信頼できる保険営業担当者を見極める「質問」とは?

前回は、厳しい規制下における保険代理店経営の実態を解説しました。今回は、信頼できる保険営業担当者を見極める「質問」を見ていきます。

保険の販売担当者は「玉石混交」

今後、保険商品を契約したいときに、顧客側としては何ができるでしょうか。まず、保険の販売担当者は「玉石混交」だということを認識することです。

 

「知り合いのAさんからお勧めされた保険なら間違いない」

 

「Bさんから紹介されたCさんなら信用できる」

 

「税理士先生が嘘をつくわけがない」

 

「Dさんが言っていることだけがきっとこの世に存在するスキームだ」

 

このように、「知り合い」「税理士」というだけで全てを信用してしまうケースが、一番トラブルに巻き込まれます。保険の営業担当者と相対した時には、

 

「他社と比較してどうか?」

 

「この商品でいくらコミッションをもらうのか?」

 

などの質問を投げかけることも必要です。それが「あの人はあのとき教えてくれなかった」という後悔を防ぐことにもなります。コミッションについても遠慮する必要はありません。知り合いだから聞きづらいとい思われるかもしれませんが、そう思うのであれば、すでに保険会社、保険営業担当者の思う壺です。断りづらいのを利用して知り合いに営業していくのが、保険営業担当者の基本的なスタイルです。

 

また、複数社の商品を取り扱う営業担当者に対しては、

 

「名義を借りて保険を販売していないか?」

 

「歩合制ではないのか?」

 

「社長はどんな人か?」

 

「どんな財務状況の会社なのか?」

 

など企業体質に関する質問も忘れずに行いましょう。それによって、今後廃業する危険性があるかどうかということも見えてきますし、さらに、

 

「保険会社からのコミッションが多いものを出してきていないか?」

 

「もっと他社に商品があるのではないか?」

 

といった比較提案の根拠に関する質問をすることで、自分にとって適切な保険が案内されないような事態を防ぐことになります。

日本全国の保険代理店のサポートを行う「ソリシター」

また、固く禁止されているコミッションのキックバック等を行っていないか、できればこの点も確認したいところです。「やっています」とはっきり言う担当者はいないと思いますが、保険会社の本部にいたような人を知っていれば、聞いてみるという手もあります。

 

保険会社には「ソリシター」や「ホールセラー」という職種で、日本全国の保険代理店のサポートを行っている部署があります。そうした部署の経験があれば、全国の保険代理店の内情をよく知っています。どこの保険代理店がどんなトラブルを起こしているのか、どんな経営状況なのか、どんな売り方をしているのか、裏話を含めてよく知っていますので、ヒアリングする機会があれば、ぜひとも活用したいものです。その点、キャリアを確認するというのは非常に有効です。

 

「どれくらい金融業界に携わっているのですか?」

 

「どんなキャリアがあるのですか?」

 

「他の金融商品との比較はできるのですか?」

 

このような部分を確認できれば、より発言に重みがあるか、説得力があるか、信頼性があるかを確認する指標になります。このような部分を確認できれば、より発言に重みがあるか、説得力があるか、信頼性があるかを確認する指標になります。

本連載は、2015年6月2日刊行の書籍『生命保険で実現する税金ゼロの財産移転』から抜粋したものです。

本連載は、一般的な生命保険活用スキームを示したものであり、データやスキームの正確性や将来性、投資元本の利回りや運用成果等を保証するものではありません。また、本連載は、2015年4月1日現在の法令等に基づいて作成しており、今後変更される可能性もあります。個別の具体的な法令等の解釈については、税理士等の各専門家・行政機関等に必ずご確認いただくようお願いいたします。掲載されている保険商品のイメージ図につきましては、概算値を表示しています。各スキームの導入時は約款や契約概要、パンフレットを必ずご覧ください。

なお、本連載で示している「契約者」とは、保険料を支出する人で、契約の変更・解約などの権限を持っている人、「被保険者」とは、保険をかけられる人、その対象となる体を提供する人のことをいいます。商品パンフレット等で「逓増定期保険」「長期平準定期保険」といった表記がなされていても、税法上の保険種類とは異なる場合があります。本連載では税法に基づいた保険の名称を採用していますので、ご注意ください。

「生命保険」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「法人保険」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載生命保険を活用した「税金ゼロ」の資産移転術

GTAC(ジータック)とは株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/

著者紹介

生命保険で実現する 税金ゼロの財産移転

生命保険で実現する 税金ゼロの財産移転

編著 GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

所得税、相続税、贈与税・・・財産を移転するだけで多額の税金がかかる日本。しかし、生命保険という「箱」を活用すれば、あらゆる税金を回避しながら資産移転ができるのをご存知でしょうか。 本書では、幻冬舎グループの資産…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧