生命保険 法人保険
連載法人保険を活用した資産移転の節税スキーム【第13回】

保険の保障はそのままに資金を回収!? 「契約者貸付」の使い方

契約者貸付メルマガ会員限定

保険の保障はそのままに資金を回収!? 「契約者貸付」の使い方

前回は、企業の安定経営に法人保険の活用が有効な理由を説明しました。今回は、保険の効力はそのままで手元に資金を得られる「契約者貸付」について見ていきます。

契約者貸付で得た資金は「借金」なので利益計上は不要

契約者貸付は、簡単な書類手続きだけで利用できます。手間もかからず、比較的スムーズに借りることができます。申し込みから貸付実施までは早く、1週間ほどで手元にお金が入ってきます。

 

契約者貸付は保険契約者の当然の権利であり、保険会社によってはキャッシュカードを契約者に渡し、契約者はそのカードを使って保険会社や銀行のATMで預貯金をおろすように簡単にお金を借りられる、といったサービスを行っているところもあります。そのため、いざというときに使う会社の財布となっているケースも少なくありません。

 

さらに、契約者貸付で借りたお金については、保険を解約したときの解約返戻金と違って利益を押し上げることはなく、税金は発生しません。契約者貸付はあくまで「借金」なので、住宅ローンの借入金に税金がかからないのと同じように、契約者貸付の借り入れは、借入金として経理処理を行います。つまり損益とは無関係に、かつ保険の効力はそのままで手元に資金を得られるということになります。

元本と利息の合計が解約返戻金を超えると保険は失効

これに対し、保険を解約した場合には、解約返戻金の全部または一部が雑収入として経理処理されるため、税金が大きく増えてしまうことがあります。

 

もっとも、税金の対象にならないとはいえ、契約者貸付では解約返戻金の90%しか引き出せないので、10%分は手元に戻すことはできません。しかしそれでも、解約する場合と契約者貸付を行った場合とを比較すると、利益を上乗せしてしまう前者に課せられる税金のほうが高くつく場合が多く、結局は「解約しないで契約者貸付でお金を得たほうが得だった」というパターンも多いものです。

 

ただ、返済せずにいて、借りたお金と利息が解約返戻金を超えると、保険の効力がなくなります。これを「失効」といいます。先の例で、借りた9000万円に3%の利率がかかるとすると、いずれは利息分が積み重なり、借入金との合計で解約返戻金の額(1億円)に達するときがきます。その1億円にタッチした時点で、保険契約は自動的に失効となります。

 

とはいえ、失効するまでにざっと10年くらいはかかるので、長い間保険の効果が続くことになります。その間に被保険者(経営者)が亡くなったり、保険が満期を迎えたりすれば、借りているお金とその利息分を差し引いた死亡保険金、満期受取金を受け取ることとなります。

本連載は、2014年4月21日刊行の書籍『法人保険で実現する究極の税金対策』から抜粋したものです。
本原稿は、一般的な生命保険活用スキームを示したものであり、データやスキームの正確性や将来性、投信元本の利回り等を保証するものではございません。また、本連載は、2014年4月1日現在の法令等に基づいて作成しており、今後変更される可能性もあります。個別具体的な法令等の解釈については、税理士等の各専門家・行政機関等に必ずご確認ください。記載されている保険商品のイメージ図につきましては、概算値を表示しています。各スキームの導入時は約款や契約概要、パンフレットを必ずご覧ください。なお、本連載で示している「契約者」とは、保険料を支出する人で、契約の変更・解約などの権限を持っている人、「被保険者」とは、保険をかけられる人、その対象となる体を提供する人をいいます。

GTAC(吉永 秀史)

GTAC(ジータック)とは株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/

著者紹介

連載法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

法人保険で実現する究極の税金対策

法人保険で実現する究極の税金対策

編著 GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

企業や法人を取り巻く税の負担が増大する傾向にある中で、いかに節税するかは事業の存続を左右する深刻な問題です。ところが実際には、効果的に節税できている経営者は決して多くはありません。しかし法人保険を活用すれば、有…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest