜粋したものです。記載内容は予防医学の観点からの見解、研究の報告であり、治療法などの効能効果や安全性を保証するものではございません。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載食べ物の力で学力を伸ばす――頭が良くなる「食材」と「栄養素」

一般社団法人・日本青少年育成協会理事
食と健康財団副理事長
北海道健康医療フロンティア理事 

1940年札幌生まれ。
昭和60年(1985年)に札幌の中学浪人予備校が計画倒産し、中学浪人生が投げ出されたニュースに接し、その子どもたちを救おうと成績上位者から不登校や非行に陥った生徒に至るまでを対象とした中学浪人予備校「池上学院」を開校。2004年、学校法人池上学園「池上学院高等学校」開校。不登校や高校中退者を積極的に受け入れる。2009年、池上学院グローバルアカデミー専門学校開校。社会生活学科は全国唯一で発達障がい支援を必要とする若者たちを就労に結び付けている。また、学年、学力が異なるさまざまな生徒を広く全国から受け入れる総合学院として教育界における重責を担っている。
全国でも例を見ない「英語教師のためのプロ講座」はNHKで特番が組まれ話題を呼んだ。ラジオ、TV等での「池上公介のワンポイントイングリッシュ」は今もファンが多い。教育、食育の講演は全国で感動を呼んでいる。

著者紹介

学力は「食育」でつくられる。

学力は「食育」でつくられる。

池上 公介

幻冬舎メディアコンサルティング

勉強は「基礎が大事」と言われます。基礎がきちんとしていなければ、その上にいくら知識を積み上げても結局崩れてしまいます。同様に、学習に取り組む意欲や自己を律する自制心、困難に負けずに学び続ける気力・体力も大切です…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧