不動産 海外不動産
連載米国不動産投資の大本命―テキサス不動産の最新事情【第8回】

ITから宇宙・航空産業まで・・・世界的企業が本社を置くテキサス

ITから宇宙・航空産業まで・・・世界的企業が本社を置くテキサス

日本では「カウボーイ」のイメージが強いテキサスですが、実は、シェールガス関連からIT、そして宇宙・航空産業まで、多くの世界的企業がテキサスに本社を構えています。今回は、テキサス州の経済についてお伝えしていきます。

人口増加率は全米トップクラス

テキサス州は人口増加率でも現在、全米でトップクラスです。

 

[PR]東京/大阪/名古屋/福岡の4都市で開催!

無料セミナー『大本命 テキサス不動産投資』

 

例えば、2010年から2015年までの5年間で、アメリカの人口は3・9%増えました。人口の多い6つの州の中でも、フロリダの7・54%、カリフォルニアの4・85%に対し、テキサスは8・81%と最も高い伸びを見せているのです(図表1)。

【図表1 州別の人口増加率(2010~2015年)】

 

あるいは、全米の郡別に見た2010年から2015年までの人口増加率でも、トップ20にテキサス州の郡が9つも入っています。いずれも人口規模自体が大きく、いかにテキサス州の人口増加が多いかがわかります。

 

なお、テキサス州の人口のうち3分の2はヒューストンのような主要都市圏に住んでいおり、人種構成は白人が50%、ヒスパニック系が35%、黒人が11%となっています。

 

【図表2 テキサス州の人口密度マップ】

「ビジネスに適した州」として全米第2位にランクイン

テキサス州ではいまも牧畜が盛んですが、州を支えているのは農業だけではありません。

 

石油化学、エネルギー、コンピューター、電子工学、宇宙工学、バイオテクノロジーなどの産業が発達し、全米でもトップクラスの経済規模を誇っています。

 

例えば、1900年代初期からメキシコ湾や内陸部に油田が数多く発見されてきました。

 

現在、テキサス州には約50億バーレルの石油確認埋蔵量があり、アメリカ全体の約4分の1に相当します。天然ガスの生産量も高く、国内供給量の4分の1を占めています。

 

コノコフィリップス、エクソンモービル、ハリバートン、バレロおよびマラソン・オイルなどいくつかの石油会社がテキサス州に本社を置いているのも当然でしょう。

 

最近ではシェールガス、シェールオイルで有名ですし、再生可能エネルギーについてもテキサスは先進的な存在で、風力発電量はアメリカ最大です。

 

日本ではあまり知られていませんが、テキサス州の高等教育レベルは高く、州政府の豊富な資金力もあって、1980年代以降はハイテク産業が成長してきています。

 

その結果、デル、テキサス・インスツルメンツ、ペロー・システムズ、AT&Tなど世界的なIT関連企業がテキサス州に本社を置いており、オースティン周辺は「シリコンヒルズ」、ダラスの北エリアは「シリコンプレーリー」と呼ばれるほどです。

 

航空宇宙産業もテキサス州を代表する産業です。ヒューストン南東部にあるアメリカ航空宇宙局(NASA)のジョンソン宇宙センターはその中心のひとつです。また、全米第2位の面積規模を誇るダラス・フォートワース空港の周辺には、ロッキード・マーティンの宇宙工学事業部やベル・ヘリコプター・テキストロンなどの製造拠点がありますし、コンチネンタル航空、アメリカン航空、サウスウエスト航空などがテキサス州に本社を置いています。

 

そしてもうひとつ、忘れてならないのが自動車産業です。トヨタ自動車が2006年、サン・アントニオに工場を設け、北米向けのピックアップトラック「タンドラ」を年間20万台、製造しています。

 

このようにテキサス州には多くの企業が進出しており、「フォーチュン500」に入る企業数では全米のどの州よりも多くなっています。

 

また、企業に優しい州としてテキサス州は以前からトップランクを維持しています。

 

[PR]東京/大阪/名古屋/福岡の4都市で開催!

無料セミナー『大本命 テキサス不動産投資』

 

例えば、CNBCの「ビジネスに適した州ランキング」では第2位でした(図表3)。

 

【図表3 ビジネスに適した州ランキング】

ニック 市丸

リーバンズコーポレーション 会長

1953年生まれ。米国在住35年。カリフォルニア州を拠点に保険・証券・不動産・ファイナンシャルアドバイザーとしてキャリアを積み、2002年、ロサンゼルス郊外のトーランスにリーバンズコーポレーションを設立。豊富な不動産の販売・仲介・管理実績を持ち、米国居住者以外の信託活用法など、不動産保有にかかる関連アドバイスにも強みがある。

著者紹介

連載米国不動産投資の大本命―テキサス不動産の最新事情

大本命 テキサス不動産投資

大本命 テキサス不動産投資

ニック 市丸

幻冬舎メディアコンサルティング

抜群の安定性、手頃な価格、豊かな将来性……米国テキサスの不動産は、“世界最強"の投資対象だ! 海外不動産投資で失敗をしないためには、「成長性」「流動性」「透明性」「通貨力」そして「タックスメリット」というポイント…

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【出版記念セミナー】大本命 テキサス不動産投資

~成長性/流動性/透明性/通貨力から見るアメリカ不動産の優位性

講師 ニック 市丸氏
日時 2017年01月18日(水)
内容

※ニック・市丸氏著『大本命 テキサス不動産投資』(幻冬舎MC)の刊行を記念した

 出版記念セミナーです。

・透明かつ信頼性の高い米国不動産取引の仕組み

・インカムゲイン、キャピタルゲインがともに狙える米国不動産

・米国の中でもテキサスがなぜ狙い目なのか?

・1億円超の一棟物アパートから1000万円以下の物件まで最新情報を公開

・米国不動産の未来を変える「シェールガス革命」

書籍『大本命 テキサス不動産投資』(幻冬舎MC)の書籍情報はコチラ

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【大阪会場】本命 米国不動産投資(テキサス編)

~成長性/流動性/透明性/通貨力から見るアメリカ不動産の優位性

講師 ニック 市丸氏
日時 2017年03月05日(日)
内容

・透明かつ信頼性の高い米国不動産取引の仕組み

・インカムゲイン、キャピタルゲインがともに狙える米国不動産

・米国の中でもテキサスがなぜ狙い目なのか?

・1億円超の一棟物アパートから1000万円以下の物件まで最新情報を公開

・米国不動産の未来を変える「シェールガス革命」

会場 イオンコンパス 大阪駅前会議室 (大阪駅前第2ビル15階 Room B)
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【名古屋会場】本命 米国不動産投資(テキサス編)

~成長性/流動性/透明性/通貨力から見るアメリカ不動産の優位性

講師 ニック 市丸氏
日時 2017年03月12日(日)
内容

・透明かつ信頼性の高い米国不動産取引の仕組み

・インカムゲイン、キャピタルゲインがともに狙える米国不動産

・米国の中でもテキサスがなぜ狙い目なのか?

・1億円超の一棟物アパートから1000万円以下の物件まで最新情報を公開

・米国不動産の未来を変える「シェールガス革命」

会場 イオンコンパス 名古屋駅前会議室 Room A
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】本命 米国不動産投資(テキサス編)

~成長性/流動性/透明性/通貨力から見るアメリカ不動産の優位性

講師 ニック 市丸氏
日時 2017年04月16日(日)
内容

・透明かつ信頼性の高い米国不動産取引の仕組み

・インカムゲイン、キャピタルゲインがともに狙える米国不動産

・米国の中でもテキサスがなぜ狙い目なのか?

・1億円超の一棟物アパートから1000万円以下の物件まで最新情報を公開

・米国不動産の未来を変える「シェールガス革命」

会場 アクロス福岡 6F 608会議室

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest