生命保険の活用で「相続税・贈与税」を劇的に軽減する方法

前回は、保険の失効を逆手に取り、解約返戻率のピークを維持する方法を説明しました。今回は、生命保険の活用で「相続税・贈与税」を劇的に軽減する方法を見ていきます。

個人から個人への財産移転で利用する3つのスキーム

これまでの連載で、法人を活用した財産移転の方法について紹介してきました。ここからは、個人から個人への移転について考えていきたいと思います。個人から個人の移転というのは、親から子、子から孫へといった親族間や血族間でのやりとりが主で、それはまさしく相続または贈与を意識したスキームでもあります。

 

今回からは、個人から個人への財産移転として次の3つのスキームを紹介します。

 

●相続発生と同時に、評価額を圧縮して移転するスキーム

●相続発生前に、評価額を圧縮して移転するスキーム

●納税額から逆算して、保険を契約するスキーム

 

まず、相続発生と同時に、評価額を圧縮して移転するスキームについて見ていきます。相続税を圧縮するためには、相続税の対象となる資産の評価を下げる、つまり、相続税評価額というものを下げることが必要です。相続税評価額を圧縮できれば、相続税の課税額が減るわけですから、税額軽減および手残りの最大化につながります。

 

これまでに、生命保険の場合、その譲渡価値は解約返戻金相当額であると説明してきましたが、相続時に名義変更によって移転する場合の相続税評価額も、この解約返戻金相当額となっています。

 

たとえば、保険料1億円を支払った保険の解約返戻金額が300万円となっている状態であれば、相続税評価額は300万円になるということです。保険に振り替えておくことで、一気に相続税の評価額を圧縮することができるわけです。

 

次に、相続発生前に評価額を圧縮して移転するスキームです。

 

先ほどのスキームでは、解約返戻金が低い時期に相続が発生することで結果的に相続税評価額が低くなる仕組みでしたが、相続というのはいつ起こるかわからないものです。解約返戻金が低い時期を過ぎてしまえば効果は減ります。

 

そこで、相続発生前に、解約返戻金が低い時期があれば、そのときに「売却(有償譲渡)」して移転するという方法をとります。第3章では、法人から個人への「売却(有償譲渡)」について紹介しましたが、それを個人間で行う仕組みです。生前に売却することで、相続の対象から一気にはずします。

生命保険で資産運用を行う相続対策も存在

最後は、納税額から逆算して保険を契約するスキームです。

 

これは前の2つとは少し異なる考え方です。生命保険を利用して資産運用を実施し、相続時の資産の受け取り額を増やすことで、実質的に相続税の負担を減らすという仕組みになります。

 

生命保険には、少額の保険料で高額の保険金を得られることに加え、円建て・外貨建てファンドなどで資産を運用し、投資元本の増加を狙えるという機能があり、納税額が1億円と決まっているのであれば、なるべく少ない負担で資産運用をすることで1億円を用意することになります。

 

保険商品で5000万円を運用して1億円を用意するなど、手元の資金をなるべく使わずに目標金額を用意することができます。

本連載は、2015年6月2日刊行の書籍『生命保険で実現する税金ゼロの財産移転』から抜粋したものです。

本連載は、一般的な生命保険活用スキームを示したものであり、データやスキームの正確性や将来性、投資元本の利回りや運用成果等を保証するものではありません。また、本連載は、2015年4月1日現在の法令等に基づいて作成しており、今後変更される可能性もあります。個別の具体的な法令等の解釈については、税理士等の各専門家・行政機関等に必ずご確認いただくようお願いいたします。掲載されている保険商品のイメージ図につきましては、概算値を表示しています。各スキームの導入時は約款や契約概要、パンフレットを必ずご覧ください。

なお、本連載で示している「契約者」とは、保険料を支出する人で、契約の変更・解約などの権限を持っている人、「被保険者」とは、保険をかけられる人、その対象となる体を提供する人のことをいいます。商品パンフレット等で「逓増定期保険」「長期平準定期保険」といった表記がなされていても、税法上の保険種類とは異なる場合があります。本連載では税法に基づいた保険の名称を採用していますので、ご注意ください。

「生命保険」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「法人保険」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載生命保険を活用した「税金ゼロ」の資産移転術

GTAC(ジータック)とは株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/

著者紹介

生命保険で実現する 税金ゼロの財産移転

生命保険で実現する 税金ゼロの財産移転

編著 GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

所得税、相続税、贈与税・・・財産を移転するだけで多額の税金がかかる日本。しかし、生命保険という「箱」を活用すれば、あらゆる税金を回避しながら資産移転ができるのをご存知でしょうか。 本書では、幻冬舎グループの資産…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧