不動産 海外不動産
連載米国不動産投資の大本命―テキサス不動産の最新事情【第3回】

米国の一般庶民でも購入しやすい「テキサス不動産」の価格

米国不動産テキサス不動産

米国の一般庶民でも購入しやすい「テキサス不動産」の価格

サンフランシスコではバブルとも言われるほど住宅価格が高騰している一方で、デトロイトは住宅価格の低迷と治安の悪化に悩まされています。今回は、金融危機のダメージを最小限に抑えて、安定的に成長をしているテキサス不動産の価格帯について見ていきます。

安定的に上昇しているテキサス州ダラスの住宅価格

もうひとつ、アメリカにはサブプライム・ショックやリーマン・ショックの影響をほとんど受けず、安定して不動産価格が上昇している地域や都市があります。

 

[PR]東京/大阪/名古屋/福岡の4都市で開催!

無料セミナー『大本命 テキサス不動産投資』

 

その典型がテキサスです。テキサスを代表する大都市のひとつであるダラスの住宅価格は、図表1のように、サブプライム・ショックの前もさほど価格が高騰しておらず、そのため結果的にダメージがほとんどありませんでした。そして2012年くらいからは着実に右肩上がりで上昇を続けていることがわかります。

 

【図表1 ダラスの住宅価格指数の推移】

「中間価格」から見えてくる各エリアの不動産マーケット

2016年第1四半期における、アメリカの大都市圏の既存住宅(1家族用)の中間価格のデータも挙げておきます(図表2)。

【図表2 大都市圏の既存住宅(1家族用)の中間価格(2016年第1四半期)】

「中間価格」というのは、全取引物件の価格を最低額から最高額まで並べ、その真ん中にある価格を指すものです。日本では「平均価格」をよく使いますが、ひとつだけ高額な物件があるとその価格に引っ張られて市場全体の動向がわかりにくくなります。そのため、アメリカでは「中間価格」が不動産市場の動向を示す指標としてよく使われます。

 

さて、中間価格が最も高いのは、カリフォルニア州のサン・ホセ地区で、1戸97万ドル(1億670万円、1ドル=110円換算。以下同じ)もします。ハワイ州のホノルル地区も72万1400ドル(7935万円)です。これが取引された中の真ん中なのですから、驚きます。アメリカでも中流クラスではとても手が出ません。

 

[PR]東京/大阪/名古屋/福岡の4都市で開催!

無料セミナー『大本命 テキサス不動産投資』

 

ちなみに、テキサス州の主要都市であるダラス、ヒューストン、サン・アントニオなどは20万ドル前後で、まだまだ一般庶民にも手が届きやすい水準であることがわかります。このように、同じアメリカの不動産市場といっても、現在はエリアによる違いが非常に大きくなっており、不動産投資を行う際には注意が必要です。

ニック 市丸

リーバンズコーポレーション 会長

1953年生まれ。米国在住35年。カリフォルニア州を拠点に保険・証券・不動産・ファイナンシャルアドバイザーとしてキャリアを積み、2002年、ロサンゼルス郊外のトーランスにリーバンズコーポレーションを設立。豊富な不動産の販売・仲介・管理実績を持ち、米国居住者以外の信託活用法など、不動産保有にかかる関連アドバイスにも強みがある。

著者紹介

連載米国不動産投資の大本命―テキサス不動産の最新事情

大本命 テキサス不動産投資

大本命 テキサス不動産投資

ニック 市丸

幻冬舎メディアコンサルティング

抜群の安定性、手頃な価格、豊かな将来性……米国テキサスの不動産は、“世界最強"の投資対象だ! 海外不動産投資で失敗をしないためには、「成長性」「流動性」「透明性」「通貨力」そして「タックスメリット」というポイント…

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【出版記念セミナー】大本命 テキサス不動産投資

~成長性/流動性/透明性/通貨力から見るアメリカ不動産の優位性

講師 ニック 市丸氏
日時 2017年01月18日(水)
内容

※ニック・市丸氏著『大本命 テキサス不動産投資』(幻冬舎MC)の刊行を記念した

 出版記念セミナーです。

・透明かつ信頼性の高い米国不動産取引の仕組み

・インカムゲイン、キャピタルゲインがともに狙える米国不動産

・米国の中でもテキサスがなぜ狙い目なのか?

・1億円超の一棟物アパートから1000万円以下の物件まで最新情報を公開

・米国不動産の未来を変える「シェールガス革命」

書籍『大本命 テキサス不動産投資』(幻冬舎MC)の書籍情報はコチラ

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【大阪会場】本命 米国不動産投資(テキサス編)

~成長性/流動性/透明性/通貨力から見るアメリカ不動産の優位性

講師 ニック 市丸氏
日時 2017年03月05日(日)
内容

・透明かつ信頼性の高い米国不動産取引の仕組み

・インカムゲイン、キャピタルゲインがともに狙える米国不動産

・米国の中でもテキサスがなぜ狙い目なのか?

・1億円超の一棟物アパートから1000万円以下の物件まで最新情報を公開

・米国不動産の未来を変える「シェールガス革命」

会場 イオンコンパス 大阪駅前会議室 (大阪駅前第2ビル15階 Room B)
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【名古屋会場】本命 米国不動産投資(テキサス編)

~成長性/流動性/透明性/通貨力から見るアメリカ不動産の優位性

講師 ニック 市丸氏
日時 2017年03月12日(日)
内容

・透明かつ信頼性の高い米国不動産取引の仕組み

・インカムゲイン、キャピタルゲインがともに狙える米国不動産

・米国の中でもテキサスがなぜ狙い目なのか?

・1億円超の一棟物アパートから1000万円以下の物件まで最新情報を公開

・米国不動産の未来を変える「シェールガス革命」

会場 イオンコンパス 名古屋駅前会議室 Room A
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】本命 米国不動産投資(テキサス編)

~成長性/流動性/透明性/通貨力から見るアメリカ不動産の優位性

講師 ニック 市丸氏
日時 2017年04月16日(日)
内容

・透明かつ信頼性の高い米国不動産取引の仕組み

・インカムゲイン、キャピタルゲインがともに狙える米国不動産

・米国の中でもテキサスがなぜ狙い目なのか?

・1億円超の一棟物アパートから1000万円以下の物件まで最新情報を公開

・米国不動産の未来を変える「シェールガス革命」

会場 アクロス福岡 6F 608会議室

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest