その他 経営戦略
連載飲食店の多店舗経営を成功させる資金調達のノウハウ【第1回】

銀行融資を受けられる企業、受けられない企業の違いとは?

新連載飲食店経営資金調達

銀行融資を受けられる企業、受けられない企業の違いとは?

本連載は、株式会社ビーワンフードの代表取締役で、公認会計士・税理士の廣瀬好伸氏の著書、『1店舗から多店舗展開 飲食店経営成功バイブル』(合同フォレスト)の中から一部を抜粋し、飲食店経営に欠かせない「銀行からの資金調達」について解説します。

それぞれ独自の「格付けシステム」を持っている銀行

5店舗を超えるお店を経営する規模になると、銀行からのプロパー融資を検討する機会も増えてくると思います。

 

なぜなら、信用保証協会の保証付き融資には限度があり、2、3店舗の展開であれば限度額内で収まるかもしれませんが、店舗数が増えれば、限度額以上の資金が必要になる人も増えてくるからです。

 

プロパー融資には信用保証協会のような限度額がなく、また、保証料を支払うこともありません。ただ、その代わり融資の審査は厳しく、経営状況などが良ければ有利な条件で融資を受けられますが、反対に状況が悪ければ、融資が受けられない、あるいは融資が受けられても返済条件や金利の条件が厳しいという場合もあるのです。

 

では、店舗や経営者の状況を、銀行はどのようなことで判断するのでしょうか。その目安となるのが、これからご紹介する12段階のランキングです。一般に「格付け」と呼ばれているもので、銀行に融資の申請をすると、基本的にはあなたの会社は12のランクのどこかに格付けされることになります。

 

これからご紹介するのは、筆者の会社が作成した銀行の格付けシステムのランキングです。銀行によって多少の違いはありますが、基本的にはこのような内容になっているはずです。

 

なぜ筆者の会社がオリジナルで作成しているのかというと、どの銀行も格付けの内容は原則非公開だからです。融資を申し込んだ本人でさえ、基本的には自分の会社がどのランクに格付けされたかを知ることはできません。

 

そこで、融資の行方をシミュレーションするために、銀行の会計監査に携わり、銀行本部とお付き合いした経験を生かしながら、よりリアルな格付けシミュレーションのできるシステムを構築したのです。

要注意先に格付けされた場合、融資を受けるのは難しい

格付けは、1から12まであり、1に近いほうが格付けは高く融資の条件が有利になります。これを銀行の立場で言い換えれば、1に近いほうがリスク(貸したお金が返って来ない)は低いということです。まず、格付け1から6までを見てみましょう(下記図表1参照)。

 

格付け1から3にランキングされれば、それは素晴らしいことですが、中小企業の場合、優良な企業は3に格付けされることはありますが、基本的には3までに格付けされることはほとんどなく、大抵は4から6の間に格付けされます。ここまでにランキングされれば、融資を受けることはできると思います。そして、格付けが高くなるほど融資の条件は基本的にはよくなります。

 

【図表1 銀行の格付け1~6】

 

次に格付け7から12です(図表2)。こちらにランキングされると、融資を受けるのはかなり厳しい状況です。これまでにお付き合いのある銀行であれば、格付け7でもぎりぎり融資してくれるかもしれませんが、新規でお付き合いをするような場合は、貸してもらえないと思ったほうがいいでしょう。

 

さらに、格付け8以降では、お付き合いのあった銀行でもほぼ貸してもらえません。銀行から融資を受けて資金調達することは、もはや不可能と考えたほうがいいでしょう。

 

【図表2 銀行の格付け7~12】

 

このことからも、銀行からの融資を考えるなら、格付けを1つでも上げることが大事だとおわかりいただけると思います。

 

そして、格付けを上げるには経営状況をできるだけよくすることです。その自覚をもって店舗をマネジメントしていくことがオーナーのみなさんには求められているのです。

本連載は、2015年11月20日刊行の書籍『1店舗から多店舗展開 飲食店経営成功バイブル』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

廣瀬 好伸

株式会社ビーワンフード 代表取締役
公認会計士・税理士 

兵庫県姫路市生まれ。
京都大学在学中に公認会計士試験に合格し、あずさ監査法人に入社。主に銀行の監査に従事し、銀行の融資ルールを実地で学ぶ。
その後起業し、その経験・ノウハウと公認会計士・税理士というノウハウで、飲食業に特化した「お金の専門家」として飲食店の成長をお金の面から支える株式会社ビーワンフードとベンチャー企業・中小企業の成長を税務面から支える「財務に強い」税理士法人ミライト・パートナーズを経営。
自らも飲食店を経営した経験があり、現場目線でのわかりやすい解説にも定評がある。
また、飲食店経営者・店長向けに「資金調達力アップ」「銀行融資のルール」「店長の数字力アップ」などのセミナー・研修を多く実施している。

著者紹介

連載飲食店の多店舗経営を成功させる資金調達のノウハウ

1店舗から多店舗展開 飲食店経営成功バイブル

1店舗から多店舗展開 飲食店経営成功バイブル

廣瀬 好伸

合同フォレスト

10年後まで生き残れる飲食店は、わずか1割!生き残るためには何が必要か。・いつも金策に走り回っている!・売上はソコソコなのにお金が貯まらない!・銀行の融資がなかなか通らない!こんな飲食店経営者に、財務と税務の両面…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest