税制改正・・・資産家にのしかかる「相続税負担」の実情

各種メディアに溢れかえる相続税対策の数々。その中でも生命保険なら、面倒な手続きや元本棄損のリスクとは無縁。新しい税制で相続税の課税対象となる人であれば、ほぼ確実に、保険契約を結ぶだけで税金ゼロにすることが可能です。本連載では、相続税をゼロにする「生命保険活用術」を説明します。

相続税の最高税率は、50%から55%に上昇

平成27年1月1日以降の相続税の増税が、平成25年度の税制改正によって決定しました。現行では、相続税の税率は最高で50%ですが、平成27年以降はさらに5%上がり、55%になります。これほどまでに高い税率は、たばこ税以外にはなかなかありません。

 

同時に基礎控除額も縮小されます。平成26年までは「5000万円+法定相続人1人につき1000万円」が基礎控除額となり、相続財産がその枠内に収まれば相続税は課されませんでした。

 

しかし改正後は「3000万円+法定相続人1人につき600万円」までと大幅に圧縮され、相続税の課税対象者は全国で約1.5倍に増えるという試算があります。地価の高い都心部に限れば、なんと約4倍です。

 

この増税を目前に控え、相続税の課税対象となる資産を持つ人は、なんとかして少しでも相続人の負担を減らしたいという思いをますます強くしています。それこそ、相続税など死んでも払いたくないというのが本音なのではないでしょうか。

 

[図表]相続税の最高税率アップと基礎控除圧縮

相続を控える人を悩ませる「3つの問題」

相続税をなんとか節税したい、という悩みをもう少し具体的にブレイクダウンしてみると、3つの大きな問題が見えてきます。それは「納税資金」「財産評価」、そして「遺産分割」の問題です。

 

●納税資金がない

 

まず「納税資金」についてですが、相続税は給与等の所得税とは異なり、現金に限って課税されるものではありません。

 

現金であればそこから差し引いて納税することも容易ですが、相続税は、自宅や賃貸不動産などから貴金属、書画骨董、美術品に至るまで、税法上、財産としての価値のあるものに課税されます。

 

現金をまったく相続していなくても、税金は現金によって納めなければならないため、相続人の状況によっては納税資金に困るという事態が生じるのです。

 

●所有する株や不動産などの評価が高い

 

納税資金に困ってしまうのは、そもそも相続財産の評価が高いからです。相続税は、相続税評価額をもとに算出されます。この相続税評価額は、資産の種類によってそれぞれ算出方法が決められています。

 

現金2000万円であれば、その2000万円がそのまま相続税評価額となるのですが、株や不動産の算出方法はそれほど単純ではなく、思わぬ高い評価額になってしまうこともあります。さらに、相続財産のうち現金の比率が低く、不動産や株などが多い場合、より納税資金に困ることになります。

 

●遺産の配分をめぐって「争続」の危険性がある

 

3つ目に問題となるのは、「争続」です。争うと相続の言葉をかけて、そう呼ばれています。このような造語が浸透していること自体、争いが多い証拠ともいえますが、実際、遺産分割による調停事件の申し立ては年間1万2000件以上というデータがあります(平成24年)。

 

節税に気をとられるあまり財産がうまく分割できず、相続人同士で遺産を取り合って調停にまで発展してしまい、家族関係にヒビを生じさせてしまうことはよくあります。

本連載は、2014年10月3日刊行の書籍『相続税をゼロにする生命保険活用術』から抜粋したものです。
本連載資料は、一般的な生命保険活用スキームを示したものであり、データやスキームの正確性や将来性、投資元本の利回りや運用成果等を保証するものではありません。また、本連載は、2014年4月1日現在の法令等に基づいて作成しており、今後変更される可能性もあります。
個別の具体的な法令等の解釈については、税理士等の各専門家・行政機関等に必ずご確認いただくようお願いいたします。掲載されている保険商品のイメージ図につきましては、概算値を表示しています。各スキームの導入時は約款や契約概要、パンフレットを必ずご覧ください。

なお、本連載で示している「契約者」とは、保険料を支出する人で、契約の変更・解約などの権限を持っている人、「被保険者」とは、保険をかけられる人、その対象となる体を提供する人のことをいいます。

(注記)本来、相続税対策においては、保険をはじめとしてさまざまな金融商品・現物資産スキームを組み合わせての対策となりますが、本連載では効果をわかりやすく説明するために、最大限に生命保険を活用したかたちでケーススタディを掲載しています。

「生命保険」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続専用保険」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載相続税をゼロにする「生命保険活用術」

GTAC(ジータック)とは株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/

著者紹介

相続税をゼロにする 生命保険活用術

相続税をゼロにする 生命保険活用術

編著 GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

平成27年の税制改正を前に、各種メディアに溢れかえる相続税対策の数々。しかし主流である不動産を使った対策をはじめとして、どれもこれも導入に手間がかかるうえに、投資額を棄損するリスクが高いものばかりです。生命保険な…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧