不動産・遺言・信託と生命保険…相続対策で有利なのは?

前回は、生命保険を活用した相続税対策が多くの場面で有効である理由を説明しました。今回は、不動産・遺言・信託と生命保険を比較し、どちらがより相続対策として優れているかを見ていきます。

不動産は「分筆」、遺言は「争続」のリスクがある

生命保険金等は受取人の固有の財産ですので、遺産分割の対象外になります。それが争続を防ぐ手段となりますが、保険以外での対策はどうでしょう。

 

●相続人ごとに土地・建物を用意

 

不動産の場合、簡単に土地や建物を切って渡すということが難しいのは周知の事実です。誰が北側を相続するか、誰が道路側を相続するか、誰がこの建物を相続するか、誰がこの建物に住み続けるか。

 

アパートを建てた場合、誰が管理していくのか、本当に入居者は入るのか、さまざまな複雑な問題を抱え、そう簡単に分けることはできません。市販の地図などを見ると、窮屈な分筆の結果が見てとれます。

 

その点、生命保険は、「受取人」をしっかり指定すれば、受取人が単独行為で、保険金という「現金」または「保険契約そのもの」を受け取ることができます。誰の邪魔もされません。

 

遺産分割の対象にならないので、法定相続分の何分の1をAさん、何分の1をBさんというわずらわしい遺産分割をする必要もありません。生命保険として相続した分につき、相続税を支払えばそれで済みます。

 

●遺言書で分割を指示

 

遺言書によって親自らが遺産の行方を明記しておくということはある程度の効果をもたらします。しかし、遺言を書いたときとずっと同じ財産構成や思いが続くとも限らず、遺留分、寄与分、特別受益によって、遺言では抑えきれない財産の取り合いが起こってしまうこともあります。

 

遺言を書き直すとなると、また手数料が発生してしまいます。遺言書の作成は奨励されるべきではありますが、それだけですべてが解決できれば、「争続」が問題となることはないのです。

 

その点、生命保険は、財産に対して固有の権利を持つ「受取人」を、書類だけで簡単に、コストをかけずに、何度でも変更することができます。法人に名義を変えることも可能です。

手続きが複雑でコストもかかる「信託」

●信託

 

信託も最近ではよく活用されるようになりました。信託を活用することによって、誰が財産を所有し、誰がその財産を利用し、誰がその利益を享受するのか、設定することはできますが、手続きも非常に複雑で、専門家に支払うコストもかかり、一度設定してしまうと、容易に変更することができません。

 

生命保険の臨機応変さにはかないません。信託の法律は複雑で、そのことが逆に専門家のいいようにプランニングされる原因にもなっています。

本連載は、2014年10月3日刊行の書籍『相続税をゼロにする生命保険活用術』から抜粋したものです。
本連載資料は、一般的な生命保険活用スキームを示したものであり、データやスキームの正確性や将来性、投資元本の利回りや運用成果等を保証するものではありません。また、本連載は、2014年4月1日現在の法令等に基づいて作成しており、今後変更される可能性もあります。
個別の具体的な法令等の解釈については、税理士等の各専門家・行政機関等に必ずご確認いただくようお願いいたします。掲載されている保険商品のイメージ図につきましては、概算値を表示しています。各スキームの導入時は約款や契約概要、パンフレットを必ずご覧ください。

なお、本連載で示している「契約者」とは、保険料を支出する人で、契約の変更・解約などの権限を持っている人、「被保険者」とは、保険をかけられる人、その対象となる体を提供する人のことをいいます。

(注記)本来、相続税対策においては、保険をはじめとしてさまざまな金融商品・現物資産スキームを組み合わせての対策となりますが、本連載では効果をわかりやすく説明するために、最大限に生命保険を活用したかたちでケーススタディを掲載しています。

「生命保険」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続専用保険」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載相続税をゼロにする「生命保険活用術」

GTAC(ジータック)とは株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/

著者紹介

相続税をゼロにする 生命保険活用術

相続税をゼロにする 生命保険活用術

編著 GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

平成27年の税制改正を前に、各種メディアに溢れかえる相続税対策の数々。しかし主流である不動産を使った対策をはじめとして、どれもこれも導入に手間がかかるうえに、投資額を棄損するリスクが高いものばかりです。生命保険な…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧